> How to Use > PC引越し > iCloudからOneDriveにファイルを転送する方法[フルガイド]

iCloudからOneDriveにファイルを転送する方法[フルガイド]

EaseUSの筆者のプロフィール写真

モンディー | カテゴリ: PC引越し | 2022年09月13日に更新

概要:

iCloudアカウントの容量が不足していませんか。ここで、iCloudからOneDriveにファイルを転送するための方法を詳しく説明しますから、iCloudからOneDriveにデータを移行することを計画しているのなら、こちらの記事へどうぞ!

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼
 

iCloudとOneDriveが必要なのか?

クラウドストレージ技術の発展とともに、クラウドにデータを保存してバックアップするユーザーがますます多くなっています。市場にはいくつかのクラウドストレージプロバイダーがありますが、最も注目されているのはiCloudとOneDriveでしょう。

OneDriveは、データを保持、転送、および共有するためのクラウドサービスプラットフォームです。Microsoftは2007年8月にOneDriveのサービスを開始しました。Microsoft製品であるOneDriveは、WordやOutlookなどの他の製品と連携可能です。

ブロックレベルのコピーがサポートされているため、OneDriveはより高速な同期速度を示します。コラボレーションオプションとブラウザーベースのインターフェイスにより、OneDriveは非常に魅力的なオンラインストレージとなります。さらに、バージョン履歴とPersonal Vaultにより、iCloudよりも優れています。最大ファイルアップロードサイズが250 GBに更新されたことも注目されています。MacとWindows PCの両方とも互換性があります。セットアップには時間がかかる場合がありますが、スムーズな同期が可能です。プランによっては、価格と提供される機能も異なります。

iCloudは、ユーザーがiOSデバイスでファイルを転送または保存できるクラウドストレージツールです。Appleは2011年10月にiCloudの一般提供を開始しました。その同期機能により、ユーザーはiPhoneに保存されたファイルにiCloudでアクセスできます。

iCloudではブロックレベルのコピーがサポートされていないため、同期速度が遅くなります。そのため、コラボレーション機能はあまり魅力的ではなく、Webブラウザーインターフェイスは非常に普通なものです。iCloudは他のiOSデバイスや製品と完全に統合されますが、Windows PCでは問題が発生する場合があります。

iCloudからPC上のOneDriveにファイルを転送する方法

まず、PCにiCloudアプリをダウンロードしてインストールします。

ステップ1.PCを再起動します。Apple IDとパスワードを使用してログインします。Windowsエクスプローラーでアクセスするには、iCloud DriveとiCloud写真が有効になっていることを確認します。

ステップ2.OneDriveに転送したいファイルをダウンロードします。ファイルをOneDriveフォルダーに移動します。PCにOneDriveがなかったら、OneDriveのWebサイトを利用するといいです。

ステップ3.ブラウザーから、OneDriveにログインします。[アップロード]オプションに移動してクリックします。ここで、[フォルダー]または[フォルダー]オプションを選択します。

OneDrive

ステップ4.転送したいファイルまたはフォルダを選択します。[開く]ボタンを押して、ファイルまたはフォルダーをアップロードします。または、ドラッグ&ドロップ機能を使用してファイルをOneDriveに移動することもできます。

iCloudからiPhone/iPad上のOneDriveにファイルを転送する方法

ステップ1.Apple IDとパスワードを使用してiCloudにログインします。iCloudが有効になっていことを確認する必要があります。そうするには、[設定] > [ユーザー名]の順に移動します。

iCloud設定

ステップ2.[iCloud]オプションをタップします。下にスクロールして、[iCloud Drive]をオンにします。

iCloud Drive

ステップ3.ファイルアプリケーションを開きます。転送したいファイルを長押しします。ドロップダウンメニューから、[移動]オプションを選択します。

iCloud Drive2

ステップ4.ファイルの転送先を選択した後、右上隅にある[移動]オプションをクリックします。ファイル転送プロセスが開始されます。

iCloud Drive3

注意:ファイルをiCloudからOneDriveに(コピーではなく)移動することが目的の場合は、iCloudに戻して、元のファイルを削除する必要があります。

追加ヒント:Windows PC間でOneDriveを転送する方法

Windows PC間で個人データまたはファイルを転送するもう1つの優れた方法は、データ移行ツールを使用することです。ここでは、EaseUS Todo PCTransをお勧めします。ユーザーフレンドリーであるだけでなく、高速な転送速度を提供します。ワンクリックで、あるPCから別のPCにファイルを自動的に転送できます。

EaseUS Todo PCTransのインストールは簡単で、手間もかかずにデータ転送プロセスを完成させることができます。また、ユーザーアカウントやその他のカスタム設定の転送にも使われます。EaseUS Todo PCTransは、Word、Outlook、Excelなどの主流アプリケーションの移行をサポートします。

EaseUS Todo PCTransには3つの転送モードがあります。PCからPCへ、ローカル転送、およびイメージファイル転送です。このソフトウェアを使用して、故障したPCからデータをレスキューすることもできます。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

EaseUS Todo PCTransの最も魅力的なのは、技術的な知識のない初心者に向いていることです。何か問題があったら、EaseUSのテクニカルサポートチームにお問い合わせください。こちらは電話やメールでお手伝いします。

2台のPC間でOneDriveを転送するには:

Step 1:Todo PCTransを2台のPCに同時に実行し、「PCからPCへ」を選択します。(画面の右上にある「認証コード」をクリックすることで本PCの認証コードを確認することが可能)

アプリの転送するステップ1

Step 2:ここで移行可能なPCが自動的に検出され、左側に表示されます。左側から目標PCを選択して「接続する」ことができます。目標PCがない場合は、「PCを追加」ボタンをクリックしてipアドレスで追加することができます。

アプリ転送するステップ2

ご案内:認証コード」をクリックして認証コードでPCを追加することも可能です。

アプリ転送するステップ3

Step 3:ここでアプリカテゴリをチェックしてください。「編集」ボタンをクリックしてアプリを選択することが可能ですので、編集をクリックして移行したいアプリを選択しましょう。

アプリ転送するステップ5

Step 4: 移行したいアプリを選択して、「転送」ボタンをクリックして、アプリの移行を始めることが可能です。

アプリの転送するステップ6

結論

iCloudより豊富多彩な機能を備えているOneDriveは、MacおよびWindowsユーザーからより注目されています。そのため、iCloudからOneDriveへのファイル転送を計画している人がどんどん増えてきます。iCloudからOneDriveへファイルを転送するのはそれほど難しくことではありません。上記の手順に従えば、転送プロセスを数分以内で完了させることが可能です。それでも問題が解決しない場合は、信頼できるファイル転送ソフトがお役に立ちます。

最高のデータ転送ツールであるEaseUS Todo PCTransはこちらのお勧めです。使いやすくて、効率的にファイルを転送できます(サイズに関係なし)。では、このソフトウェアを今すぐダウンロードして、ファイルの転送を試してみましょう!

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>