> How to Use > PC引越し > Adobe Creative Cloudを新しいWindows 11 PCに転送する方法

Adobe Creative Cloudを新しいWindows 11 PCに転送する方法

EaseUSの筆者のプロフィール写真

kenji | カテゴリ: PC引越し | 2022年09月07日に更新

概要:

Adobe Creative Cloudを新しいWindows 11 PCに転送するには、アカウントとパスワードをバックアップし、Adobe Creative Suiteを新しいシステムにインストールする必要があります。実は、Adobe Creative Cloudを再インストールせずに自動的に転送することもできます。この記事はそうするための方法について詳しく説明します。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼
 

Adobe Creative Cloudとは

Adobe Creative Cloudは、デザイン、写真編集、マーケティングなどのメディアプロジェクトで共同作業を行うための優れたプログラムです。Adobeが提供する各アプリケーションは、業界でのクリエイティブな仕事の成長にとって不可欠です。これらのアプリケーションを使用して、そのデータをAdobe Creative Cloudに保存できます。いつでも簡単にプロジェクトにアクセスしたり、新しいWindows 11 PCに同期したりできます。

Adobe Creative Cloud

Adobe Creative Cloudは、OneDriveやGoogleドライブのようなクラウドストレージサービスを提供します。Cドライブに「Creative Cloud Files」という名前のフォルダーを作成することで、フォルダー内のデータはオンラインのAdobe Creative Cloudストレージに自動的に同期されます。Adobe Creative Cloudをライセンスとアクティベーションと一緒に新しいPCに転送するかもしれません。そうするためのソリューションをこの記事は紹介しますから、一緒に続いて読んでみましょう。

Adobe Creative Cloudは複数台のPCで使用できるか?

最も一般的に使用されているツールであるAdobe Creative Cloudを利用している専門家はほとんど、さまざまなシステムを使用しているかもしれません。そのため、Adobe Creative Cloudを複数のコンピューターで同時に使用できるかどうかを尋ねているユーザーが多くいます。幸いなことに、適切な方法を採用する限り、さまざまなPCで使用できるようになります。最も高度で簡単なソリューションは、サードパーティ製ソフトウェアであるEaseUS Todo PCTransを使用することです。

このソフトウェアは、既存の機能とライセンスキーを再インストールせずに、複数のWindowsコンピューターでAdobe Creative Cloudを同時に適用できます。すべてのWindowsオペレーティングシステムと互換性があり、最先端の機能を手頃な価格で提供します。

これにより、Adobe Creative Cloudサブスクリプションを手動でアクティブ化および非アクティブ化する必要がなくなります。初心者にも、複数のコンピューターでAdobe Creative Cloudを使用できます。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

Adobe Creative Cloudを新しいWindows 11 PCに転送する方法

ここでは、Adobe Creative Cloudを新しいWindows 11 PCに転送するためのソリューションが紹介されます。方法1では、アカウントとパスワードをバックアップし、Adobe Creative Suiteを新しいシステムにインストールする必要があります。方法2では、再インストールせずにAdobe Creative Cloudを自動的に転送できます。では、始めましょう。

方法1.Adobe Creative Cloudを手動で転送

手順1.Adobe Creative Cloudデスクトップアプリを開きます。

手順2.電子メールとパスワードを入力してアカウントにサインインし、[続行]をクリックします。 注意:Adobe ID(電子メールとパスワード)をバックアップする必要があります。

Adobe Creative Cloud1

手順3.画面の右上にある自分の名前をクリックし、[ログアウト]をクリックします。 次に、Adobe製品を新しいPCにインストールします。

手順4.Adobe Creative Cloudアプリをインストールし、新しいシステムで立ち上げます。

手順5.[ログイン]ボタンをクリックし、Adobe IDとパスワードを入力します。

手順6.Adobeクラウドアプリのダウンロードとインストールのプロセスが開始されます。

手順7.これで、インストールするアプリケーションを選択すればいいです。

Adobe Creative Cloud2

方法2.再インストールせずにAdobe Creative CloudをWindows 11に移行

上記の方法でAdobe Creative Cloudを移行することは難しいかもしれません。古いWindowsコンピューターでAdobeアプリをアンインストールし、新しいシステムに再インストールしなければならないため、相当な時間がかかる場合があります。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

別の方法を探すか、効率的なデータ移行ソフトウェアを使用したほうがいいです。こちらはEaseUS Todo PCTransというサードパーティ製データ移行ツールをお勧めします。手動の方法と比べれば、このソフトウェアによるAdobe Creative Cloudの移行は、はるかに簡単なことになります。旧システムから新システムにデータ、アカウント、およびオペレーティングシステムを転送する効率も高くなります。

関連記事1:Adobe Acrobat/Readerを移行する方法

関連記事2:Windows 10からWindows 11にAdobe Photoshopを転送

サードパーティのデータ転送ソフトウェアを使用する場合、プライバシー問題が注目されることが普通ですが、このソフトウェアは、Adobe Creative Cloudを転送するための安全で高度な方法です。 このソフトウェアでAdobe Creative Cloudを転送するための操作ガイドが次のとおりです。

Step 1:Todo PCTransを2台のPCに同時に実行し、「PCからPCへ」を選択します。(画面の右上にある「認証コード」をクリックすることで本PCの認証コードを確認することが可能)

データ転送するステップ1

Step 2:ここで移行可能なPCが自動的に検出され、左側に表示されます左側から目標PCを選択して「接続する」ことができます。目標PCがない場合は、「PCを追加」ボタンをクリックしてipアドレスで追加することができます。

データ転送するステップ2

ご案内:認証コード」をクリックして認証コードでPCを追加することも可能です。

データ転送するステップ3

Step 3:転送したいファイル、アプリ、またはアカウントを選択します。「編集」ボタンをクリックして転送したいデータを自由に選択します。

データ転送するステップ5

Step 4: 転送したいデータを全て決定した後、「転送」ボタンをクリックして、移行を始めてください。

データ転送するステップ6

結論

Adobe Creative Cloudのデータをどこでも使用または転送することを計画している場合は、上記の方法はお役に立てるでしょう。手動の方法より、EaseUS Todo PCTransによるAdobe Creative Cloudの移行のほうが効率が高く、信頼できるオプションです。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>