> How to Use > PC引越し > Windows ServerでCドライブのスペースを解放する方法

Windows ServerでCドライブのスペースを解放する方法

EaseUSの筆者のプロフィール写真

モンディー | カテゴリ: PC引越し | 2022年05月13日に更新

概要:

バックアップファイル、一時ファイル、およびその他の不要なファイルがCドライブに詰まると、PCのパフォーマンスと速度が低下する可能性があります。Windows ServerでCドライブのスペースを解放するには、次の4つの方法を確認しましょう。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼
 

ほとんどの場合、システム設定、アプリなどのデータがすべてCドライブに保存されているので、それらをスムーズに実行するためのスペース容量がかなり必要です。

Cドライブ上の古いバックアップ ファイル、一時ファイル、およびその他の不要なドキュメントを定期的にクリーンアップすることで、Windows ServerのCドライブの空き容量不足を解消できます。

方法1.EaseUS Todo PCTransを使用してCドライブをクリーンアップ

Cドライブのスペースを解放するための迅速かつ安全な方法です。 

EaseUS Todo PCTransは、データの移行、PC引越し、およびWindows PCの完全管理を行うための無料プログラムです。 

Cドライブをクリーンアップするには、2つのオプションがあります。 

  • システム クリーンアップ:システム上で完全スキャンを実行して、不要なファイルをすべて削除します。
  • アプリの移行:Cドライブ上のデータとアプリケーションを別のドライブまたはコンピューターに移動します。アンインストールする必要もなく、Cドライブからプログラムを移行します。 

EaseUS Todo PCTransの他の機能: 

  • Windows Server/11/10/8/7と、もっと古いバージョンのWindows OSをサポート 
  •  サーバーからサーバーへファイルを転送
  • ネットワーク接続、ローカル転送、イメージ ファイルの3つの転送モード 
  • 故障したPCからデータを救出 
  • 専門知識のない初心者にも向いている、使いやすいソフト

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

EaseUS Todo PCTransを使用してCドライブのスペースを解放する方法は次のとおりです。 

ステップ1.パソコンでEaseUS Todo PCTransを開きます。ソフトの初期画面で[システムクリーンアップ]を選択し、[スキャン]をクリックします。

システムクリーンアップ1

ステップ2.スキャンのプロセスが完了したら、ジャンクファイルが全て表示されます。ここで削除したいファイルを確認します。

システムクリーンアップ2

ステップ3.[クリーンアップ]ボタンをクリックすることで操作を実行します。

システムクリーンアップ3

方法2.Cドライブ上の不要なアプリをアンインストール

Cドライブにインストール済みの不要なアプリケーションをアンインストールすると、スペース解放の役にも立ちます。 

手順1.[Windows] + [R]キーを使用して[ファイル名を指定して実行]ボックスを開きます。そこに「Control Panel」と入力することで、コントロールパネルを開きます。  

手順2.[プログラム]タブの下で、[プログラムのアンインストール]をクリックします。

Cドライブ上の不要なアプリをアンインストール

手順3.不要なプログラムを見つけて、[アンインストール]ボタンをクリックしてプロセスを開始します。 

コンピューターに不要なアプリケーションがない場合は、EaseUSを使用してサイズの大きいプログラムをⅭドライブから別の場所に移行することをお勧めします。 

方法3.ディスククリーンアップを行う

エクスプローラーからディスク クリーンアップを実行することで、一時ファイルやごみ箱内の削除されたファイルなどをすべて削除できます。ディスククリーンアップを行うには:

手順1.エクスプローラーに移動し、Cドライブを右クリックして、[プロパティ]を選択します。

ディスククリーンアップを行う1

手順2.[ディスクのクリーンアップ]をクリックすると、このユーティリティがドライブのスキャンを開始し、解放できる容量の計算を開始します。

手順3.不要なファイルを選択し、[OK]ボタンをクリックしてCドライブをクリーンアップします。

ディスククリーンアップを行う2

方法4.Windows Pagefile.sysを手動で移動 

Pagefile.sys(ページング ファイル)は、RAMを補うために、デフォルトでCドライブに配置されています。Windows Serverで容量不足になったら、ページング ファイルを別のドライブに移動すればいいです。Windowsページング ファイルを手動で移動する方法は次のとおりです。 

手順1.[Windows] + [R]キーを押して[ファイル名を指定して実行]ボックスを開き、「sysdm.cpl」と入力して、[Enter]キーを押します。 

Windows Pagefile.sysを手動で移動 1

手順2.[詳細設定]タブに移動して、[パフォーマンス]の下にある[設定]をクリックします。 

Windows Pagefile.sysを手動で移動 2

手順3.[パフォーマンス オプション]ウィンドウで、[詳細設定]をクリックし、[仮想メモリ]の下の[変更]をクリックします。

Windows Pagefile.sysを手動で移動 3

手順4.[すべてのドライブのページング ファイルのサイズを自動的に管理する]オプションのチェックを外します。Cドライブをクリックし、[ページング ファイルなし]を選択します。次に、[設定]をクリックして、Cドライブのページング ファイルを無効にします。 

Windows Pagefile.sysを手動で移動 4

手順5.最後に、ページング ファイルを移動するドライブを選択し、[システム管理サイズ]をクリックして、[OK]をクリックします。Windows Serverコンピュータを再起動します。 

Windows Pagefile.sysを手動で移動 5

まとめ 

これで、Windows ServerのCドライブのスペースを解放する方法についての説明は終わりました。 

ただし、ページング ファイルの手動移動と不要なファイルのアンインストールは、すべてのユーザーにとって実行可能というわけではありません。したがって、EaseUS Todo PCTransを使用して、システムの迅速なクリーンアップを実行し、ドライブ間でアプリケーションを移行することをお勧めします。 

EaseUS Webサイトからいつでもソフトウェアをダウンロードして、アプリケーションを転送するための24時間念中無休のサポートを受けることができます。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>