> How to Use > データ復旧 > VMware仮想環境でデータを復元する方法

VMware仮想環境でデータを復元する方法

Bak | カテゴリ: データ復旧 | 2020年09月29日に更新

概要:

Windows 7/8/8.1/10、或いはWindows Serverを搭載しているVMware仮想環境で、間違って削除した、フォーマットしたファイルやパーティションを復元することが可能でしょうか?この記事では、簡単操作で信頼性の高い復元ソフトを利用して、仮想マシンでデータを迅速に復元できる方法を紹介します。

 

Windows 7/8/8.1/10、或いはWindows Serverを搭載しているVMware仮想環境で、間違って削除した、フォーマットしたファイルやパーティションを復元することが可能でしょうか?この記事では、簡単操作で信頼性の高い復元ソフトを利用して、仮想マシンでデータを迅速に復元できる方法を紹介します。

VMware仮想マシンを使用中に、操作ミスやディスク/システム障害が発生し、パーティション、或いは重要なデータが予期せずに消失してしまうことがよくあります。仮想環境のオペレーティングシステムに対応している高機能のデータ復元ソフトを使って、大切なドキュメント、メール、.EXEファイル、圧縮ファイル、更にパーティション全体、ハードディスク全体を簡単に復元することができます。

仮想マシン対応の強力な復元ソフト - EaseUS Data Recovery Wizard

EaseUS Data Recovery Wizardが高性能で使いやすいデータ復旧ツールです。VMware仮想環境(Windows 10/8.1/8/7/Vista/XP、Windows Server 2012/Server 2008/Windows Server 2003)でデータを復元することができます。また、削除したデータのほか、フォーマット、パーティション削除、システム障害など、あらゆる原因によって失われたすべてのファイル種類に対応しています。

EaseUS Data Recovery Wizardがウィザード型のUIで、データ復元の操作手順をステップバイステップで導いてくれます。下記の操作ガイドをご参照ください。

高機能データ復元ソフト- EaseUS Data Recovery Wizard

  • 3400+ファイル形式のデータを高確率で安全に取り戻せる
  • クイックスキャンとディープスキャンで復元率アップ
  • SDカードのほか、SSD、ゴミ箱、HDD(ハードドライブ)、USBフラッシュドライブなど、およそ全ての記憶メディアから削除したデータを復元可能!
  • 復元の前に、音声、ビデオ、画像、ワード、エクセルなどをプレビュー可能!
  • 対応OS: Windows 10/8/7/XP/Vista/Mac OS X 10.6~10.12(macOS Sierra)

 

EaseUS Data Recovery Wizardの使い方

「Kohaku ComputeR」様による製品解説と使用レビュー」

家族の思い出の写真、大学授業で提出予定の論文、会社会議で使う大量の資料など、重要なデータが消えてしまったら?心配ありません。大人気のEaseUS Data Recovery Wizardでどんなトラブルも一発解決しちゃいましょう。このソフトで何ができるのか、こちらのレビュー動画から確認してください。

ステップ1.仮装環境でこのデータ復元ソフトをダウンロードして起動してください。ディスク情報を読込んだ後の初期画面でスキャンを行うディスクを選択してください。次に、スキャンに入ります。

仮装環境データ復元1
ステップ2.スキャンが終わると、まず「削除されたファイル」から失ったデータをご確認ください。フィルターでデータ種類(画像/ドキュメント/ビデオ/オーディオ/メールなど)や他の条件を設定することで検索範囲を縮小可能です。

仮装環境 データ復元2
ステップ3.検出されたデータをご確認の上、チェックして「リカバリー」ボタンを押すと、指定場所に保存することができます。

仮装環境データ復元3
Tip:リカバリーした後のデータが開けなくなる場合、「復元候補」からもう一度復元してみてください。破損状態がひどく、ディレクトリ情報が失ったデータがここで見つけます。

仮想マシンでファイルを復元する方法を説明するビデオチュートリアル

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

この記事をどのように評価しますか?

 

無料で
紛失データを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。