> How to Use > PC引越し > 『3選』Windows7からWindows11にファイルを転送する方法- EaseUS

『3選』Windows7からWindows11にファイルを転送する方法- EaseUS

EaseUSの筆者のプロフィール写真

Yiko | カテゴリ: PC引越し | 2022年05月22日に更新

概要:

Windows 11からWindows7にアップグレードするつもりがありますか?本記事ではWindows から Windows 11にファイルを引っ越しする方法について詳しく紹介します。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼
 

ご存知のように、日々の積み重ねで、お使いWindowsベースのpcに大量のデータが貯まります。Windows を最新バージョンにアップグレードする際に、データ損失なしで古いバージョンから最新のWindowsバージョンに引っ越ししたいですが、何か効率かつ安全な方法がありませんか?

方法1. EaseUS Todo PCTrans を使ってファイルを転送

EaseUS Todo PCTransは、システムのアップグレード時にプログラムやファイルを別のシステムに移行するために多彩な機能を備えたツールです。このソフトを使えば、Windows 7からWindows 11へすべてを安全かつ効率的に移行することができます。これは、再インストールせずにデータとプログラムを転送することができるスマートソリューションです。このPC間転送ソフトは、ファイル、アプリケーション、プログラム、アカウントなどをPC間で移動させます。実際、EaseUS Todo PCTransは最も便利で迅速なファイル転送方法の一つです。また、壊れたコンピュータからプログラムやファイルを復元することもできます。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

EaseUS Todo PCTransの機能紹介動画

故障したパソコンからデータやアカウントを復元- ハードウェアやソフトウェアが故障した場合でも、EaseUS Todo PCTransがあればデータを復元することができます。

Step 1: Windows7のPCでTodo PCTransを実行し、「PCからPCへ」を選択します。(画面の右上にある「認証コード」をクリックすることで本PCの認証コードを確認することが可能)

Windows7からWindows10へデータ移行ステップ1

Step 2: ここで移行可能なPCが自動的に検出され、左側に表示されます。左側から目標PCを選択して「接続する」ことができます。目標のWindows 10 PCがない場合は、「PCを追加」ボタンをクリックしてipアドレスで追加することができます。

Windows7からWindows10へデータ移行ステップ2

ご案内:「認証コード」をクリックして認証コードでPCを追加することも可能です。

Windows7からWindows10へデータ移行ステップ3

Step 3: Windows7とWindows10 2台のPCが繋いだ後、転送方向を確認して、転送したいファイル、アプリ、またはアカウントを選択します。「編集」ボタンをクリックして転送したいデータを自由に選択します。

Windows7からWindows10へデータ移行ステップ5

Step 4:  転送したいデータを全て決定した後、「転送」ボタンをクリックして、移行を始めてください。

Windows7からWindows10へデータ移行ステップ6

方法2. USB/外付けHDDを使ってWindows 7からWindows11へのファイル転送

Windows 7からWindows 11にファイルを移動するもう 1 つの効率的な方法は、外付けHDDを利用することです。外付けHDD、USB 、SDカードなどの外付けストレージを使用すれば、Windows 7からWindows 11にすべてのファイルとプログラムをすばやく転送することが可能です。外付けハードディスクは持ち運びが便利なだけでなく、セキュリティのために暗号化することもできます。しかも、追加のソフトウェアやサービス、インターネット接続は必要ありません。さらに、それは多くのストレージスペースを消費する大規模なファイルを移動するための最速かつ最も費用対効果の高いソリューションです。

Windows 7 PC上のファイルを外部デバイスにコピーする手順

ここでは、Windows 7オペレーティングシステムから外付けハードドライブにファイルをコピーする手順は次のとおりです。ある場所から別の場所にファイルをコピーするだけでは、元の場所から削除されないことに注意する必要があります。手順は以下の通りです。

  • 外付けハードドライブ/USBドライブをパソコンに接続します。
  • [PC]を選択します。
  • ファイルを選択すると、選択したすべてのファイルがハイライト表示されます。ファイルをメモリにコピーする場合は、ウィンドウの上部から「整理」>「コピー」を選択します。
  • 次に、対応するドライブの文字をクリックして、外付けドライブの場所に移動します。
  • ドライブがハイライト表示されたら、「整理」>「貼り付け」を選択して、先ほど選択したファイルをドライブにコピーします。
  • ストレージデバイスを取り外す前に、ファイルが正しいかどうかを確認する

外付けHDD/USBストレージデバイスにファイルをコピーしたら、外付けハードドライブ/USBドライブをブラウズして、ファイルが正しい場所にあることを確認します。

次に、外付けストレージデバイスを安全に取り外して、ファイルの紛失や破損がないことを確認します。外付けストレージデバイスを取り外すには、ハードドライブをPCから取り外す前に、取り出しを選択します。

ファイルをHDDにコピーしたら、新しい Windows 11 PC に簡単に転送できます。

方法3. OneDriveを使用してWindows 7からWindows 11にファイルを共有する

Windows 7からWindows 11 へのファイルの転送は、OneDriveを使用して非常に簡単に行うことができます。新しいPCに移動すると、多くのファイルを転送する必要がありますが、OneDriveを使用すると、新しいPCを迅速にセットアップすることができます。

ここでは、OneDriveを使用してWindows 7からWindows 11 PCにファイルを転送する手順を説明します。

ステップ1:Windows 7にOneDriveをインストールし、セットアップする

まず、Windows 7 に OneDrive をインストールし、セットアップする必要があります。以下はその手順です。

Windows 7にOneDriveをインストールし、セットアップする手順1

  • まずはWindows版のOneDrive同期アプリのインストールから始めましょう。Microsoft 365またはMicrosoft 2016をご利用の場合、すでにPCにOneDriveの同期アプリがインストールされています。、[スタート]ボタンをクリックし、[OneDrive]を検索して確認することができます。

Windows 7にOneDriveをインストールし、セットアップする手順2

  • 次に、OneDriveのセットアップを開始します。
  • Microsoftアカウントをまだお持ちでない方は、サインアップしてください。
  • サインアップは無料で、OneDrive、Microsoft Office for the web、Skypeなどにアクセスできるようになりますメールアドレスや電話番号を使ってサインインするまたは、Outlook.comのメールアドレスを新規に作成することができます。
  • OneDriveの設定を完了するには、画面に表示されるすべての指示に従います。
  • 下部のタスクバーの右端にある通知領域に、OneDriveのクラウドアイコンを右クリックして、「設定」をクリックしてください。

Windows 7にOneDriveをインストールし、セットアップする手順3

  • 次に、[フォルダのバックアップ]ダイアログボックスで、新しいPCに転送するファイルやフォルダをすべて選択します。
  • ここで [バックアップの開始] を選択します (旧バージョンの OneDrive を使用している場合は、[保護の開始] を選択します)。
  • 転送したいファイルがドキュメント、ピクチャ、デスクトップの各フォルダ以外にある場合は、Windowsエクスプローラを使用します。この場合、Windowsキー+Eキーを押してWindowsエクスプローラを開き、転送したいフォルダを検索して左ペインのOneDriveにドラッグします。
  • タスクバーの右端にあるOneDriveのクラウドアイコンにマウスを置くと、OneDriveへのファイルのアップロード状況を確認することができます。

ステップ2:新しいコンピュータをセットアップする

新しいPCでWindowsの設定を完了するには、画面に表示される手順に従います。このプロセスでは、コンピュータがインターネットにアクセスできることを確認します。サインインを求められたら、Windows 7コンピュータでOneDriveをセットアップするときに使用したのと同じMicrosoftアカウントを使ってサインインします。

新しいコンピュータをセットアップする手順

Windowsの設定で、「OneDriveでファイルをバックアップする」画面でも「次へ」をクリックし、設定が終了すると、ファイルエクスプローラでファイルを参照できるようになります。Windows 7のデスクトップ、ドキュメント、ピクチャの各フォルダ内のファイル全体が、Windows 11のPCの正確な位置に自動的に表示されます。

PC フォルダバックアップをオンにする

Windows 11 PC のファイル・エクスプローラでファイルが表示されない場合のみ、この手順を実行する必要があります。このため、「PCフォルダのバックアップをオンにする」必要がある場合があります。

以下は、OneDrive が実行され、ファイルが同期されていることを確認するための手順です。

  • タスクバーのOneDriveクラウドアイコンを選択することから始めます。
  • 「ヘルプと設定] > [設定] を選択します。

PC フォルダバックアップをオンにする手順

  • 設定の中で、[バックアップ] > [バックアップの管理]を選択します。
  • 「フォルダのバックアップ]ダイアログボックスが表示されたら、バックアップするフォルダがすべて選択されていることを確認します。
  • [バックアップの開始]をクリックします。
  • ファイルがOneDriveに同期されている間、ダイアログボックスを閉じることができます。アップロードの進行状況を見る]オプションを選択すると、ファイルの同期を確認することもできます。

まとめ

本記事で紹介している便利で信頼性の高いソフトウェアを使用することで、Windows 7のファイルを Windows11に自力で転送することができます。重要なのは、正しいツールを選択することです。EaseUS Todo PCTrans は、安全かつ効率的にファイルを移行することができるスマートなツールなので、これを使用するのが最適な方法の 1 つです。また、外付けハードディスクやOneDriveを使用する方法も、Windows 7 PCからWindows 11にファイルを引っ越しする効果的な方法です。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

 

 

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>