> How to Use > ディスクコピー > 「Linux」ハードディスクを完全にクローンする方法

「Linux」ハードディスクを完全にクローンする方法

EaseUSの筆者のプロフィール写真

Tioka | カテゴリ: ディスクコピー | 2021年03月25日に更新

概要:

EaseUS Disk Copyは、Windows環境に基づいて開発されたソフトにもかかわらず、Linuxにも対応しています。この記事では、Linux環境でハードディスクを完全にクローンする方法を書いてきます。

 

Linuxでハードディスクのクローンについて

「現時点で使用しているディスクの容量がやや小さいですので、もっとデータを保存するため、容量が大きいディスクにアップグレードしたいと思います。古いディスクのデータをも完全に新しいディスクに移行したいと思います。それでは、Linuxでどうやってハードディスクをデータ損失なく完璧に新しいディスクにクローンすればいいですか。」

Linuxでディスクをクローンすることは、非常に複雑な作業だと思っていますが、この作業を簡略化&直観化にすることができます。本文では、非常に使いやすいクローンツールを使って、Linuxのハードディスクをクローンする方法を皆さんに紹介します。

EaseUS Disk Copy:Linux環境でのディスククローンに対応

Linuxのディスククローンといえば、ここでLinuxと互換性のあるクローンソフトEaseUS Disk Copyがおススメです。このソフトは直接にLinuxで動作できませんが、2つの対策を提供しています。

1.このソフトはLinux環境の起動ディスクを作成することができるので、起動ディスクを作成してそこからパソコンを起動すると、クローニングを実行します。

2.Linuxのハードディスクを取り外して、Windowsのパソコンに接続してクローンを続けます。

 

EaseUS Disk Copy

Linuxハードディスククローンソフト!

 

今すぐ購入

¥2,390

 

Linux環境でのディスククローンを実行する詳細なステップ

下記のダウンロードボタンをクリックしてソフトをパソコンにインストールしてみましょう。それから、下記のチュートリアルに従えばLinuxのディスククローンが実行できます。

手順1.Linuxでクローンを実行するため、起動ディスクを作成する

Step 1.画面の右上にあるブータブルディスクを作成をクリックしてください。 

ディスクコピーでブータブルディスクを作成

Step 2.USBを選択した上、USBデバイスを指定して「作成」をクリックしてください。(USBデバイスをパソコンに挿入する必要があります。

USBを選択してブータブルディスクを作成

注:ブータブルディスクの作成プロセスは、USBデバイスに保存しているデータを全て消去しますので、大事なデータをあらかじめバックアップを取ってください。

それから、パソコンを作成したブータブルディスクパソコンから再起動してください

手順2.Linuxのディスククローンを実行する

作成した起動ディスクからパソコンを起動したら、クローンの画面が自動的に表示されます。

Step 3.この画面で「ディスクモード」を選択してください。それから、ソースディスクを指定して「次へ」をクリックします。

ディスクモードを選択

ご注意:Linuxのディスクをクローンする場合、ファイルシステムの整合性/ディスクの正確動作を確保するために、必ず「セクターバイセクター方式コピー」をチェックしてください。

Step 4. ターゲットディスクを選択した上、「次へ」をクリックします。ターゲット上のデータが全て消去されますという警告メッセージが表示されます。ターゲットディスクに大事なデータがない場合、「OK」をクリックして継続します。

ソースディスクを選択

Step 5. ディスクのレイアウトを編集して「実行」をクリックすることで継続します。そこでプロセスが終わったら、ディスクのクローンが正確に実行されます。

クローンプロセスを実行

注:①ターゲットディスクがSSDの場合、SSDの最適化をチェックしてください。
②ソースディスクがシステムディスクの場合、ソースディスクを取り外してからクローンディスクから起動することがおすすめです。

上記のステップによってLinux環境でのディスククローンを簡単に実行できます。 

Linuxの「dd」コマンドでハードディスクをクローンする

Linuxでの「dd」コマンドとは?

「dd」は、Unixのようなオペレーティングシステム向けのコマンドラインユーティリティです。ファイルの変換とコピーを主な目的としています。Unixでは、ハードウェア用のデバイスドライバ(ハードディスクドライブなど)と特別なデバイスファイル( / dev / zeroや/ dev / randomなど)は、通常のファイルと同じようにファイルシステムに表示されます。全てのddコマンドの概念を理解し、プロセス全体を明確に理解している限り、 Linux OSとプログラムを使用して20ステップ程度でドライブを別のドライブに移行することができます。

「dd」コマンドを使ってLinuxのハードディスクをクローニング

# init 0
ok boot
# dd if=/dev/rdsk/c0t0d0s2 of=/dev/rdsk/c0t2d0s2 bs=128k
# fsck /dev/rdsk/c0t2d0s2
# mount /dev/dsk/c0t2d0s2 /mnt 
# cd /mnt/etc
# vi vfstab
(Modify entries for the new disk)
# cd /
# umount /mnt
# init 0
# boot disk2 -s
# sys-unconfig
# boot disk2

上記のコマンドを使ったら、Linuxでハードディスクをクローンすることができます。しかしながら、パソコン業者にとって、上記のコマンドラインの意味を完全に理解しており、簡単に行うことができますが、我々のような一般ユーザーにとって、各コマンドラインの意味を理解できないので、なかなか作業を前に進めません。だから、一般ユーザーなら、やはり前に紹介したDisk Copyを使うことがおススメです。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>