> How to Use > バックアップと復元 > 【Windows 11対応】SSDをより大容量のSSDにクローンする方法 - EaseUS

【Windows 11対応】SSDをより大容量のSSDにクローンする方法 - EaseUS

EaseUSの筆者のプロフィール写真

Yiko | カテゴリ: バックアップと復元 | 2022年03月04日に更新

概要:

Windows 11でより大きなSSDに移行したいですか?それなら、本記事のEaseUS Todo Backup を使って Windows 11 で SSD を大容量 SSD にクローンする簡単な方法を参考してみてください。

無料体験Windows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ
 

最近、リリースされたWindows 11は、最新のUIデザインをもって、高度なグラフィック機能が備えます。なので、多くのユーザーはWindows 11にアップデートしたいです。ただし、Windows 11正常に動作させるには最低でも64GBの空き容量が必要で、大きければ大きいほど、より効果的です。

つまり、Windows 11の機能に対応するために、古いSSDをアップグレードする必要があるかもしれないということです。このため、小さなSSDをWindows 11と互換性のあるより大きなSSDにクローンすることを検討する必要があります。

そうすれば、データを失うことなく、Windows 11を楽しむことができます。しかし、Windows 11内のSSDをより大きなSSDにクローンすることは複雑なプロセスであるかどうか疑問に思うかもしれませんが、心配する必要はありません。EaseUS Todo Backupのような便利で安全なソフトウェアがあるからです。では、早速、簡単なソフトウェアを使って、SSDを大容量SSDに簡単にクローンする方法を探ってみましょう。

無料体験Windows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ

Windows 11 で SSD を大容量 SSD にクローンする必要がある場合 

では、とういう場面で、Windows 11 で SSD を大容量 SSD にクローンする必要がありますか? SSD を大容量 SSD にクローンする必要がある場面は以下の通りに示しています。

  • PCやノートPCの動作が遅く、起動に時間がかかるとき
  • 古いパソコンがHDDディスクや小さいSSDで動作しているとき
  • システムドライブの容量がいっぱいになるとき
  • Windows 11でいかなるプログラムも再インストールしたくない時
  • Windows 11 をより大きな SSD に移行したいとき
  • より良いスピードとパフォーマンスが必要な場合
  • シームレスなマルチタスク体験が必要なとき
  • ノートパソコンのバッテリー駆動時間を延ばしたいとき
  • 耐久性と信頼性を重視する場合
  • 時間を節約したいとき

最適のSSDへのクローンソフト

最新のSSDまたは大容量のSSDを利用すれば、Windows11のパフォーマンスを向上させます。だから、多くのユーザーは今日より大きいSSDに変換したいです。SSDからSSDへのクローニングソフトを使うことは、データを失うことなくディスク全体をクローンするための最良の選択です。そして、この仕事には、EaseUS Todo Backupにお任せください。

このソフトは強力なデータ保護ソリューションを提供します。システムとデータを即座に復元できる強力な復旧機能を備えています。さらに、フルバックアップ、増分バックアップ、差分バックアップ、スケジュールバックアップなど、4つの素晴らしいバックアップモードが搭載されています。

無料体験Windows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ

SSDクローニングのために、EaseUS Todo Backupは以下のような多くの素晴らしいオプションがある。

  • 大容量のクローン作成が可能
  • HDDからHDD、HDDからSSD、SSDからHDD、SSDからSSDなど多様なクローンニーズに応える
  • 小さいSSDから大きいSSDへのクローン、大きいHDDから小さいSSDへのクローンも可能
  • 起動ドライブを作成可能

このツールはSSDやHDDのクローンだけでなく、システム、パーティション、ディスクのクローンも可能です。

EaseUS Todo Backupを使用してSSDを大容量SSDにクローンする方法

EaseUS Todo Backupの最大の特徴は、すべてのWindowsバージョンに対応し、以下のように数ステップでSSDのクローンを作成できることです。上のボタンからこのツールをダウンロードしてインストールし、次のガイドに従って、EaseUS Todo BackupでSSDのクローン作成がいかに簡単であるかをご覧ください。

1.EaseUS Todo Backupを実行して、右上にある「ツール」をクリックして「クローン」を選択します。

「クローン」を選択する

2.クローンしたいHDD(ソースディスク)を指定して、「次へ」をクリックします。

ソースディスクを指定する

3.クローン先のSSDを指定します。(クローン先がSSDなので、「高度オプション」をクリックして、「SSDに最適化」にもチェックを入れてく必要がある)最後に、「次へ」をクリックします。

クローン先ディスクをSSDに指定する

4.ここでディスク/パーティションのレイアウトの編集画面が表示されます。ここで「ディスクのレイアウトを編集します」をクリックすると、クローン先のSSDのレイアウトをクローンの前に調整することができます。レイアウトを調整すると、「実行」ボタンをクリックして、クローンのプロセスを開始します。

クローンときにディスクレイアウトを編集

まとめ 

この記事で紹介していたEaseUS Todo Backupを使えば、Windows 11でSSDを大容量SSDにクローンするのもそれほど難しくはない。たった数ステップでSSDのデータを丸ごとクローンすることができるのです。Windows 11ユーザーの皆さん、大容量SSDに移行する理由が何であれ、Todo Backupを使って、安全、迅速、かつ簡単にクローンを作成しましょう。

無料体験Windows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

EaseUS Todo Backup

PC中のデータのセキュリティのため、完全・自動的にバックアップを実行できるバックアップソフトでもあり、ハードディスク・OSを完璧にクローニングできる高度なクローンソフトでもあります。