> How to Use > PC引越し > [完全ガイド]Microsoft Teamsを別のコンピューターに転送する方法

[完全ガイド]Microsoft Teamsを別のコンピューターに転送する方法

EaseUSの筆者のプロフィール写真

モンディー | カテゴリ: PC引越し | 2022年07月11日に更新

概要:

Microsoft Teamsを別のコンピューターに転送する必要のある場合が多いですが、適切な手順に従い、正しく実行しないと、エラーが生じる恐れがあります。正しい方法を探しているのなら、この記事をご参考ください。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼
 

Microsoft Teamsを他のコンピューターに転送する

同僚と連絡を取り合うためのプロジェクト管理ツールとして、Microsoft Teamsは、Skype for Business、SharePoint、Yammerなどの複数のサービスを1つに統合したコミュニケーションおよびコラボレーションツールです。Office 365サブスクライバーに利用できます。

Microsoft Teamsのデータをデスクトップからラップトップに転送しないのか?

実用性からみれば、このアプリケーションを別のコンピューターに転送することがよくあります。オペレーティングシステムを再インストールしたり、PCを買い替えたりする場合、アプリの移行も必要です。たとえば、自宅と職場で2台のPCを使用している場合、両方のコンピューターで同じMicrosoftアカウントを使用する必要があるかもしれません。 
Microsoftアカウントがなければ、Microsoft Teamsをインストールして、既存のMicrosoft Teamsアカウントに接続するほうがいいです。

Microsoft Teamsを異なるPCに移行する理由

複数のデバイスで同じアプリケーションを使用するには、アプリの移行がお役に立ちます。 Microsoft Teamsの転送理由はたくさんあげられますが、特に重要なものをいくつか紹介します。  

  • 複数のデバイスで同時に同じアカウントを使用したい
  • 既存のMicrosoft Teamsデバイスにアクセスできない
  • 買い換えたデバイスにデータを同期したい

幸いなことに、Microsoft Teamsを別のコンピューターに転送するのに技術的な知識や経験は必要ありません。Microsoft Office 365 Business Premiumのコピーがあれば、数分だけでプロセスが完了します。

複数のデバイスでMicrosoft Teamsを使用できるのか?

答えはイエスです。Microsoft Teamsは、Windows 10、macOS、iOS、Android、およびWebと互換性があります。こんな素晴らしい互換性の導入により、従来のコラボレーション方式が変わりました。
複数のデバイスがあれば、同じMicrosoftアカウントでサインインすることにより、Microsoft Teamsの同時利用が可能なことになります。Microsoftアカウントをまだお持ちでない場合は、Outlook.comやSkypeなどのMicrosoftサービスを使用してアカウントを作成すればいいです。
コンピューターの間でMicrosoft Teamsを引越す方法
Microsoft Teamsを使い続けているWindowsユーザーにとって、異なるPCへのデータ移行を行う最も簡単な方法は、Microsoftアカウントでログインしてから、クラウドからコンピューターにデータを同期することです。

#1.Microsoft Teamsを転送するための無料ソフトを実行

別のコンピューターにMicrosoft Teamsを転送するには、無料のサードパーティソフトウェアを使用するのが最も柔軟なオプションです。 
優れたデータ移行ソフトの1つとして、EaseUS Todo PCTransはMicrosoft Teamsの移行だけでなく、Windows 11/10/8/7/Vista/XPなど、すべてのWindows OSもサポートしています。さらに、EaseUS Todo PCTrans は、Microsoft Office(Word、Excel、Outlookなど)、Photoshop、Adobe製品などの最高のサポートも提供します。使いやすく、直感的なインターフェイスを備えているものです。
それを利用すると、新しいPCの電源を最初に入れるとき、すべてのアプリはすでにインストールされており、使用する準備ができています。新しいコンピュータを上手にロードする最も直接的なアプローチです。
Microsoft Teamを転送するための無料ソフトウェアをダウンロードするには

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

Step 1:Todo PCTransを2台のPCに同時に実行し、「PCからPCへ」を選択します。(画面の右上にある「認証コード」をクリックすることで本PCの認証コードを確認することが可能)

アプリ転送するステップ1

Step 2:ここで移行可能なPCが自動的に検出され、左側に表示されます。左側から目標PCを選択して「接続する」ことができます。目標PCがない場合は、「PCを追加」ボタンをクリックしてipアドレスで追加することができます。

アプリ転送するステップ2

ご案内:認証コード」をクリックして認証コードでPCを追加することも可能です。

アプリ転送するステップ3

Step 3:アプリカテゴリで「編集」ボタンをクリックして転送したいアプリを自由に選択します。

アプリ転送するステップ5

Step 4: 「転送」ボタンをクリックして、アプリの移行を始めます。

アプリ転送するステップ6


EaseUS Todo PCTransを使用すると、データ、アプリ、アカウントをコンピューター間で移動できます。それだけでなく、Office 2019のプロダクトキーを確認するのにも役立ちます。さらに、Office 365と2016のほかに、すべてのバージョンのWindows OSをサポートしています。

#2.Microsoft Teams会議を別のPCに手動で転送

Microsoft StoreからダウンロードしたMicrosoft Teamsを複数のデバイスで利用するために、それをあるPCから別のPCに手動で転送するか、Windowsエクスプローラーを使用してアプリパッケージファイル(MS Teams.appx)をコピーすればいいです。
操作手順:
手順1.職場または学校のアカウントでTeamsにサインインします。
teams-meetingサインイン
手順2.画面の右上の領域で、[チーム]を選択します。
手順3.[設定]>[チームを管理]に移動します。
手順4.[個人情報の転送]を選択します。
手順5.セキュリティに関する質問を設定し、別の電子メールアドレスを入力します。
teams-meetingセキュリティに関する質問
手順6.[次へ]をクリックします。
手順7.[新しいデバイス]ページで、ドキュメント、チャット、およびファイルから転送するアイテムを選択します。すべてのものを一度に転送することはできないため、ターゲットアイテムを確認したうえで、[次へ]をクリックして転送プロセスを開始します。

結論

Microsoft Teamsの最新の更新プログラムは、PC、Mac、iOSデバイス、Androidデバイス、およびSurface Hubデバイスで使用可能です。 
EaseUS Todo PCTransは、Microsoft Teamsを別のコンピューターに転送するためのプロのサードパーティソフトです。さらに、すべてのファイル、写真、音楽、およびドキュメントを異なるコンピューターに転送することも楽にできます。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>