> How to Use > PC引越し > プロダクトキーでOffice 2016を新しいWindows 11 PCに移動する方法

プロダクトキーでOffice 2016を新しいWindows 11 PCに移動する方法

EaseUSの筆者のプロフィール写真

モンディー | カテゴリ: PC引越し | 2022年07月25日に更新

概要:

プロダクトキーを使用してOffice 2016を新しいWindows 11コンピューターに移動するにはそうすればいいでしょうか?その方法を探している方は、こちらの記事を読んでください。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼
 

アプリケーションを新しいコンピューターに転送する方法をお探しですか?PCの買い替えがおめでたいことですが、データの移行がちゃんと行われないと、複雑なことになります。
ドキュメント、音楽、映画や写真などの転送方法がともかく、アプリの転送のほうがまだそれほど分かってはいません。Windows OSで最も重要なアプリの1つとして、Microsoft Officeには大量のデータ情報が保存されています。この記事では、Office 2016をプロダクトキーを介して新しいWindows 11パソコンに移動する方法について説明します。
microsoft-office

ガイド1:Office 2016のプロダクトキーを確認

MS Officeを別のOSに移動する前に、まず、MS Officeのプロダクトキーを見つけてください。次に、MS Officeのプロダクトキーを確認するためのヒントをいくつか紹介します。

1.Windowsアカウントとパスワードをバックアップ

管理者アカウントとしてログインしていることを確認してください。
手順1.[スタート]メニューに移動し、[設定]を選択します。
手順2.[アカウント]を見つけて、クリックします。
手順3.左側のメニューから[家族とその他のユーザー]を選択します。

office2016をwindows11コンピューターへ移動1
手順4.このコンピューターに別のユーザーを追加するには、[その他のユーザーをこのPCに追加]を選択します。
office2016をwindows11コンピューターへ移動2
手順5.ローカル管理者アカウントを設定するには、下部にある[このユーザーのサインイン情報がありません]を選択します。
office2016をwindows11コンピューターへ移動3
手順6.次に、[Microsoftアカウントを持たないユーザーを追加する]を選択します。
office2016をwindows11コンピューターへ移動4
手順7.ここで、アカウントの名前とパスワードを設定し、アカウントを作成します。
office2016をwindows11コンピューターへ移動5
手順8.ここで作成されたアカウントは、通常の標準ユーザーアカウントです。[家族とその他のユーザー]タブに戻り、 それを管理者アカウントに変更する必要があります。
手順9.新規アカウントの名前をクリックしてから、[アカウントの種類の変更]オプションをクリックして、管理者に変更します。

2.Officeサポートに連絡して、プロダクトキーを見つける

Office 365または以前のバージョンのプロダクトキーがマシン上にある場合があります。見つからない場合、Microsoftのサポートチームに連絡すればいいです。
手順1.Microsoft 365管理者アカウントを使用してMicrosoft 365にアクセスします。
手順2.ドロップダウンメニューから[サポート]>[新しいサービスリクエストの作成]を選択します。
手順3.Microsoft 365管理センターの場合は、[サポート]>[新しいサービスリクエスト]に移動し、フォームに記入します。
office2016をwindows11コンピューターへ移動6

3.EaseUS Key Finderを利用

EaseUS Key FinderのWindows資格情報機能を利用すれば、Windowsアカウントをすぐにスキャンして、Microsoft Office 2016のプロダクトキーを確認することができます。

手順1. 「キー」の下の「アプリケーション」をクリックします。

EaseUS Key Finderでプロダクトキーを確認する1

手順2.右側のパネルでMicrosoft Officeのレジストリキーを表示します。Officeのシリアル番号をコピーします。「プリント」/「保存」をクリックすることもできます。

EaseUS Key Finderでプロダクトキーを確認する2

ガイド2:PCアップグレード?プロダクトキーでOffice 2016をWindows 11に移行

EaseUS Todo PCTransは、データやアプリケーションを再インストールせずに転送するための便利なツールです。このユーティリティを使用すると、PCから他のPCへ大容量ファイルを転送できます。また、異なるPCの間でユーザープロファイルを転送することもできます。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

Step 1:Todo PCTransを2台のPCに同時に実行し、「PCからPCへ」を選択します。(画面の右上にある「認証コード」をクリックすることで本PCの認証コードを確認することが可能)

office転送するステップ1

Step 2:ここで移行可能なPCが自動的に検出され、左側に表示されます。左側から目標PCを選択して「接続する」ことができます。目標PCがない場合は、「PCを追加」ボタンをクリックしてipアドレスで追加することができます。

office転送するステップ2

ご案内:認証コード」をクリックして認証コードでPCを追加することも可能です。

office転送するステップ3

Step 3:ここでアプリカテゴリをチェックしてください。また、「編集」ボタンをクリックしてアプリを選択することが可能ですので、officeアプリを移行するには、編集ボタンをクリックしてMS Officeをチェックしてください。

office転送するステップ5

Step 4: MS Officeを選択した後、「転送」ボタンをクリックして、MS Officeの移行プロセスが始まります。

office転送するステップ6


Microsoft Office(Word、Excel、Outlookなど)、Photoshop、Adobeソフトウェア、AutoCAD、Dropboxなどの最も人気のあるアプリやプログラムと互換性があります。さらに、これを利用すれば、Windowsでインストール済みのアプリのインストール先を変更することもできます 。追加ソフトウェアなく、データを別のデバイスに直接転送して、効率を高めます。
EaseUS Todo PCTransの主な機能:

  • LAN、WiFi、またはイメージファイル経由でOfficeを別のPCに転送
  • Office 2003/2007/2010/2013/2016/365、およびその他のバージョンのプロダクトキーを確認
  • 起動エラーを起こさなく、OfficeをCドライブからローカルディスクまたは外付けHDDに移動

Windows 11に移動後、Office 2016を再アクティブ化

Windows 11への移行プロセスが完成したら、MS Office 2016を再度アクティブ化する必要があります。
操作手順:
手順1.[マイアカウント]>[サインイン]ページに移動し、ログインします。Office 2016setup.exeファイルをダウンロードし、ドロップダウンメニューから[インストール]を選択します。
手順2.セットアップファイルを実行します。ドロップダウンメニューから[次へ]>[サインイン]を選択します。Microsoft Officeアカウントにサインインして、確認します。
手順3.フロントデスクでサインインします(Microsoftの資格情報を使用してログインしていることを確認してください)。
手順4.プロダクトキーを覚えてください。
注意: MicrosoftアカウントページにアクセスしてOfficeアカウントにログインした後は、読み続けてください。ドロップダウンメニューからプロダクトキーを選択すると、プロダクトキーが表示されます。或いは、メールボックスでデジタルレシートを探します。
手順5.Office 2016プログラムを起動し、[アクティブ化]を選択します。
これで、Officeプログラムを使用して、新しいPCでExcel、Word、およびその他のドキュメントを編集できるようになります。

Office 2016を新しいWindows 11マシンに移行するのは簡単

これで、Microsoft Officeを新しいコンピューターに移動する必要がある場合に、実行可能なソリューションが分かったのでしょう。
最も効率的な解決案として、EaseUS Todo PCTransを使用してMicrosoft Officeを転送することをお勧めします。365サブスクリプションを利用したり、ライセンスキーを手動で再入力したりするなど、他のソリューションも上記で説明されています。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>