> How to Use > PC引越し > 『徹底解説 』:Windows Server 移行ツールの無料ダウンロードと使用方法

『徹底解説 』:Windows Server 移行ツールの無料ダウンロードと使用方法

EaseUSの筆者のプロフィール写真

Yiko | カテゴリ: PC引越し | 2022年05月06日に更新

概要:

Windows Server 移行ツールは、無料で使えますけど、そのほとんどがコマンドラインで移行作業を実行しているので、作業手順がちょっと複雑だと思われます。その上、コマンドが間違ったら、作業を順調に実行することができません。 ここでは、Windows Server の移行ツールについて、また、新しい Server へのファイルの移行や転送を柔軟に行うための方法について説明します。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼
 

仕事中、あるサーバーから別のサーバーにワークロードを転送することがよくあります。 あるサーバーから別のファイルを転送するために,いくつかのツールが必要となります。サーバーのデータ移行ソフトを探しているなら、この記事が役にたちます。

Windowsサーバーデータを移行するための適切なツールがある?

Windows Serverデータの移行に使用されるツールに関しては、次の2つの広く普及しているツールをお勧めします。

  • Windows Serverデータ移行ソフト-EaseUSTodoPCTrans
  • Windows Server移行ツール 

 Windows Serverデータの移行に最適な方法をお探しの場合は、初心者に向けのWindows サーバー移行ソフトを使用することをお勧めします。

ツール1:Windows Server データ移行ソフトを無料ダウンロード

信頼性の高いWindows Serverデータ移行フリーソフトを探しているなら、EaseUS TodoPCTransTechnician が最適です。この専門なWindows Server データ引っ越しソフトは、企業に高効率のファイル移行ソリューションを提供しています。このソフトは複数のPCで利用することができます。このソフトを無料ダウンロードして、Server間のデータを移行しましょう。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

主な機能

  • 選択したファイル、プログラム、設定を新しいPCに自動的に転送
  • ユーザーはソフトウェアをインストールせずにプログラムをすばやく簡単に転送
  • ローカルアカウントとドメインアカウントのワンクリック転送機能を、同様の設定の新しいPCに転送
  • データのバックアップと復元
  • データレスキュー 
  • ネットワークまたはイメージファイルを経由でファイルを転送
  • Microsoftアカウントを転送
  • 24時間年中無休の技術サポート

EaseUS TodoPCTransの機能紹介動画

Step 1:Todo PCTransを2台のPCに同時に実行し、「PCからPCへ」を選択します。(画面の右上にある「認証コード」をクリックすることで本PCの認証コードを確認することが可能)

データ転送するステップ1

Step 2:ここで移行可能なPCが自動的に検出され、左側に表示されます左側から目標PCを選択して「接続する」ことができます。目標PCがない場合は、「PCを追加」ボタンをクリックしてipアドレスで追加することができます。

データ転送するステップ2

ご案内:認証コード」をクリックして認証コードでPCを追加することも可能です。

データ転送するステップ3

Step 3:転送したいファイル、アプリ、またはアカウントを選択します。「編集」ボタンをクリックして転送したいデータを自由に選択します。

データ転送するステップ5

Step 4: 転送したいデータを全て決定した後、「転送」ボタンをクリックして、移行を始めてください。

データ転送するステップ6

ツール2:WindowsServerに搭載される移行ツールのダウンロード

通常、あるサーバーから別のサーバーにワークロードを転送するために、多くの企業がWindows ServerでWindows Server 移行ツールを使用しています。サーバーからサーバーへのファイル転送に関しては、いくつかの方法で行うことができます。最も一般的なものの1つは、Windows Server 移行ツールです。これは通常、PowerShellコマンドレットのセットです。初心者の場合、この方法はいくつかの手順を実行するため少し複雑ですが、以下に示す正確な手順に従うと実行できます。

 Windows Server移行ツールの操作は非常に複雑であるため、理解と利便性を高めるために4つの部分に分割しました。

パート1:移行先サーバーと移行元サーバーにWindows Server移行ツールをインストール

ステップ1:  Windowsシステムの左下隅にある[スタート]ボタンをクリックします。検索ボックスに「サーバーマネージャー」と入力して開きます。 

ステップ2:  [管理]タブの[役割と機能の追加]をクリックします。その後、次へボタンを押します。宛先を選択します。次に、[次へ]を押します。[機能]タブの下にある[WindowsServer移行ツール]をクリックします。次に、[次へ]を押します。  

ステップ3: インストール先を確認します。次に、[インストール]をクリックして、このツールをターゲットPCにインストールします。上記の方法を使用して、このユーティリティをソースシステムにインストールします。

パート2:ターゲットPCに展開フォルダーを作成

操作手順

ステップ1:win+Xキーを押します。次に、コマンドプロンプト(管理者)またはPowerShellまたはWindowsターミナルを選択します。それらのいずれかが機能します。

ステップ2:コマンドプロンプトで、smigdeploy.exeツールが保存されているディレクトリに移動します。次に、指定されたコマンドを入力して、Enterキーを押します。 

cd%Windir%\ System32 \ ServerMigrationTools \ 

ステップ3:次のコマンドを入力します。パスは、ソースシステム上のデプロイメントフォルダーのパスを表します。次に、Enterキーを押します。

ターゲットPCに展開フォルダーを作成する手順

SmigDeploy.exe / package / archive X64 / os WS08 / path

パート3:ソースPCにWindows Server移行ツールを登録

ステップ1:移行先システムによって生成された展開フォルダーを移行元システムのローカルドライブにコピーします。アレンジメントフォルダのオペレーティングシステムアーキテクチャがソースコンピュータのオペレーティングシステムアーキテクチャと一致していることを確認してください。 

ステップ2: Win+Xを押します。次に、[コマンドプロンプト]を選択して、ソースpcで[コマンドプロンプト]を開きます。

ステップ3:コマンドプロンプトセクションで、ステップ1で展開フォルダーをコピーしたディレクトリを変更します。

ステップ4:コマンド\Smigdeploy.exe を入力して、WindowsServer移行ツールのコマンドレットを登録します。次に、Enterキーを押します。

ソースPCにWindows Server移行ツールを登録する手順
これで、すべての手配が完了しました。それでは、サーバー移行ツールの使用方法を学びましょう。

パート4:WindowsServer移行ツールを段階的に使用

ソースサーバーからローカルユーザーをエクスポートする場合は、以下の操作手順を参考にしてください。

ステップ1:ソースサーバーで[サーバーマネージャーとツール]をクリックします。次に、[Windows Server移行ツール]をクリックして開きます。

ステップ2:次のコマンドを実行します。

Export-SmigServerSetting -User All -Group –Path C:SysAdminExportMigUsersGroups –Verbose。

indowsServer移行ツールを段階的に使用する手順
ローカルユーザーをターゲットサーバーにインポートする場合は、次の手順に従う必要があります 

ステップ1: [サーバーマネージャー]>[ツール]>[Windows Server]>[移行ツール]からWindowsServer移行ツールを開きます。

ステップ2:次のコマンドを入力して、Enterキーを押します。

Import-SmigServerSetting–UserEnabled–Group-PathC:SysAdminExportMigUsersGroups -Verbose

上記の操作方法は、初心者にとってやや複雑だと思うかもしれません。

まとめ

この記事は、WindowsServer移行ツールを使って、サーバデータを移行する方法をご紹介します。パソコンの知識にあまり詳しくない方に、信頼性の高いWindowsServerデータ移行ツールーEaseUS TodoPCTrans Technicianを使うことをお勧めします。このソフトはシンプルかつ直感的UIデザインを持って、初心者にも簡単にデータを移行することができます。  

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼
 

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>