> How to Use > PC引越し > MSXML 4.0を別のコンピュータに転送する方法

MSXML 4.0を別のコンピュータに転送する方法

EaseUSの筆者のプロフィール写真

モンディー | カテゴリ: PC引越し | 2022年09月16日に更新

概要:

MSXML 4.0を別のコンピュータに転送するための最良の方法をお探しですか。または、信頼できるMSXML 4.0のダウンロードオプションにご興味があるのでしょうか。この記事では、MSXML 4.0の移行作業を迅速かつ安全に行うための最良の方法を紹介します。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼
 

MSXML 4.0は、Microsoft Officeおよびその他の製品内のMicrosoft XMLコアサービステクノロジです。World Wide Web Consortium(W3C)の推奨事項を満たす完全で準拠したXMLDOM実装です。
また、XML 1.0とSchema 1.0仕様を実装し、多くの既存のXMLアプリケーションおよびテクノロジとの互換性を提供します。主なサービスには、XML解析、検証、変換、XPathなどがあります。さらに、Visual Basic、C++、JavaScriptなど、COMをサポートするすべてのプログラミング言語から使用できます。

PCにMSXML 4.0が必要なのか?

Microsoft OfficeまたはMSXML 4.0を必要とするその他のアプリケーションを使用している場合は、PCにそれをインストールする必要があります。これらのアプリケーションを使用しなくても、PCの一部のコンポーネントにはMSXML 4.0が必要な場合があります。たとえば、Microsoft SQL Server 2000 Desktop Engine(MSDE 2000)は、MSXML 4.0を使用してXMLデータを処理します。

MSXML 4.0を別のPCに転送するのはなぜ?

MSXML 4.0を別のコンピュータに転送する理由がたくさんあります。たとえば、新しいコンピュータにアップグレードし、古いアプリケーションとデータを転送しようとします。または、MSXML 4.0を必要とする新しいアプリケーションを複数のコンピュータに展開します。
MSXML 4.0再頒布可能パッケージを使用して、MSXML 4.0を別のコンピュータに転送するこができます。再頒布可能パッケージには、新しいコンピュータでMSXML 4.0を実行するために必要なすべてのファイルが含まれていて、Microsoftから無料でダウンロードできます。
関連記事1:プログラムをCドライブからDドライブに移動する
関連記事2:Microsoft Officeを新しいコンピュータに転送する

MSXML 4.0を別のコンピュータに転送する方法 

MSXML 4.0を別のコンピュータに転送するには、2つの方法があります。

1.自動方法:アプリ移行ツールを実行

特に技術的知識がない場合、あPCから別のPCにアプリを移行するのが難しくなるかもしれません。そのため、サードパーティ製アプリ移行ツールが開発されてきました。
EaseUS Todo PCTransは、市場で最も人気のあるアプリ移行ツールで、データを失うことなく、PC間でMSXML 4.0を転送するのに役立ちます。MS Office、Adobeなど、多くのアプリをサポートしています。初心者でも簡単に使いこなせるツールです。2台のコンピュータを接続し、転送したいアプリを選択する必要があります。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

Step 1:Todo PCTransを2台のPCに同時に実行し、「PCからPCへ」を選択します。(画面の右上にある「認証コード」をクリックすることで本PCの認証コードを確認することが可能)

アプリ転送するステップ1

Step 2:ここで移行可能なPCが自動的に検出され、左側に表示されます。左側から目標PCを選択して「接続する」ことができます。目標PCがない場合は、「PCを追加」ボタンをクリックしてipアドレスで追加することができます。

アプリ転送するステップ2

ご案内:認証コード」をクリックして認証コードでPCを追加することも可能です。

アプリ転送するステップ3

Step 3:アプリカテゴリで「編集」ボタンをクリックして転送したいアプリを自由に選択します。

アプリ転送するステップ5

Step 4: 「転送」ボタンをクリックして、アプリの移行を始めます。

アプリ転送するステップ6

2.手動方法:MSXML 4.0を再ダウンロード

手動方法がお気に入りの場合、この方法を試すことをお勧めします。
ステップ1.新PCにMicrosoftの公式WebサイトからMSXML 4.0をダウンロードします。
ステップ2.ダウンロードプロセスが完了したら、インストーラーを実行し、画面の指示に従います。
ステップ3.インストールが完了したら、PCを再起動します。
これで、転送に成功しました。

MSXML 4.0を異なるPCへ転送したら、どのようなメリットがある?

MSXML 4.0を別のコンピュータに転送したメリットは明らかです。

  • 時間とお金が節約されます。MSXML 4.0を複数のコンピュータにすばやく簡単にインストールしたい場合は、再頒布可能パッケージを使用したほうがいいです。
  • データの損失を防ぐのに役立つことです。大切なファイルやデータを失うことなく転送するのは非常に重要なことです。新PCへの買い換えを計画している場合は、再配布可能パッケージを使用して、旧PC上のデータとアプリケーションを損失なく転送します。
  • コンピュータを整理しておくことです。パソコンに多数のアプリケーションがインストールされている場合、それらすべてを追跡するのは難しくなるかもしれません。ただし、再頒布可能パッケージを使用してMSXML 4.0を別のコンピュータに転送すると、インストールされているアプリケーションが簡単に追跡できるようになります。
  • データバックアップの役にも立ちます。再頒布可能パッケージを使用して、MSXML 4.0を別のコンピュータに転送することにより、何か問題が発生した場合にデータのバックアップを保持します。

こちらの記事を読んでくれてありがとうございました!コメントを注意深く読みますから、コメントセクションで意見を表明し、貴重なフィードバックやご提案をお寄せください。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>