> How to Use > データ復旧 > SATAハードドライブの徹底解説

SATAハードドライブの徹底解説

モンディー

モンディー |カテゴリ:データ復旧| 2022年04月19日に更新

主な内容:

概要:

SATAハードドライブとは何でしょうか?ディスク復元ソフトはどのように失われたファイルを回復するのでしょうか?EaseUSデータ復旧ソフトを利用すれば、失われたファイルと他の重要なデータを回復することができます。SATAハードドライブの詳細については、こちらをご覧ください。

EaseUS Data Recovery Wizard

SATAは、シリアル・アドバンスド・テクノロジー・アタッチメント(Serial Advanced Technology Attachment)の略語です。SATAドライブは現在利用可能なハードドライブの1つです。

SATAハードドライブとは

では、SATAドライブの機能、それを選択する理由、他のストレージデバイスとの比較など、SATAドライブの詳細について説明します。

SATAハードドライブとは

SATAは、ハードドライブとプロセッサ間でデータを転送するために使用される接続方式です。パーソナルコンピュータ、ノートPC、ワークステーションにおいて、これらのコンポーネントはシーケンシャルアクセスとして使用できます。Microsoftとソニーの両方のおかげで、SATAドライブは、PlayStation 3/4およびXbox 360/Oneに搭載されています。

SATAデバイスには、その用途に応じてさまざまなサイズがあります。SATAドライブにはデスクトップとラップトップの2種類があります。3.5インチハードディスクはデスクトップPCに用いられることが多いです。ラップトップSATAドライブのフォームファクタは、デスクトップSATAドライブよりも小さくなります。

ラップトップSATA HDDは通常、直径2.7インチ、高さ0.37インチ、長さ3.96インチです。2.5インチHDDのことを指すことが多いです。

SATA仕様規格のHDDの歴史

SATAドライブが導入される以前、最も好まれていたストレージ装置はパラレルATA/PATAインターフェイスのハードドライブでした。下記のデバイスは、1986年に最初に導入され、現在のSATAハードディスクよりもはるかに低速でした。

SATA 1.0:毎秒66〜133メガバイトでデータを書き込めるPATAドライブに対して、SATAドライブは毎秒600メガバイトを書き込むことができます。パフォーマンスが6倍に向上しました。

SATA 2.0:世界をリードするコンピューター企業の非営利団体であるシリアルATAワーキンググループ(Serial ATA Working Group)は、2000年にSATA最初の規格を発表しました。

SATA 3.0:SATA-IO(Serial ATA International Organization)によると、SATA技術のバリエーションが多く作成され、このシステムは、2000年と同じように2018年も引き続き使用できます。

SATA HDD VS. SSD

HDDとSATA対応のソリッドステートディスク(SSD)は、SATA対応のディスクの主な種類です。SATA SSDとHDDは、ほとんどの点で同様に機能します。

ただし、データの保存方法は大きく異なります。パフォーマンスの面からみれば、HDDのSATA転送速度は同じですが、SATA対応HDDはSSDよりも起動に少し時間がかかります。平均寿命もほぼ同じ3〜4年で、メンテナンスの問題に悩まされることがよくあります。

HDDと比較すると、SSDの寿命はせいぜい約10年です。起動時間でも読み取り/書き込み速度でも、HDDよりもはるかに速くなります。

一方、HDDはSSDより安くて、同じ容量のHDDの価格は約半分になります。

最高のSATA HDDデータ復旧ツール、5つ推奨!

バックアップがない場合でも、データ回復ソフトウェアがデータを取り戻すのに役立ちます。

1.EaseUS Data Recovery Wizard

対応OS:MacおよびWindows

実証済みのソリューションであるEaseUS Data Recovery Wizardは、複雑なデータ回復プロセスが簡素化されたので、一般のユーザーにも利用可能です。各メニュー項目の意味を理解するために長いハンドブックを読む必要はありません。

このプログラムでデータ回復プロセスを開始するには、スキャンするストレージデバイスの選択は最初のステップです。また、ごみ箱などの特定のフォルダを選択することもできます。それから、[スキャン]を選択し、EaseUS Data Recovery Wizardが失われたまたは削除されたデータを取り戻すのを待ちます。

長所

  • 誰にも利用可能
  • 削除されたファイルの並べ替えとフィルタ処理
  • 信頼性の高いデータ復元パフォーマンス

短所

  • 無料のデータ復元は2GBのみ
  • 回復可能かどうかを問わず、すべてのファイルがスキャンされる

SATAハードドライブから削除/失われたデータを回復するには:

EaseUSハードドライブ復旧ソフトをダウンロードして実行し、HDD上の失われたファイルを取り戻します。

ステップ1.ソフトを実行してください。最初画面で削除したファイルの元場所を選択して「スキャン」をクリックしてください。そうすると選んだディスクのスキャンを始めます。

削除したファイルを復元するステップ1-スキャン開始

ステップ2.スキャンが終了した後、画面の上部メニューで「フィルター」をクリックしてください。そして、展開されたリストで削除したファイルの種類を選択してください。検出されたファイルを全部確認することができます。

削除したファイルを復元するステップ2-ファイル検出

ステップ3.復元したいファイルを選択してから「リカバリー」をクリックしてください。選択されたファイルの保存場所を指定して復元を終わえます。ファイルの上書きを避けるため、復元されたファイルを元場所と異なるディスクで保存する必要があるので注意してください。

削除したファイルを復元するステップ3-ファイルの保存

2.Recuva

対応OS:Windows

Recuvaを使用すれば、コンピューターのHDD、メモリカード、FDD、iPod/MP3プレーヤー、およびUSBフラッシュドライブから、紛失または削除された写真、オーディオ、ファイルと映画を取得できます。

手頃な価格、シンプルなユーザーインターフェース、直感的な操作のためにRecuvaがよく使われていますが、テスト中に失われたデータの約3分の2しか正常に回復できなっかたことがあります。だから、安全のために、少なくともEaseUS製品の無料版の試しをお勧めします。

Recuva

当然、復元対象のファイルが見つかった場合は、他のソフトウェアが必要ありません。Stellar Phoenix Windows Data Recovery($ 79.99)は、技術者以外のユーザーに最適なオプションです。優れたパフォーマンスを持ちながら、ユーザーインターフェイスが直観的ではないオントラックのユーザーにも向いています。

長所

  • プレビュー画面
  • 見た目が美しく、清潔なユーザーインターフェース
  • 無料版

短所

  • あまりにも多くのファイルを回復できないかも
  • 遅れることがある
  • ユーザーフレンドリーではない

3.TestDisk

対応OS:Windows、Mac、およびLinux

重要なファイルを誤って消去してしまい、それを取り戻すことを切望している場合は、TestDiskを使用することはお勧めしません。オープンソースのデータ復旧ソフトウェアは、個々のファイルではなく、ファイルシステム全体とパーティションに焦点を当てているからです。

このツールを利用して、パーティションレイアウトの変更やブートセクタの修復などを通して、削除されたデータへのアクセスを復元できます。

TestDisk

TestDiskは、FAT、exFAT、NTFS、およびext2/3/4ファイルシステムからファイルを元に戻せますが、この機能は一般のユーザーがめったに使用しない高度なメニューに隠されています。さらに、リカバリ前にデータを表示できないため、単一ファイルの取得は難しいです。

長所

  • 無料でオープンソース
  • 幅広いオペレーティングシステム
  • 様々なファイルシステムの回復

短所

  • 破損したパーティションとファイルの修復
  • 直感的なグラフィカルユーザーインターフェイスがない

4.Stellar Data Recovery

対応OS:WindowsおよびMac

Stellar Data Recoveryは、完全に操作不能および起動不可能なシステムを処理できる、プロフェッショナル向けのデータ復元ツールです。

Stellar Data Recovery

ExFATとFAT(FAT16/FAT32)のファイルシステムをサポートします。また、USBフラッシュドライブ、メモリカード(SD、Micro SD、CF)などのストレージメディアにも適用されます。

長所

  • 便利なプレビュー機能
  • 使いやすい
  • 幅広いストレージデバイスのサポート

短所

  • スキャンとリカバリの速度が遅い
  • 価格が比較的に高い

5.R-Studio

対応OS:Windows、Mac、およびLinux

R-Studioは主に、データ復旧の知識を持っている専門家を対象としています。破損しているか、削除されたパーティションを処理できます。さまざまなタブで同時に多数のデータ回復タスクを開始できます。

R-Studio

取得したデータは、ファイル拡張子、作成時間、その他の特性で並べ替えることができます。組み込みの16進アナライザーを使用するには、ドキュメントの品質を検査するか、部分的な回復を実行できます。

長所

  • ディスクサニタイズ機能
  • 起動可能なISOイメージとして利用可能
  • データ回復の専門家向けの高度な機能

短所

  • いくつかのファイル形式のみをプレビュー
  • スキャン中に結果を表示しない
  • 技術者以外のユーザーには適していない

まとめ

紛失したデータを取り戻すには、プロのデータ復旧ツールの使用が必要になるわけではありません。Windowsの組み込み機能を使用してデータを回復できる場合もあります。多種多様な機能を備えているEaseUSデータ復旧ソフトの使用がこちらのお勧めです。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

この記事をどのように評価しますか?

  • Vectorプロレジ大賞
  • 第28回、30回、33回、
  • なんと3回も受賞した優秀なソフトウェア!
  • 誤って消去してしまったファイルをはじめ、様々な問題や状況でもデータを簡単に復元することができます。強力な復元エンジンで高い復元率を実現、他のソフトでは復元できないファイルも復元可能です。

    もっと見る
  • Easeus Data Recovery Wizard Freeの機能は強い。無料版が2GBの復元容量制限があるが、ほとんどのユーザーはほんの一部特定なデータ(間違って削除したフォルダとか)のみを復元したいので十分!

    もっと見る
  • ...このように、フリーソフトながら、高機能かつ確実なファイル・フォルダ復活ツールとして、EASEUS Data Recovery Wizardの利用価値が高い。

    もっと見る

無料で
紛失データを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。

データ復旧対策

 

タイムライン

お問い合わせ