> How to Use > データ復旧 > Microsoft SQL Server エラー233を修復する方法

Microsoft SQL Server エラー233を修復する方法

Tioka

Tioka

|カテゴリ:データ復旧| 2021年02月25日に更新

主な内容:

概要:

サーバーと接続する時に、ログイン中にエラー233(パイプの他端にプロセスがありません)が発生する可能性があります。MS SQL エラー233を修復するため、この記事では、手動修復方法及びMS SQL修復ツールによる自動修復方法を皆さんに紹介します。EaseUS MS SQL Recoveryはデータベースのエラーを修復するため、とても信頼性があるツールです。この記事を読み続けてエラーを修復しましょう。

EaseUS Data Recovery Wizard

Microsoft SQL Server エラー233について

エラー233が発生したら、パイプの他端にプロセスがありませんという問題があります。エラー233の完全なエラーメッセージは下記のようになります。

  • localhost\SQLEXPRESS に接続できません。
    ADDITIONAL INFORMATION:
    サーバーとの接続を正常に確立しましたが、ログイン中にエラーが発生しました。 (provider: Shared Memory Provider, error: 0 - パイプの他端にプロセスがありません。) (Microsoft SQL Server、エラー: 233)

sql-serverエラーコード233

対処法1.エラーコード233を手動で修復する

このエラーが発生する原因というと、一般的には2つあります。

①クライエントは名前付きパイプのみに接続していることを試して、サーバーで名前付きパイプのプロトコルがオフにされています。

②クライエントは利用可能なプロトコルに接続してみますが、クライエントのプロトコルの順で名前付きパイプがTCPの前にあります。

上記の2つ原因によりますと、下記の対処法に従ってエラー233をカンタンに修復できます。

1.クライエントは使用中の名前付きパイプに接続することを試して、それにサーバーが使用中の名前付きパイプによるリモート接続を許可すると配置されていない場合は、下記のステップに従ってください。

  • TCP/IPを使って接続するか、Server Configuration Managerを使って名前付きパイプによるリモート接続を許可します。

2.クライエントプロトコルは、TCPプロトコルを試す前に、名前付きパイプに接続することを試して、サーバーで名前付きパイプがオンにされていない場合は、下記のステップに従ってください。

  • クライエントのパソコンでSQL Server Configuration Managerを使って、プロトコルのリストで名前付きパイプをTCPの前に移動します。

対処法2.破損したMS SQLのデータベースを修復する方法

もしエラーが以前として存在する場合、データベースがは破損している可能性があります。もし、何等かの原因によってMS SQL Serverエラーコード233が発生する場合は、データベースを修復することはいつも役に立つ対処法だと思われています。 EaseUS MS SQL Recoveryは、信頼性がある専門のSQL修復ツールです。

ステップ1.MS SQL Server serviceを中止

Windows + Rを同時に押して、「ファイルを指定して実行」を開きます。
services.msc」を入力してエンターキーを押してサービスを開きます。
SQL Server」項目を見つけ、右クリックして「停止」をクリックします。

サービスウィンドウを開く

ステップ2.破損したデータベースファイルを選択します。

EaseUS MS SQL Recoveryを立ち上げ > 「..」ボタンまたは「検索」をクリックすることで破損のデータベースファイルを選択

データベースファイルを選択

ステップ3.破損したデータベースファイルを修復

データベースファイルを選択した後、「スキャン」をクリックしてデータベースを分析し、「修復」ボタンをクリックすることで修復プロセスを開始させます。

データベースファイルを修復

ステップ4.修復したデータベースファイルをプレビュー&保存

このソフトはすべての復元可能なアイテムを表示します。(アイテムは左のパネルで表示する)
復元したいアイテムを選択して、直接にデータベースにエクスポートするか、SQLスクリプトとしてエクスポートするかを選択して、「OK」ボタンをクリックします。

データベースファイルを保存

ご案内:復元してきたアイテムをMDF形式に保存することに失敗する場合 CSV、HTML、XLSファイルに保存してください。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

この記事をどのように評価しますか?

  • Vectorプロレジ大賞
  • 第28回、30回、33回、
  • なんと3回も受賞した優秀なソフトウェア!
  • 誤って消去してしまったファイルをはじめ、様々な問題や状況でもデータを簡単に復元することができます。強力な復元エンジンで高い復元率を実現、他のソフトでは復元できないファイルも復元可能です。

    もっと見る
  • Easeus Data Recovery Wizard Freeの機能は強い。無料版が2GBの復元容量制限があるが、ほとんどのユーザーはほんの一部特定なデータ(間違って削除したフォルダとか)のみを復元したいので十分!

    もっと見る
  • ...このように、フリーソフトながら、高機能かつ確実なファイル・フォルダ復活ツールとして、EASEUS Data Recovery Wizardの利用価値が高い。

    もっと見る

無料で
紛失データを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。

データ復旧対策

 

タイムライン

お問い合わせ