> How to Use > PC引越し > 対処法:Windows 10で近距離共有ができない

対処法:Windows 10で近距離共有ができない

Tioka | カテゴリ: PC引越し | 2020年10月16日に更新

概要:

Windows 10で近距離共有が利用できない場合、その問題を解決するには、どうしたらいいですか?このページでは、役に立つ対処法を複数紹介していきたいと思います。近距離共有が使えない場合は、是非これらの対処法を試してください。また、Windows 10出の近距離共有ツールの代替ツールとして、EaseUS Todo PCTransを使ってパソコン同士でデータ、アプリなどを共有する方法も皆さんに紹介します。

今すぐダウンロード
6,000万利用者がご信頼
 

Windows 10 April 2018 Update (Version 1803)以降、近距離共有という新しい機能が使えるようになりました。Windows 10での近距離共有という機能を使うことで、ドキュメント、写真、リンクなどをBluetooth/WIFI経由で近くのデバイスに転送することができます。つまり、アップルのAirDropと同じような機能になりますね。近距離共有は、この機能がオンにされている近くにある2つのパソコン間でのみ実行されます。スマホ、Windows 10以外のオペレーティングシステム搭載のデバイスには共有できません。

Windows 10の近距離共有機能でファイルを共有する

近距離共有は、Bluetooth/WIFI経由でファイルを効率的に転送することができます。例えば、写真アプリで近距離共有を使って写真をしたり、Microsoft Edgeでページのリンクを共有したりすることができます。しかし、近距離共有は全てのWindows 10で利用できるわけでもありません、version 1803及びそれ以降のバージョンでのみ利用できます。下記は、近距離共有でファイルを他のパソコンに共有する手順を紹介します。

ステップ1. 2台のパソコンで、設定システム共有エクスペリエンスデバイス間の共有の順にクリックします。

ステップ2. 2台のパソコンともデバイス間の共有をオンにし、次の場所から共有または受信できますで「近くにいるすべてのユーザー」を選択します。

windows 10の近距離共有機能

ステップ3. 共有元のパソコンでファイルエクスプローラーを開き、共有したいファイルを右クリックして、「共有」を選択して、開かれた共有のウィンドウで共有先を選択します。それから、転送先のパソコンで「保存」をクリックすることで、ファイルを受け取ります。

ファイルの他のPCに共有する

近距離共有が利用できないのはどうしてですか?

外付けストレージを利用せずにデータを共有可能な方法はもっと人気です。しかしながら、多くのユーザーはこの近距離共有機能を使う時に、問題が発生しています。彼らは近距離共有機能を使ってファイルを共有したいが、多くは下記のことによって共有に失敗した経験があります。

  • 現在利用中のWindows 10のバージョンは1803以降のものではない
  • Bluetoothが低エネルギー (LE) をサポートしないか、アダプターとの互換性がない
  • パソコンの間の距離は遠すぎる
  • 他の不明な原因

Windows 10で近距離共有が利用できない問題を解決する

Windows 10で近距離共有が利用できない時は、上記に掲載されている原因に従って、問題を解決してみましょう。

対処法1.Windows 10が1803以降のバージョンを確保

上記に触れたように、使用中のバージョンは1803及びそれ以降のものでなければ、近距離共有が利用できません。だから、2台のパソコンとも1803以降のバージョンであることを確保してください。

ステップ1. Windowsの仕様情報を確認

スタート > 設定 > システム > バージョン情報の順にクリックします。画面を一番下にスクロールして、Windowsの仕様情報があります。ここでバージョンが1803以降のものかを確認することができます。

windows 10のバージョン情報

ステップ2. Windows 10をアップデート

もし、使用中のバージョンは1803及びそれ以降のものでなければ、近距離共有機能を使うには、Windows 10をアップデートする必要があります。

スタート > 設定 > 更新とセキュリティ > 更新プロフラムのチェックの順にクリックします。それから、更新プログラムが検出されると、アップデートします。

windows-10の更新プログラムの確認

対処法2.Bluetoothの互換性の確認

Windows 10のバージョンを確認して、バージョンの問題ではない場合、下記のステップに従って、Bluetoothの互換性を確認しましょう。

Bluetoothが低エネルギー (LE) をサポートするかを確認する方法:

ステップ1.スタートボタンを右クリックして、デバイスマネージャーを開きます。

ステップ2.Bluetoothを展開して、Bluetooth radioの名前右クリックして「プロパティ」を選択します。

ステップ3.詳細」をクリックして [ Bluetooth radio supports Low Energy Central Role] を選択します。値が「true」の場合は低エネルギー (LE) をサポートするBluetooth 4.0 (またはそれ以降)のアダプターです。

対処法3.2台のパソコンの距離を短縮する

もし近距離共有の利用に失敗した原因の多くは、デバイスの距離が遠すぎるからです。ご存知のように、Bluetoothを利用して近くにあるデバイスにのみデータを転送することができます。Bluetoothを利用できる最大の距離は10メートルくらいですので、パソコン間の距離はそれ以上の場合は、利用できなくなります。だから、近距離共有機能が使えない場合は、パソコン間の距離を短縮する必要があります。

注:パソコンを近くに置いても、近距離共有が正確に動作できるかどうかを確認してください。また、全てのデバイスでネットワーク共有という機能をオンにする必要もあります。

対処法4.Windows 10/8/7でソフトを利用してパソコン間のデータ共有を行う

Windows 10 1803以前のバージョンを利用しているか、Windows 8/7を利用している場合、又は、近距離共有が動作問題をどうしても解決できない場合、ここでデータ共有ソフトを使って、パソコン間のデータ共有を行う方法を皆さんに紹介していきたいと思います。 EaseUS Todo PCTransというソフトを利用して、何の制限もなくパソコンから別のパソコンにデータを転送できますし、転送できるデータの種類も近距離共有より豊かになります。個々のファイルはもちろん、アプリケーションからパソコンの個人設定までも別のパソコンに移行できます。Windowsの前バージョンで利用可能ですし、近距離共有と同じく外付けストレージなしで2つパソコン間でのファイル共有が実現されます。

今すぐダウンロード
6,000万利用者がご信頼

Step 1:Todo PCTransを2台のPCに同時に実行し、「PCからPCへ」を選択します。(画面の右上にある「認証コード」をクリックすることで本PCの認証コードを確認することが可能)

データ転送するステップ1

Step 2:ここで移行可能なPCが自動的に検出され、左側に表示されます左側から目標PCを選択して「接続する」ことができます。目標PCがない場合は、「PCを追加」ボタンをクリックしてipアドレスで追加することができます。

データ転送するステップ2

ご案内:認証コード」をクリックして認証コードでPCを追加することも可能です。

データ転送するステップ3

Step 3:転送したいファイル、アプリ、またはアカウントを選択します。「編集」ボタンをクリックして転送したいデータを自由に選択します。

データ転送するステップ5

Step 4: 転送したいデータを全て決定した後、「転送」ボタンをクリックして、移行を始めてください。

データ転送するステップ6

今すぐダウンロード
6,000万利用者がご信頼

まとめ

近距離共有はとても便利なファイル共有機能ですが、常にたくさんの問題を伴っています。個の機能を使えば、ファイルを簡単に他のデバイスに共有することができますが、Windowsのバージョンへの要求はとても厳しい。だから、もし以上の対処法に従っても、近距離共有が利用できない問題を解決できない場合は、EaseUS Todo PCTransでファイルを共有してください。EaseUS Todo PCTransで共有できるデータの種類がもっと多いので、近距離共有機能よりもいい選択かもしれないと思います。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>