> How to Use > ディスクコピー > 「Linux」ハードディスクを完全にクーロンする方法

「Linux」ハードディスクを完全にクーロンする方法

2019年06月24日に更新

筆者: Tioka

ディスクコピー
概要:
EaseUS Disk Copyは、Windows環境に基づいて開発されたソフトにもかかわらず、Linuxにも対応しています。この記事では、Linux環境でハードディスクを完全にクローンする方法を書いてきます。

Linuxでハードディスクを完全にクローニングするには

現時点で使用しているディスクの容量がやや小さいですので、もっとデータを保存するため、容量が大きいディスクにアップグレードしたいと思います。古いディスクのデータをも完全に新しいディスクに移行したいと思います。それでは、Linuxでどうすればハードディスクをデータ損失なく完璧に新しいディスクにクローンしますか。

EaseUS Disk Copy:Linux環境でのディスククローンに完璧に対応

Linuxのディスククローンといえば、ここでLinuxと互換性のあるクローンソフトEaseUS Disk Copyがおススメです。このソフトは直接にLinuxで動作できませんが、2つの対策を提供しています。

1.このソフトはLinux環境の起動ディスクを作成することができるので、起動ディスクを作成してそこからパソコンを起動すると、クローニングを実行します。

2.Linuxのハードディスクを取り外して、Windowsのパソコンに接続してクローンを続けます。

 

EaseUS Disk Copy

Linuxハードディスククローンソフト!

 

今すぐ購入

¥2,390

 

Linux環境でのディスククローンを実行する詳細なステップ

下記のダウンロードボタンをクリックしてソフトをパソコンにインストールしてみましょう。それから、下記のチュートリアルに従えばLinuxのディスククローンが実行できます。

Step 1.画面の右上にあるブータブルディスクを作成をクリックしてください。 

ディスクコピーでブータブルディスクを作成

Step 2.USBを選択した上、USBデバイスを指定して「作成」をクリックしてください。(USBデバイスをパソコンに挿入する必要があります。

USBを選択してブータブルディスクを作成

注:ブータブルディスクの作成プロセスは、USBデバイスに保存しているデータを全て消去しますので、大事なデータをあらかじめバックアップを取ってください。

それから、作成したブータブルディスクを起動できないパソコンに差し込んで、パソコンを再起動してください。BIOS設定を変更して起動ディスクからPCを起動してください。

Step 3.起動できたら、ソフトの画面が自動的に表示されますので、その画面で「ディスクモード」を選択してください。それから、ソースディスクを指定して「次へ」をクリックします。

ディスクモードを選択

注:セクターレベルのクーロンを望むなら、「セクターバイセクター方式コピー」をチェックしてください。

Step 4. ターゲットディスクを選択した上、「次へ」をクリックします。ターゲット上のデータが全て消去されますという警告メッセージが表示されます。ターゲットディスクに大事なデータがない場合、「OK」をクリックして継続します。

ソースディスクを選択

Step 5. ディスクのレイアウトを編集して「実行」をクリックすることで継続します。そこでプロセスが終わったら、ディスクのクローンが正確に実行されます。

クローンプロセスを実行

注:①ターゲットディスクがSSDの場合、SSDの最適化をチェックしてください。
②ソースディスクがシステムディスクの場合、ソースディスクを取り外してからクーロンディスクから起動することがおすすめです。

上記のステップによってLinux環境でのディスククローンを簡単に実行できます。