> How to Use > データ復旧 > Excelで#DIV/0エラーを適正する|2021最新ガイドはこちら!

Excelで#DIV/0エラーを適正する|2021最新ガイドはこちら!

Tioka

Tioka

|カテゴリ:データ復旧| 2021年09月28日に更新

主な内容:

概要:

Excelを使っている場合、#DIV/0エラーは一番良く見られているエラーです。それでは、この#DIV/0エラーをどうやって適正すればいいですか?本文では、このエラーを適正する最新ガイドを皆さんに紹介します。

EaseUS Data Recovery Wizard

「Excel 2007で#DIV/0エラーを解決するには、どうしたらいいですか?大量のデータを集計するため、ピボットテーブルを作成しようと思っていましたが、数値の代わりに#DIV/0が表示されてしまいました。このような場合、どうやって適正すればいいですか?」

本文では、Excelで#DIV/0エラーに関する基本情報を知ることができ、適切な対策を取得することもできます。また、最後の部分では、他のExcelの一般エラーを処理する対処法を習得することもできます。

#DIV/0エラーとは?発生する原因は?

数値を0で除算すると、#DIV/0が表示されます。例えば、下記の写真が示しているように、Excelで3/0、4/blankという数式を入力すると、その結果は#DIV/0になります。

div0 エラー

適正方法:

#DIV/0エラーを避けるには、一番簡単な対策は、「IFERROR」関数を使うことです。この関数を使うと、Excelは数式にエラーがあるかどうかを確認することができます。

例えば:元の数式は= A2/B2、「IFERROR」関数を使うと、数式は=IFERROR (A2/B2, 0)になります。

この数式にエラーがない場合は、正確な結果を返すことができますが、エラーがある場合は、#DIV/0の代わりに数値の0で返すようになります。

Excelで#DIV/0エラーを避ける方法

1.除数が0か空白のセルでないことを確認します。

2.数式で除数として参照されているセルに #N/A と入力します。これにより、数式の結果が #N/A に変更され、除数値に使用できないことが示されます。

3.数式のセル参照を、ゼロ (0) または空白値でない別のセルに変更します。

4.数値が正しいことを確認します。

上記の方法でこのエラーを適正しましたか?#DIV/0についてもっと詳しい情報を知りたい場合は、下記の内容を読み続けてください。

#DIV/0エラーに関する質問

1.計算フィールドの#DIV/0エラーを適正するにはどうしたらいいですか?

一番効率的な方法は、「IFERROR」関数を使うことです。例えば、「 =IFERROR(B1/C1,0)」を使うと、B1/C1の結果にエラーがある場合は、結果は0と表示されるようになります。

2.ピボットテーブルの#DIV/0エラーを適正する方法とは?

ステップ1.「分析」タブの下でピボットテーブルをクリックします。

ステップ2.「オプション」を選択することで、ピボットテーブルのウィンドウが表示されます。

ステップ3.「フォーマット」の部分の「エラー値の表示」をチェックして変更することができます。

ピボットテーブル

ステップ4.「OK」をクリックします。

ヒント:他の一般エラーを適正する(#N/A, #REF!, #NAME?)

1.#N/Aエラーの解決

VLOOKUP, HLOOKUPなどの関数を使って、ソースデータを見つけることができない場合は、#N/Aエラーが発生します。

N/A エラー

エラーの原因:

検索の値が不正確
検索の範囲が不正確
ソースデータに余分なスペース文字があり
検索の値が不一致

このエラーをIFERRORで適正

 #N/Aエラーが発生する場合、IFERRORという関数を使って、そのエラーを抑制することもできます。例えば、数式「 =IFERROR (VLOOKUP(C2, data, 2, 0), "Not found")」で、 #N/Aの代わりに、Not foundが表示されます。

2.#REF! エラーの適正

#REF! エラーは、データの参照エラーです。オリジナルデータのセルを削除すると、参照元がなくなるので、#REF! エラーが発生します。

ref エラー

このエラーを適正するには、 Ctrl + Zキーを同時に押して、操作を取り消して、エラーを適正することができるかもしれません。

3.#NAME?エラーの修復

一般的には、関数には認識できないテキストが含まれている場合は、このエラーが発生します。このエラーが発生すると、テキスト、または文法を適正する必要があります。ここで一番おススメの修復方法は、Formula Wizardを使うことです。

nameエラー

Formula Wizardで#NAME?エラーを修復する方法

ステップ1.「関数」タブで「関数を挿入」をクリックして、関数の挿入用のページが表示されます。

ステップ2.挿入したい関数を選択して、OKをクリックします。

ステップ3.ここでFunction Argumentsウィンドウが表示されます。ここでテキストを入力します。

formula wizard

まとめ

ここでExcelの#DIV/0エラー及び他のエラーを修復できる方法を皆さんに紹介しました。もちろん、これらのエラーを回避するために、値の形式と参照データの存在を再確認することをお勧めします。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

この記事をどのように評価しますか?

  • Vectorプロレジ大賞
  • 第28回、30回、33回、
  • なんと3回も受賞した優秀なソフトウェア!
  • 誤って消去してしまったファイルをはじめ、様々な問題や状況でもデータを簡単に復元することができます。強力な復元エンジンで高い復元率を実現、他のソフトでは復元できないファイルも復元可能です。

    もっと見る
  • Easeus Data Recovery Wizard Freeの機能は強い。無料版が2GBの復元容量制限があるが、ほとんどのユーザーはほんの一部特定なデータ(間違って削除したフォルダとか)のみを復元したいので十分!

    もっと見る
  • ...このように、フリーソフトながら、高機能かつ確実なファイル・フォルダ復活ツールとして、EASEUS Data Recovery Wizardの利用価値が高い。

    もっと見る

無料で
紛失データを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。

データ復旧対策

 

タイムライン

お問い合わせ