> How to Use > ファイル復旧 > 「ガイド」Windows 10でエラーコード0x800F0954を修正

「ガイド」Windows 10でエラーコード0x800F0954を修正

Harumoe

Harumoe |カテゴリ:ファイル復旧| 2022年08月22日に更新

主な内容:

概要:

Windows 更新の処理中または .NET Framework のインストール中にエラー コード 0x800F0954に遭遇したユーザーかたくさんいます。あなたはWindows 10の使用中に0x800F0954 エラーが発生したことがありますか? この記事では、そのエラーを修正する実証済みの解決策を4つご紹介します。

EaseUS Data Recovery Wizard

エラー コード 0x800F0954の概要

Windows 10 ユーザーは最近、エラーコード 0x800F0954によく遭遇しています。.NET Framework 3.5 のインストール中、またはオプションの Windows 更新プログラムのインストール中に、このエラーが発生しました。この記事で紹介する4つの簡単な方法によって、このエラーを修正しましょう。

エラー コード 0x800F0954

エラー コード0x800F0954を診断して修正する前に、まずその原因を学びましょう。

エラー コード 0x800F0954が発生した原因

下記は、Windows 10 で0x800F0954エラーを引き起こした原因です。

DISMのCBS logsの問題

DISM(展開イメージのサービスと管理)は、Windows10の画像管理と画像修復に役立ちます。DISMはCBS(Component-Based Servicing)に関連するログを生成することもできます。CBS logsにトラブルが発生すると、0x800F0954エラーが出ます。CBS logsを削除することでエラーを対処できます。

.NET frameworkバージョンの問題

Windows 10にインストールする.NET frameworkは最新バージョンでなければなりません。旧バージョンの.NET frameworkをインストールにはPowerShellを利用する必要があります。そうではないと、0x800F0954エラーが出ます。

WSUSの問題

WSUS (Windows Server Update Services) を利用すると、コンピューターがインターネット上のMicrosoftアップデートサーバーからではなく、WSUSサーバーからWindowsの更新を行います。システムがWSUSを見つからない場合、更新する時にエラーコード0x800F0954が出ます。しかし、WSUS をバイパスすると、問題が解決されます。

ローカルグループポリシーエディターの問題

ローカルグループポリシーエディターを使用すると、Windowsコンピュータの多くの基本設定を管理できます。エラーコード0x800F0954が出た時、ローカルグループポリシーエディターの設定とシステムの設定が合わない可能性もあります。ですので、ローカルグループポリシーエディターにある一部の設定を無効にすると、問題が解決されます。

0x800F0954エラーが出た原因は大体DISM CBS logsトラブル、.NET frameworkのバージョン問題、WSUS(Windows Server Update Services)問題とLocal Group Policy Editor問題の4つです。

これから、エラーの対応方法を見てみましょう。

解決策:エラーコード 0x800F0954 を修正

これで、Windows 10 で 0x800F0954 エラー コードが発生する理由がわかりました。これは主に、ポリシー エディターの問題、CBS ログ、古い .NET フレームワーク、または WSUS サーバーが原因となります。幸いなことに、次の4 つの簡単な方法で このエラーを修正できます。見ていきましょう。

解決策1. WSUS サーバーをバイパスしてエラー コード 0x800F0954 を修正する

前述のように、コンピューターのシステムがWSUSを見つけられない場合、Windows更新プログラムをインストールすることはできません。そして0x800F0954エラーが出ます。

WSUSの問題は、主にコンピューターは WSUSサーバーを利用して Windowsを更新する時に発生します。WSUSをバイパスすることで、問題を解決できます。

以下の手順でWSUS をバイパスしてみてください。

ステップ1.Windows+Rを押して、実行ウィンドウを開きます。

ステップ2.実行ウィンドウで、「regedit」と入力し、Enterキーを押します。

そうすると、管理者権限を持ってレジストリエディターを開くことができます。

ステップ3.レジストリエディターから下記のアクセスに移動します。

HKEY_LOCAL_MACHINE/SOFTWARE/Policies/Microsoft/Windows/WindowsUpdate/AU

WindowsUpdate\AUがない場合は、手動で作成する必要があります。

WSUS サーバーをバイパスしてエラー コード 0x800F0954 を修正する1

ステップ4.AUを選択して、右のところでを右クリックし、「新規」「文字列値」をクリックします。そして「UserWUServer 」に名前を変更してください。

ステップ5.UserWUServer をクリックして、数値を0 に変更します。

WSUS サーバーをバイパスしてエラー コード 0x800F0954 を修正する2

ステップ6.すべてのステップを正しく実行した後、コンピュータを再起動し、エラーが解決されたかどうかを確認します。

解決策2.PowerShellを使用して、ET Framework をインストールする

DISMを通じて.NET frameworkをインストールする時、0x800F0954エラーが発生する可能性があります。しかし、PowerShell を利用すれば、問題を解決できます。

以下の手順でPowerShell を使って.NET frameworkをインストールしてみてください。

ステップ1.Windows+Rを押して、実行ウィンドウを開きます。その中に「PowerShell」と入力して、「OK」ボタンをクリックします。

ステップ2.PowerShellで「Add-WindowsCapability –Online -Name NetFx3~~~~ –Source D.\sources\sxs」を入力し、エンターキーを押します。

PowerShell を使って.NET frameworkをインストールする

コマンドを入力したら、コンピューターを再起動します。

ステップ3. .NET Framework を再度インストールします。.NET フレームワークのインストール中に、0x800F0954 エラー コードは表示されなくなります。

解決策3.CBS logsを消去して、エラー コード 0x800F0954 を修正する

DISMはCBS logsを生成します。0x800F0954エラーが出た時、最も簡単な対応策はCBS logsを削除することです。

以下の手順でCBS logsを削除してみてください。

ステップ1.ローカルディスク(C:)\Windows\Logs\CBSを開きます。

ステップ2.Ctrl + Aを押して、CBSフォルダーにある全てのファイルを削除します。

CBS logsを消去して、エラー コード 0x800F0954 を修正する1

ステップ3.CBSLogsを削除した後、DISMコマンドを実行します。下記のコマンドを入力します:
Dism.exe /online /enable-feature /featurename.NetFX3 /source.C./

そしてEnterキーを押します。

上記のコマンドを実行した後、0x800F0954エラーなしで.NET frameworkをインストールできるはずです。

解決策4.グループ ポリシーエディターを実行する

グループ ポリシーに関する問題により、実行機能と一部の修復コンテンツがWindows 10でダウンロードに失敗します。しかし、グループ ポリシーを変更して、エラー コード0x800F0954を修正できます。

以下の手順に従って、Windows 10でグループ ポリシー エディターを実行して、エラーコード0x800F0954を修正します。

ステップ1.実行ウィンドウを開き、中に「gpedit.msc」と入力します。そして「OK」ボタンを押します。

ステップ2.ローカル グループ ポリシー エディターが開かれます。そしてコンピューターの構成\管理用テンプレート\システム まで移動します。そして、「オプションコンポーネントのインストールおよびコンポーネントの修復のための設定を指定する」をクリックします。

グループ ポリシー エディターを実行して、エラーコード0x800F0954を修正する1

ステップ3.ポリシーを有効にして、コンテンツの修復オプションを確認します。

ステップ4.「適用」ボタンをクリックして設定を保存します。

グループ ポリシー エディターを実行して、エラーコード0x800F0954を修正する2

コンピューターを再起動すれば、エラーコード0x800F0954は表示されなくなります。

エラー コード 0x800F0954 を修正した後にデータを復元する方法

上記の方法によって、Windows 10 のエラー コード 0x800F0954 を修正できますが、まだ注意が払う問題があります。それは、Windows 10 の 0x800F0954 エラー コードで重要なデータが失われたことです。それを対応するには、無料のデータ回復ソフトウェアEaseUS Data Recovery Wizardをお勧めします。、Windows 11/10/8/7 からデータをすばやく簡単に復元できます。

機能一覧:

  • 誤って破壊したデータを回復する。
  • 失われたパーティションをすばやく回復する。
  • Windows の更新中に失われたデータを回復する。
  • NAS からのデータを復旧する
  • SD カードなどの外部メディアからデータを復元する。

操作手順:

ステップ1.更新後のWindows 10パソコンでこのデータ復元ソフトをダウンロードして起動してください。ディスク情報を読込んだ後の初期画面でスキャンを行うディスクを選択してください。次に、スキャンに入ります。

windows 10更新後 データ復元1
ステップ2.スキャンが終わると、左側にリストされたフォルダから失ったデータをご確認ください。フィルターでデータ種類(画像/ドキュメント/ビデオ/オーディオ/メールなど)や他の条件を設定することで検索範囲を縮小可能です。

windows 10更新後 データ復元2

ステップ3.検出されたデータをご確認の上、チェックして「リカバリー」ボタンを押すと、指定場所に保存することができます。

windows 10更新後 データ復元3

Tip:リカバリーした後のデータが開けなくなる場合、「復元候補」からもう一度復元してみてください。破損状態がひどく、ディレクトリ情報が失ったデータがここで見つけます。

結論

本記事は、0x800F0954 エラーを修正するいくつかの解決策を紹介しました。そして、Windowsを更新した後のデータ損失に対応するには、プロのデータ回復ソフトウエア及びその使い方も説明しました。

エラー 0x800F0954に関するFAQ

1.エラー 0x800F0954は一般的どんな状況で発生するのですか。発生する原因は何ですか。

コードは、主に Windows 10 で .NET Framework のインストールに失敗した場合、またはオプションの Windows 更新プログラムに問題がある場合に表示されます。このエラーの原因について、一般的に四つがあります。

  • DISM CBS logsトラブル
  • .NET frameworkのバージョン問題
  • WSUS(Windows Server Update Services)問題
  • Local Group Policy Editor問題

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

この記事をどのように評価しますか?

  • Vectorプロレジ大賞
  • 第28回、30回、33回、
  • なんと3回も受賞した優秀なソフトウェア!
  • 誤って消去してしまったファイルをはじめ、様々な問題や状況でもデータを簡単に復元することができます。強力な復元エンジンで高い復元率を実現、他のソフトでは復元できないファイルも復元可能です。

    もっと見る
  • Easeus Data Recovery Wizard Freeの機能は強い。無料版が2GBの復元容量制限があるが、ほとんどのユーザーはほんの一部特定なデータ(間違って削除したフォルダとか)のみを復元したいので十分!

    もっと見る
  • ...このように、フリーソフトながら、高機能かつ確実なファイル・フォルダ復活ツールとして、EASEUS Data Recovery Wizardの利用価値が高い。

    もっと見る

無料で
紛失データを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。

データ復旧対策

 

タイムライン

お問い合わせ