> How to Use > PC引越し > 最高のクラウド転送アプリ:MultCloud、cloudHQ、CloudFuze、Cloudsfer、ODrive

最高のクラウド転送アプリ:MultCloud、cloudHQ、CloudFuze、Cloudsfer、ODrive

EaseUSの筆者のプロフィール写真

モンディー | カテゴリ: PC引越し | 2022年09月08日に更新

概要:

この記事では、5つの最適なクラウド転送アプリケーションとそれぞれの操作ガイドについて説明しますから、クラウド間のデータ移行にご興味のある方は、こちらのページへどうぞ!

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼
 

どっちが最高のクラウド転送アプリ?

クラウド転送アプリは、クラウドストレージプロバイダー間でデータを移行するのに役立ちます。クラウドからクラウドへの転送またはクラウドからクラウドへの移行とも呼ばれます。プロバイダーを切り替えるとか、複数のアカウントを統合するとか、クラウドからクラウドへの転送を行う理由が様々あります。クラウド転送アプリを選択する際には、考慮すべき点がいくつかあります。

  • 移動したいデータの量と移行頻度です。ファイル数が少ない場合は、無料アプリで十分です。大量のデータを定期的に移動する場合は、より多くの機能を備えた有料アプリを利用したほうがいいです。
  • データのセキュリティです。転送中のデータを暗号化し、セキュリティを強化するために、2要素認証が提供されているクラウド転送アプリを選ぶべきです。
  • 直観的でユーザーフレンドリーなインターフェースを備えたアプリです。
  • レビューをチェックすることです。

この記事では、5つのクラウド転送アプリが推奨されていますから、自分のニーズに合ったクラウド転送アプリを選択すればいいです。

  • MultCloudを使用してクラウドからクラウドへの転送を行う
  • クラウドからクラウドへの同期-cloudHQ
  • クラウドからクラウドへの移行-CloudFuze
  • Cloudsferでクラウド転送を行う
  • ODriveを適用してクラウドからクラウドへの転送を行う

MultCloudを使用してクラウドからクラウドへの転送を行う

MultCloudは単一のインターフェースからすべてのクラウドドライブを管理できる、無料で使いやすいWebアプリです。30以上の主流クラウドサービスがサポートされているため、複数のクラウドサービスを異なるアカウントで簡単に同期できます。一定間隔でクラウド間でのファイル同期を自動実行するように設定することもできます。さらに、その便利なインターフェイスのおかげで、必要なファイルを手間をかけずにすばやく見つけて転送することが可能です。

公式サイト:https://www.multcloud.com/jp/

価格:

MultCloudを使用してクラウドからクラウドへの転送を行う1

機能:

  • クラウドアカウントを無制限に追加
  • リアルタイム同期
  • パスワードで保護された共有機能
  • ファイルサイズ制限なし

MultCloudでクラウド間のデータ転送を行う方法

手順1.公式サイトからMultCloudアカウントを作成します。「ゲストアクセス」をクリックして、一時アカウントを取得することもできます。

MultCloud

手順2.[クラウドを追加]をクリックして、転送したいクラウドサービスを追加します。

MultCloud2

手順3.[クラウド転送]をクリックします。転送元および転送先のクラウドドライブを選択します。

手順4.転送元と転送先のクラウドサービスからディレクトリを選択します。

手順5.[今すぐ転送]をクリックして転送を開始します。

MultCloud3

手順6.矢印アイコンをクリックすると、転送の詳細を確認できます。

MultCloud4

クラウドからクラウドへの同期-cloudHQ

cloudHQは、Google Workspaceと他のクラウドサービスとのバックアップ、移行、同期のトップグローバルプロバイダとして認められています。60以上のメールアプリと1,000万以上のクライアントを備えています。カリフォルニア州サンフランシスコに本社を置くcloudHQは、現在CEOを務めるSenad Dizdarによって2011年に設立されました。

公式サイト:https://www.cloudhq.net/g_suite

価格:

cloudHQ

機能:

  • メールをクラウドに保存
  • メールをGoogle Sheetsにエクスポート

クラウドからクラウドへの移行-CloudFuze

CloudFuzeは、あるクラウドサービスから別のクラウドサービスにファイルを転送したり、クラウドデータ全体を新しいサービスに移行したりできるWebアプリケーションです。SaaS企業の製品です。ログインすると、それらの間でデータにアクセスし、共有し、移行できます。OneDrive、Googleドライブ、Dropbox、Boxなど、40を超えるクラウドストレージサービス間のシームレスな統合がれ提供されているため、データを簡単に整理して、どのデバイスからでもアクセスできます。

公式サイト:https://www.cloudfuze.com/

価格:

CloudFuze1

機能:

  • API統合プラットフォーム
  • クラウド業界の巨人からの信頼
  • 強力なコントロール

CloudFuzeでクラウドからクラウドへの転送を行う方法

手順1.CloudFuzeの新しいアカウントを作成します。

CloudFuze1

手順2.CloudFuzeにクラウドサービスを追加します。左側のパネルから[Clouds]をクリックすると、CloudFuzeでサポートされているクラウドサービスが一覧表示されます。転送したいクラウドサービスを追加し、アカウントを承認します。

注意:同じサービスの複数のアカウントを承認できます。

CloudFuze2

手順3.左側から[Move]をクリックします。転送元と転送先のクラウドを選択します。

CloudFuze3

手順4.転送したいファイルを選択します。アカウント名の下にある特定のファイルを選択できます。

手順5.これらのファイルを保存するフォルダを選択します。

手順6.[Move]をクリックして転送プロセスを開始します。

CloudFuze4

Cloudsferでクラウド転送を行う

Cloudsferは、クラウドサービス間でコンテンツを高速、安全、スムーズに移行するための主要なWebサービスです。これを使うことで、どこからでもファイルを即座にコピー、転送、バックアップできます。あるクラウドサービスから別のクラウドサービスに移行しても、オンプレミスからクラウドに移行しても、Cloudsferはお役に立てます。Dropbox、Googleドライブ、Box、OneDrive、SharePoint、Office 365、Alibaba Cloudなど、20を超える主流クラウドストレージプロバイダーをサポートしています。

公式サイト:https://www.cloudsfer.com/

価格:

Cloudsfer

機能:

  • クラウドバックアップサービス
  • オンプレミスからクラウドへの転送
  • 24時間年中無休のサポート

Cloudsferでクラウドからクラウドへの転送を行う方法

手順1.ソースクラウドとターゲットクラウドを選択します。

Cloudsfer2

手順2.[Connect]をクリックして認証を取得します。

Cloudsfer3

手順3.ソースフォルダとターゲットフォルダを選択します。

手順4.[Create Plan]をクリックして、個人の移行プランを作成します。

Cloudsfer4

手順5.移行プランがページの下部に表示されます。すべてのファイルオプションをチェックして、ワンクリックでこれらのファイルを転送すればいいです。また、ファイルを1つずつ転送することもできます。

ODriveを適用してクラウドからクラウドへの転送を行う

ODriveは、すべてのクラウドアカウントを同時に管理できる究極のクラウドストレージツールです。すべてのデバイスでファイルを簡単に共有し、プラットフォーム上で直接編集できます。ODriveはすべてのクラウドストレージアカウントを1つのシステムに集約するため、1つのプラットフォームからファイルにアクセスして共有できます。使いやすく、ファイルの同期を維持するため、すべてのデータを簡単に追跡できます。さらに、ファイルが暗号化されるため、データのセキュリティも確信できます。

公式サイト:https://www.odrive.com/homepage5b

価格:プランは、ユーザーあたり年間$180からご利用いただけます(少なくとも5つのアカウント)。

機能:

  • リンクを誰とでも安全に共有
  • 重要なファイルを任意のストレージにバックアップ
  • 任意のストレージ内のフォルダーを暗号化

ODriveでクラウドからクラウドへの転送を行う方法

手順1.ソースクラウドドライブを見つけて右クリックして、[Sync]を選択します。

ODrive1

手順2.転送したいファイルを選択して右クリックして[コピー]を選択します。

手順3.ターゲットフォルダーに移動し、ファイルを貼り付けます。

追加ヒント:PC間でクラウド転送アプリを移行

インストール済みアプリケーションをあるPCから別のPCに移行したいかもしれません。ここではEaseUS Todo PCTransをお勧めします。この簡単で使いやすいソフトウェアを利用すれば、数回クリックするだけで、クラウド転送アプリのデータをあるPCから別のPCにすばやく簡単に移動できます。さらに、EaseUS Todo PCTransは、写真、音楽、ビデオ、ドキュメント、電子メールなど、他の種類のデータの転送もサポートしています。PC間でデータを簡単に移動するのに最適なソリューションです。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

Step 1:Todo PCTransを2台のPCに同時に実行し、「PCからPCへ」を選択します。(画面の右上にある「認証コード」をクリックすることで本PCの認証コードを確認することが可能)

データ転送するステップ1

Step 2:ここで移行可能なPCが自動的に検出され、左側に表示されます左側から目標PCを選択して「接続する」ことができます。目標PCがない場合は、「PCを追加」ボタンをクリックしてipアドレスで追加することができます。

データ転送するステップ2

ご案内:認証コード」をクリックして認証コードでPCを追加することも可能です。

データ転送するステップ3

Step 3:転送したいファイル、アプリ、またはアカウントを選択します。「編集」ボタンをクリックして転送したいデータを自由に選択します。

データ転送するステップ5

Step 4: 転送したいデータを全て決定した後、「転送」ボタンをクリックして、移行を始めてください。

データ転送するステップ6

ユーザーフレンドリーなインターフェイスと簡単な操作手順により、誰にもEaseUS Todo PCTransを使用して、あるPCから別のPCに手間をかけずにデータを移行できます。今すぐ試してみましょう!

結論

クラウドからクラウドへの転送は、最も一般的なクラウド移行であり、通常、オンプレミスシステムからクラウドへのデータ移行が含まれます。クラウド転送を使用して、異なるクラウドプロバイダー間でデータを移動できます。それは手動でも自動でも行えます。ここでは、クラウドからクラウドへの移行を迅速に行うためのクラウド転送アプリケーションを5つ紹介しました。

また、EaseUS Todo PCTransを使用して、上記のようなクラウド転送アプリをPCからPCに転送することもできます。時間を節約し、作業効率を向上させられるオプションです。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>