> How to Use > プロダクトキー確認 > 2017-2019適用|Microsoft Officeのプロダクトキーを確認する4つの方法

2017-2019適用|Microsoft Officeのプロダクトキーを確認する4つの方法

Tioka | カテゴリ: プロダクトキー確認 | 2022年04月07日に更新

概要:

Microsoft Officeのプロダクトキーを確認する方法は?Officeのプロダクトキーを紛失してMicrosoft Officeを再インストールしたい場合は、Microsoft Officeのプロダクトキーを見つける方法について説明します。Microsoft Office 2003、2007、2010、2013、2016、2019、365など、すべてのバージョンのOfficeプロダクトキーを見つけてみましょう。

今すぐダウンロード
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼
 

Microsoft Officeのプロダクトキーを紛失しましたか?Officeを新しいPCに再インストールする場合や、コンピューターがクラッシュする場合などに発生する可能性があります。プロダクトキーの検索結果に基づくと、Officeのプロダクトキーを見つけるのはWindowsの場合ほど簡単ではありません。Windowsの場合は、Windowsレジストリを介してWindowsプロダクトキーを抽出できます。

残念ながら、Office 2013以降、MicrosoftはMicrosoft Officeのプロダクトキーの処理方法を変更し、プロダクトキーの一部のみをローカルPCに保存します。では、Microsoft Officeのプロダクトキーを確認するにはどうしますか?4つの効果的な方法を次に示します。

ヒント1.EaseUS Key FinderでMicrosoft Officeのプロダクトキーを確認する

適用対象:Office 2003、Office 2007、Office 2010、Office 2013(MSI)、Office 2016(MSI)

Officeのバージョンに関係なく、EaseUS Key FinderはOfficeのフルキーを表示するのに役立ちます。Microsoftストアまたはメールでプロダクトキーを見つけるという一般的な方法と比べて、このソフトウェア利用すれば、さらに簡単で、使いやすいです。

そのほか、このソフトウェアは、アプリ、ファイル、アカウントの移動など、多くの機能を備えています。特にプロダクトキー機能を使用すると、Office、Windows、Adobeなどのプロダクトキーをエクスポートや保存することもできます

EaseUS Key Finderを選択する理由:

  • Microsoft Office 2003/2007/2010/2013/2016/2019/365のプロダクトキーを探します。
  • 故障したPCまたは起動できないPCからMicrosoft Officeのプロダクトキーをスキャンして見つけます。
  • ワンクリックで他のインストールされたアプリケーションのシリアル番号を探します。

今すぐダウンロード
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

以下の手順に従って、Microsoft Officeのプロダクトキーを確認しましょう。

手順1. 「キー」の下の「アプリケーション」をクリックします。

EaseUS Key Finderでプロダクトキーを確認する1

手順2.右側のパネルでMicrosoft Officeのレジストリキーを表示します。Officeのシリアル番号をコピーします。「プリント」/「保存」をクリックすることもできます。

EaseUS Key Finderでプロダクトキーを確認する2

今すぐダウンロード
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

ヒント2.ProduKeyでMicrosoft Officeのプロダクトキーを確認する

適用対象:Office 2003、Office 2007、Office 2010、Office 2013

ProduKeyは、もう1つの使いやすいツールであり、Office 2013より前のバージョンにのみ適用されます。Windows10、Microsoft Office、およびその他のMicrosoftプログラムのプロダクトキーを表示することができます。EaseUS Key Finderとは異なり、ProduKeyを利用すると、Microsoftのプロダクトキーを確認することしかできません。

ProduKeyでMicrosoft Officeのプロダクトキーを取得する方法:

手順1.ProduKey.zipをダウンロードして解凍します。

手順2.produkey.exeをクリックして開きます。

手順3.次に、Microsoft Officeとオペレーティングシステムのプロダクトキーが表示されます。

produkey

どちらのソフトウェアも利用できますが、サポートされているバージョンとデータセキュリティの面から見れば、EaseUS Key Finderの方が際立っています。ProduKeyを介してプロダクトキーを盗むマルウェアがありますから。

ヒント3.CMDでMicrosoft Officeのプロダクトキーを確認する

適用対象:Office 2013、Office 2016、Office 2019

この方法は、25文字のOffice 2019/2016/2013のプロダクトキーの最後の5文字がコンピューターに保存されている場合にのみ、うまく役立ちます。

操作ガイド:

手順1.検索ボックスで「CMD」を検索し、管理者として実行します。

手順2.必要に応じて、次のコマンドを入力します。

  • Office 2013(32ビット)(Win32ビット):cscript "C:\Program Files\Microsoft Office\Office15\OSPP.VBS"\dstatus
  • Office 2013(32ビット)(Win64ビット):cscript "C:\Program Files(x86)\Microsoft Office\Office15\OSPP.VBS"\dstatus
  • Office 2013(64ビット)(Win64ビット):cscript "C:\Program Files\Microsoft Office\Office15\OSPP.VBS"/dstatus

手順3.プロダクトキーが表示されます。

CMDでMicrosoft Officeのプロダクトキーを確認する

ヒント4.Microsoftアカウントに関連付けられているOfficeライセンスを探す

適用対象:すべてのMicrosoft Officeバージョン

Microsoft Office2010/2013/2016/2019のコピーを登録してアクティブ化したことがあれば、Microsoftがプロダクトキーを保存していて、表示することもできます。

手順1.Microsoftアカウントに入ります–https://office.com/myaccount

手順2.ライセンス情報を展開して、「プロダクトキーの表示」をクリックします。

Microsoftアカウントに関連付けられているOfficeライセンスを探す

追加ヒント:Microsoftサポートに連絡する

上記の方法のいずれも助けにならない場合は、Microsoftに直接連絡することは最後の選択です。その前に、購入の証明が必要です。

プロダクトキーの問題が発生して、Microsoftに連絡する必要があったら、次のリンクでアクセスできます:お問い合わせ

ここでは、「問い合わせアプリを開く」と「サポートを受ける代わりにブラウザーで」2つのオプションがあります。

「問い合わせアプリを開く」をクリックすると、デバイスにインストールされている場合は、そのアプリに直接入り、高速で無料のMicrosoftサポートを受けることができます。このアプリはWindows10に適用します。

「サポートを受ける代わりにブラウザーで」を利用するのも高速かつ無料です。それをクリックすると、問題の解決のためになるバーチャルエージェントが表示されます。それから、画面の指示に従ってMicrosoftのサポートを受けます。

まとめ

上記のソリューションでは、Officeのプロダクトキーを簡単に確認することができます。 Office 2003-2016を使用している場合は、EaseUS Key Finderはお勧めです。Office365またはOffice2019を使用している場合は、Microsoftアカウントからプロダクトキーを見つけたほうがいいです。

今すぐダウンロード
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>