> How to Use > ディスクコピー > [2022ガイド]データを失うことなく、HDDをSSDにクローン

[2022ガイド]データを失うことなく、HDDをSSDにクローン

EaseUSの筆者のプロフィール写真

Harumoe | カテゴリ: ディスクコピー | 2022年06月23日に更新

概要:

HDDをSSDに変換することは、動作が遅くなるPCまたはラップトップを高速化する最良の方法の1つだと思います。少し難しいように聞こえるかもしれませんが、実際にそんなに難しくではありません。本記事は、DellコンピュータのHDDをのSSDにすばやく複製する方法ご説明いたします。コンピュータやソフトウェアなどに精通しない人も、簡単に作成できます。

 

ユースケース:誰かが私を助けてくれますか?最近、私のコンピューターの動作が非常に遅いので、HDDをSSDに複製することにしました。しかし、私のDell依然として動画が遅いので、クローンはそれほど成功しなかったようです。さらに悪いことに、HDDをSSDにクローンしたときに、一部のデータが消去されてしまいました。データを失うことなく、クローンを作成する方法を教えていただけませんか。

HDDをSSDにクローン

ユーザーフレンドリーなツールを使って、DellのHDDをSSDにクローン

ハードドライブをSSDにクローンすることは、決して簡単な作業ではありません。クローン作成プロセス中にさまざまな問題が発生する可能性があるため、Dell HDDをSSDにクローン作成する場合は、十分に注意する必要があります。しかし、あまり慌てないでください。 HDDのSSDへのクローン作成は、信頼性の高いディスククローン作成ツールをデバイスにインストールした場合に聞こえるほど複雑ではありません。

多数のディスククローン作成ツールからどれを選択するかわからない場合は、 EaseUS Disk Copyを試してみてください。このプロのソフトウェアは、ハードドライブやSSDのクローンを作成したり、より大容量のハードドライブにアップグレードしたりなどをサポートしています。

EaseUSディスクコピー

  • セクターレベルのクローン作成を提供し、不良セクターのあるハードドライブのクローン作成を支援する。
  • MBRからGPTへのクローン作成およびその逆のクローン作成をサポート。
  • ディスクレイアウトの調整をサポート。
  • Windows 11/10/8 / 8.1/7と互換性あり。

デルのHDDからSSDへのクローン手順

Easy DiskCopyによって、DellHDDをSSDに複製する場合は、次の手順に従います。

#1. SSDを接続します

HDDをSSDにクローンしたり、現在ハードドライブをより大きなものにアップグレードしたりする場合は、最初にSSDを接続する必要があります。このプロセスに関係するツールには、ドライバーとUSB-SATAアダプターが含まれます。

デスクトップPCの場合:HDDをSSDにクローンする前、ドライバーを使って、ホストシャーシを分解し、対応する場所にSSDをインストールします。

ホストシャーシを開いてSSDを見つける

ラップトップの場合:デスクトップコンピューターと比較して、通常、ラップトップの背面パネルを開くのはより困難です。そして、ラップトップでは、新しいハードドライブを受ける場所はありません。したがって、SSDをラップトップに接続するにはUSB-SATAアダプタを利用しなければいけません。

USBアダプターでラップトップとSSDを接続する

#2.ターゲットSSDを初期化します

多くの人は、ハードドライバーのクローンを作成する前にSSDをフォーマットする必要があるかどうか疑問に思うかもしれません。それは場合によって異なります。SSDがすでに使用されている場合は、プロセス中にすべてのデータが初期化されるため、SSDをフォーマットする必要はありません。新品のSSDを使用してHDDのクローンを作成している場合は、フォーマットする必要があります。

#3.EaseUSDiskCopyでDellHDDをSSDにクローンします

EaseUS Disk Copyを起動した後、ステップバイステップガイドに従ってハードドライブをSSDにクローンします。

事前通知:

  • 「セクターバイセクター方式コピー」では、ターゲットディスクのサイズが少なくともソースディスクより大きいであるかどうかを確認します。大きなハードディスクを小さなハードディスクに複製する場合は、この機能をオフのままにします。
  • ターゲットディスク上のすべてのデータが完全に消去されるので、注意してください。

ステップ1.[ディスクモード]でこのディスクをソースディスクとして選択し、[次へ]をクリックします。

ディスクコピーとクローン-1

ステップ2.ターゲットディスクを選択した上、「次へ」をクリックします。ターゲット上のデータが全て消去されますという警告メッセージが表示されます。ターゲットディスクに大事なデータがない場合、「OK」をクリックして継続します。

ディスクコピーとクローン-2

:ターゲットディスクは少なくともソースディスクと同じ又はそれ以上の容量であるかを確認してください。

ステップ3.2つのディスクのディスクレイアウトを確認します。[ディスクの自動調整][ソースとしてコピー]、または[ディスクレイアウトの編集]を選択すると、ターゲットディスクのディスクレイアウトを管理できます。 

ディスクコピーとクローン-3

  • 「ディスクの自動調整」では、デフォルトで宛先ディスクレイアウトにいくつかの変更が加えられ、最適な状態で動作できるようになります。
  • 「ソースとしてコピー」はターゲットディスク上で何も変更せず、レイアウトはソースディスクと同じです。
  • 「ディスクレイアウトの編集」を使用すると、このターゲットディスクのパーティションレイアウトを手動でサイズ変更/移動できます。

ターゲットディスクがSSDの場合、SSDの最適化をチェックしてください。

ステップ4.コピーのプロセスが始まります。しばらく待つと、そのプロセスが完了することができます。

ディスクコピーとクローン-4

#4.新しいSSDを起動可能にします

ハードディスクの起動優先度を変更することは、ハードドライブのクローンを作成する最後のステップです。これにより、SSDをプライマリドライブとして機能させ、Windowsやその他のプログラムをSSDから直接ロードできます。

手順1.PCを再起動します>F2を押してBIOSに入ります>起動オプションを見つけます>最初の起動デバイスとして新しいSSDを選択します。

change-bios-boot-order

手順2.F10>Exitを押して設定を保存します。

追加ヒント:新しいSSDを最大限に活用する

新しいSSDを入手したので、今度はSSDを最大限に活用してください。これを行うのに役立ついくつかのヒントを次に示します。

1.オペレーティングシステムと重要なアプリケーションをSSDに保存します。これにより、可能な限り迅速にロードされるようになります。

2.SSDと互換性のあるデータバックアップソリューションを使用します。これを行うことにより、重要なファイルが常に安全であることを確認できます。

3.ソリッドステートドライブ最適化ツールを使用します。効率的なSSD最適化ツールを使用している場合、SSDは最高の状態に保たれ、時間の経過とともに高速に保たれます。

4.SSD用の最新のファームウェアがあることを確認します。これにより、コンピュータや他のデバイスとの互換性が維持されます。

SSDは、データを載せるストレージデバイスの一種です。ハードドライブに似ていますが、回転するディスクによってデータを載せる代わりに、移動しないフラッシュメモリを使っています。

SSDアップグレード

結論

これで、データを失うことなく、DellHDDをSSDに複製する方法がわかりました。上記の手順に従って、EaseUS Disk Copyを使って、手間をかけずにディスクのクローンを作成しましょう。 HDDをSSDに複製した後、上記のヒントに従って、新しいSSDを最大限に活用できます。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>