> How to Use > PC引越し > SketchBookを別のデバイスに転送する方法【PC&iPad&モバイル向け】

SketchBookを別のデバイスに転送する方法【PC&iPad&モバイル向け】

EaseUSの筆者のプロフィール写真

モンディー | カテゴリ: PC引越し | 2022年10月28日に更新

概要:

Sketchbookを別のデバイスに転送するにはどうすればいいでしょうか。画像とそのファイルを含むSketchbook全体を別のコンピューターに転送したり、SketchbookファイルをiPadからPCに転送したり、Sketchbookの画像をPCとモバイルの間で転送したりする方法をお探しの場合、こちらの記事をご参考にしてください。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼
 

Autodesk SketchBookは、デバイス上で紙の上に描くような感覚でスケッチやペイントをするための素晴らしいアプリです。さまざまなブラシストローク、カラーパレット全体、鉛筆、定規などで描画できます。かなりのユーザーに愛用されるスケッチキャンバスです。Autodesk SketchBookは、iOS、Android、デスクトップ、およびiPadとの互換性があります。

SketchBookを別のデバイスに転送できるか

その答えはイエスです。デバイスをアップグレードしたり、外出先でアートワークを作成したりする場合、SketchBookのファイルを別のデバイスに転送する必要があります。次に、SketchBookとそのファイルをPC間で、iPadからPCに、PCからモバイルに、またはモバイル端末間で転送するための方法について説明します。

  • 方法1.SketchBookを別のPCに転送する 
  • 方法2.iPadからPCへSketchBookのファイルを転送する
  • 方法3.PCからモバイルへSketchBookの画像を転送する
  • 方法4.モバイル端末間でSketchBookの画像を転送する

方法1.SketchBookを別のPCに転送する

保存された構成とアカウントの詳細を使用して、あるコンピューターから別のコンピューターにSketchBookを転送することができます。さらに、EaseUS Todo PCTransを利用すると、アプリ全体を共有することもできます。EaseUS Todo PCTransにはたくさんのメリットがあります。例えば:

  • ワンクリックでアプリケーションとファイルが移動され、時間と労力が節約されます。
  • 幅広いファイル形式のサポートにより、2004年以来、最も強力で信頼可能なPC引越しプログラムとなります。
  • すべてのデータが損失なく安全に転送されます。
  • ネットワーク経由でデータを移行し、クラウドドライブ経由で復元します。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

EaseUS Todo PCTransを使ってSketchBookのファイルを別のコンピューターに転送するための操作ガイドが次のとおりです。

Step 1:Todo PCTransを2台のPCに同時に実行し、「PCからPCへ」を選択します。(画面の右上にある「認証コード」をクリックすることで本PCの認証コードを確認することが可能)

データ転送するステップ1

Step 2:ここで移行可能なPCが自動的に検出され、左側に表示されます左側から目標PCを選択して「接続する」ことができます。目標PCがない場合は、「PCを追加」ボタンをクリックしてipアドレスで追加することができます。

データ転送するステップ2

ご案内:認証コード」をクリックして認証コードでPCを追加することも可能です。

データ転送するステップ3

Step 3:転送したいファイル、アプリ、またはアカウントを選択します。「編集」ボタンをクリックして転送したいデータを自由に選択します。

データ転送するステップ5

Step 4: 転送したいデータを全て決定した後、「転送」ボタンをクリックして、移行を始めてください。

データ転送するステップ6

関連記事:Windows 11でゲームを別のドライブに移動する方法初心者向け

方法2.iPadからPCへSketchBookのファイルを転送する

より良い編集のためにすべての作品をiPadからコンピューターに転送するために、iTunesアプリを使う必要があります。
操作手順:

ステップ1. 両方のデバイスにiTunesがインストールされ、構成されていることを確認します。iPadをコンピューターに接続します。

ステップ2.コンピューターのiTunesで、ミュージックの右側にあるiPadアイコンをクリックします。左側に表示されるリストからアプリを選択します。次に、SketchBook Motionに移動します。

ステップ3. 画面の右端に、すべてのSketchBookファイルが開きます。コンピューターに転送するファイルを選択します。

SketchBookを別のデバイスに転送する方法1

ステップ4.保存ボタンをクリックして、ファイルの保存先を選択します。次に、保存をクリックし、完了ボタンをクリックします。

SketchBookを別のデバイスに転送する方法2

これで、PCのSketchBookProでアートワークを開き、思いのままに編集できるようになりました。

方法3.PCからモバイルへSketchBookの画像を転送する

コンピューターとモバイル間の転送は単純なことです。デバイスがアクセス可能で、ファイルをコピーできることを確認するだけです。
4種類の転送オプションがあります。

  • 1.Androidからデスクトップへ
  • 2.デスクトップからAndroidへ
  • 3.iOSからデスクトップへ
  • 4.デスクトップからiOSへ

1.Androidからデスクトップへ

Android端末で画像作品を作成していて、最近デスクトップを使い始めた場合、画像の転送が必要になります。
ステップ1.SketchBookを開き、画面左上の順不同リストアイコンをクリックします。
ステップ2.ポップアップ画面からギャラリーをタップします。共有するファイルを開き、左上の順不同リストアイコンをもう一度クリックします。

SketchBookを別のデバイスに転送する方法3

ステップ3.ポップアップ画面から共有 > デバイスに保存の順に選択し、保存する場所を選択します。

SketchBookを別のデバイスに転送する方法4

さらに、携帯電話をコンピューターに接続し、画像をデバイスからデスクトップの特定の場所に移動します。
次の手順に従って、PCでSketchBookファイルを開きます。

ステップ1.電話を接続し、Windowsエクスプローラーに表示されるまで待ちます。表示されたら、それをダブルクリックして開きます。

ステップ2. ファイルの保存先に移動して、ファイルをコピーし、PCに貼り付けます。

ステップ3. 画像を選択して右クリックし、PCにインストールされているアプリで開きます。
ファイルがSketchBook Proで開かれたら、編集やプロトタイピングなどを続行できます。

2.デスクトップからAndroidへ

PCが手元になくても画像作品を続いて編集するために、SketchBookのファイルをデスクトップからAndroidへ転送したいかもしれません。

ステップ1. デスクトップ版のSketchBookでファイルを開きます。左上にあるファイルナビゲートから名前を付けて保存を選択します。

ステップ2. ファイルの種類に進み、TIFFオプションを選択して保存ボタンをクリックします。

SketchBookを別のデバイスに転送する方法5

ステップ3. TIFFファイルを電子メールでAndroid端末に送信します。それをダウンロードして携帯電話に保存します。

ステップ4.Android端末でSketchBookを開きます。画面左上の順不同リストアイコンをタップします。

ステップ5. ポップアップ画面が表示されます。ギャラリーを選択します。プラスアイコンを選択し、画像セクションから新規を選択します。

ステップ6.TIFFファイルが保存されている場所に移動し、転送したファイルを選択します。それをAutodesk SketchBookのギャラリーに保存します。

3.iOSからデスクトップへ

SketchBookの画像をiOS端末からデスクトップに転送するには:

ステップ1. iOS端末のSketchBookアプリでファイルを開きます。ツールバーをタップし、保存を選択します。

ステップ2. 2つのオプションが表示されます。ファイルにエクスポートを選択し、ファイル アプリに移動して、iCloudドライブに保存します。

ステップ3.デスクトップでiCloudにログインします。TIFFファイルをPCに保存します。

ステップ4.PCでSketchBookを開きます。ファイルを保存した場所からファイルをインポートします。

4.デスクトップからiOSへ

SketchBookの画像ファイルをデスクトップからiOS端末に転送するには:

ステップ1.デスクトップのSketchBook Proで転送するファイルを開き、名前を付けて保存をクリックします。

ステップ2. ファイルの種類をTIFFとして選択し、保存ボタンをクリックします。次に、保存したファイルを電子メールでiOS端末に送信します。

ステップ3.iOS端末で電子メールを開き、ファイルをダウンロードします。SketchBookアプリを立ち上げ、ギャラリーを選択します。プラスアイコンをクリックして、ファイル アプリから保存したファイルを参照して選択します。

方法4.モバイル端末間でSketchBookの画像を転送する

AndroidもiOSもSketchBookと互換性があります。モバイル端末の間でSketchBookの画像を転送することも可能です。

1.1.iOSからiOSへ

新しいiPhoneを買い換えた場合は、SketchBookファイルを旧iPhoneから新iPhoneに転送したいかもしれません。
SketchBookファイルをiOSからiOSに転送するには:

ステップ 1. iOS端末でSketchBookを開き、転送するファイルを選択して、保存をタップします。

ステップ2. 2つのオプションが表示されます。ファイルにエクスポートを選択すると、ファイル アプリが開きます。ファイルをiCloudに保存します。

SketchBookを別のデバイスに転送する方法6

ステップ3. 次に、別のiPhoneまたはiPadでiCloudにログインします。このデバイスでSketchBookを開き、iCloudからファイルをインポートします。

2.AndroidからAndroidへ

AndroidからAndroidにSketchBookファイルを転送するには:

ステップ1. 旧Android端末をコンピューターに接続します。自動再生ダイアログボックスが表示されたら、デバイスを開いてファイルを表示するを選択します。

ステップ2. Autodeskフォルダに移動し、SketchBook 3をクリックします。すべてのTIFFファイルを一括選択してコピーします。次に、PCに新規フォルダを作成し、すべてのファイルをそのフォルダに貼り付けます。

SketchBookを別のデバイスに転送する方法7

ステップ3. 新Android端末にSketchBookをダウンロードしてインストールします。この新しいAndroid端末をコンピューターに接続します。自動再生ダイアログが表示されたら、デバイスを開いてファイルを表示するオプションを選択し、Autodeskフォルダに移動します。

ステップ4.コンピューターに保存したフォルダをAndroid端末に移行します。そして、新しい携帯でSketchBookを開き、転送されたファイルをインポートします。

まとめ

SketchBookを別のデバイスに転送することを計画しているのなら、この記事がきっとお役に立ちます。上記の方法を適用すると、お使いのデバイスがiOS、iPad、Android、デスクトップのいずれであっても、ファイルをすばやく転送できます。最も簡単なオプションは、EaseUS Todo PCTransを使ってPC間でファイルを転送することです。すべてのファイル、アプリ、プログラム、および設定をワンクリックで移行できるツールです。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

よくある質問

1.SketchBookを別のデバイスに転送できるか。

デバイスをアップグレードしたり、容量不足になったいする場合、SketchBookとそのファイルを別のデバイスに転送する必要があります。利用可能な方法が多くあります。SketchBookファイルを別のコンピューターに転送したり、iPadからコンピューターに転送したり、コンピューターとモバイル間で転送したり、2台のモバイル間で転送したりできます。

2.SketchBookをiPadからPCに転送するにはどうする?

まず、iTunesがインストールされているコンピューターにiPadを接続します。次に、コンピューターのiTunesで、ミュージックの右側にあるiPadアイコンをクリックして、左側に表示されるリストからアプリを選択します。ファイル共有画面で、SketchBook Motionをタップします。そして、コンピューターに転送するファイルを選択し、保存をクリックして保存場所を選択し、保存をタップします。

3.EaseUS Todo PCTransでSketchBookを転送する方法。

SketchBookのファイルと作品を別のコンピューターに転送するには、EaseUS Todo PCTransが最も推奨されるツールとなります。まず、両方のPCでEaseUS Todo PCTransを立ち上げます。次に、転送方向(古いコンピューターまたは新しいコンピューター)を選択します。それから、2台のコンピューターを接続します。最後に、アプリ、プログラム、およびソフトウェアを選択して、ターゲット コンピューターに転送します。こうして、すべてのデータが損失なく安全かつ完全に移行され、時間とエネルギーも節約されます。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>