> How to Use > ディスクコピー > Windows 11/10/8/7のCドライブをSSDに交換する【データ損失なし】

Windows 11/10/8/7のCドライブをSSDに交換する【データ損失なし】

さわこ
更新者:さわこ 2023/11/24
   

概要:

この記事では、Windows 11、10、8、7コンピュータでCドライブをSSDに交換する方法を紹介します。

 

従来、Cドライブはコンピュータの内蔵HDDに設置されています。しかし、HDDは時間と共に動作が徐々に低下してしまいます。そのため、古くなったCドライブを新しいものに交換することは、全体のパフォーマンスを向上させる上で必要となります。この記事では、EaseUSが提案する、CドライブをSSDに簡単且つシンプルに交換する方法について説明します。それでは早速始めていきましょう。

このト話題に深く踏み込む前に、準備しておくべき物を確認しておきましょう。

使用するツール EaseUS Disk Copy

 

📃準備

  • SSD/HDD
  • SSD/HDDが新しい場合はフォーマットする(オプション)
  • 接続ケーブル
  • ディスククローニングソフトをダウンロード - EaseUS Disk Copy

この素晴らしいディスククローニングソフトウェアをダウンロードしましょう。

Cドライブを新しいSSDに交換できますか?

HDDとSSDはどちらもコンピュータのストレージデバイスとして使われていますが、データへのアクセス速度が早く、消費電力も低いという点では、多くの面でSSDがHDDよりも優れています。そのため、増え続けるユーザーがHDDからSSDへの交換を選んでいます。

そこで問題は、Cドライブを新しいSSDに交換できるのかという点です。

答えは「YES」です。

Cドライブを新しいSSDに交換することで、コンピュータの速度やパフォーマンスは大幅に改善します。具体的なメリットをいくつか紹介しましょう:

  • コンピュータの速度向上:SSDはHDDよりも高速なデータアクセス速度を持っています。そのため、CドライブをSSDに換えることで、コンピュータはさらに速く動作します。
  • 電力の節約:SSDはHDDに比べて消費電力が少ないため、電気代を節約することが可能です。
  • 信頼性の向上:SSDは可動部がないため、HDDよりも信頼性が高いです。これは、物理的な衝撃や振動により故障するリスクが少ないことを意味します。

しかし、HDDのメリットもあります。たとえば、SSDは一般的にHDDよりも価格が高いです。また、SSDの書き込み回数には限りがあるため、HDDよりも寿命が短いという点もあります。

でも、全体を通してみれば、CドライブをSSDに交換したり、CドライブだけをSSDにクローニングしたりすることは、コンピュータのスピードやパフォーマンスを向上させたい時には、まだ良い選択肢と言えます。

関連記事

[2023]Windowsを再インストールせずにHDDをSSDに換装する

本記事はHDDよりSSDのほうがもっと性能が高くてパフォーマンスが良い理由を解明したうえで、HDDをSSDに交換する方法を紹介します。

SSD交換

CドライブをSSDに交換する前に準備すること

CドライブをSSDに交換するのは、ドライブを交換するほど簡単ではありません。作業を始める前に、いくつかやっておかなければならないことがあります。

1.新しいSSD

SSDにはSATAやNVMeなどさまざまなタイプがあり、お使いのコンピューターと互換性のあるものを選ぶ必要があります。

新しいSSD

2.コネクトケーブル

SSDをコンピュータに接続するには、接続ケーブル(通常はSATA-USBケーブル)を使用する必要があります。または、お使いのコンピュータにSSDスロットがある場合は、SSDを取り付ける必要があります。

3.データ転送方法を選択する

データを失うことなくCドライブをSSDに交換するには、2つの方法があります。1つ目は、Cドライブ上のすべてのデータをバックアップし、新しいSSDに復元する方法です。もう一つは、Cドライブを直接SSDにクローンする方法です。ディスククローニングをお勧めするのは、より直接的で時間を節約できるからです。EaseUS Disk Copyを使えば、データを失うことなくクローンを作成できます。

EaseUS Disk Copy はWindows 11/10/8/7に対応した使いやすく信頼性の高いディスククローンツールで、Cドライブの正確な複製を作成することができます。このツールの特徴は以下の通りです

  • 異なるPC間でWindowsを迅速に移行できます
  • ハードドライブのローカルバックアップを効率的に作成できます
  • 不良セクタを持つハードディスクドライブをクローン化できます
  • 他の類似ツールと比較してクローン作成の速度が早く、ハードディスクドライブのクローン作成に時間がかかりません
  • オペレーティングシステムのクローン化や、ソースディスクの使用セクタのみをSSDにクローン化する選択が可能です
  • PCはクローンディスクから問題なく起動し、Windowsのオペレーティングシステムを再インストールする必要がありません
  • 故障したハードディスクドライブのディスクイメージを新しい健全なハードディスクドライブに簡単に作成できます

このツールを使用すれば、データを失うことなくCドライブをSSDに交換することができ、Windowsのオペレーティングシステムを再インストールする必要もありません。

ステップ1.EaseUS Disk CopyをPCにダウンロードし、実行します。「ディスクモード」をクリックし、ソースディスクを選択します。「次へ]をクリックして続行します。

ソースディスクを選択

注:ソースディスクをセクタ単位でクローンする場合、ターゲットディスクは少なくともソースディスクと同じサイズかそれ以上のサイズである必要があります。

ステップ2. ターゲットディスクを選択します。ターゲットディスクがSSDの場合、チェックを入れます。さらに、ディスクの自動調整なども選択できます。

ターゲットディスクを選択

ステップ3. クローンすると、ターゲットディスクのデータが消去されますので、ご注意ください。そして「続ける」をクリックして、クローン作業を開始します。

クローン開始

よくある質問

1.Cドライブをより大きなものに交換できますか?

はい、Cドライブをより大きなものに交換することは可能です。具体的には、現在のCドライブの容量が不足している場合、より大容量のハードディスクドライブやSSDと交換することで、データの保存やプログラムのインストールなどに余裕ができます。ただし、ドライブの交換は専門的な知識が必要な作業なので、不安な場合はプロフェッショナルなサポートを受けることをお勧めします。

2.OSをCドライブからSSDに移すには?

OSをCドライブからSSDに移すには、主に以下の手順を守ることが必要です:

  • バックアップ:まずは、重要なデータのバックアップを取っておきましょう。万が一のデータ消失を防ぐためです。
  • SSDの準備:新しいSSDをコンピュータに接続します。もしデスクトップPCであれば、SATAケーブルで直接接続できます。ノートPCの場合は、USB-SATAアダプターが必要になることもあります。
  • クローニングソフトウェアの使用:次に、EaseUS Disk Copyのようなクローニングソフトウェアを使用して、Cドライブのデータを新しいSSDにコピーします。ソフトウェアによっては、OSのみを選択してクローンすることも可能です。
  • BIOSの設定:クローニングが完了したら、PCのBIOSを開き、ブート順序を新しいSSDに設定します。これにより、次回PCを起動したときに新しいSSDからOSが読み込まれます。
  • テスト:最後に、PCを再起動して新しいSSDからOSが正しく起動するか確認します。

以上の手順を踏むことで、OSをCドライブからSSDに移行できます。ただし、この作業は専門的な知識を必要とするため、自信がない場合はプロに依頼することをお勧めします。

EaseUS Disk Copyの詳細はこちら>>