> How to Use > データ復旧 > Windows 10でFile explorerが開けない時の対処法

Windows 10でFile explorerが開けない時の対処法

EaseUSの筆者のプロフィール写真

Bak | カテゴリ: データ復旧 | 2021年04月02日に更新

概要:

この記事では、Windows 10でFile explorer(ファイルエクスプローラー)が開けない時の対処法を、皆さんに紹介します。

 

File explorer(ファイルエクスプローラー)が開けなくなった

「Windows 10がクリーンインストールされた新しいパソコンを買いました。しかし、タスクバーやスタートメニューからそれを実行しようとしても、ファイルエクスプローラーを開くことができません。全部のファイルのパスを覚えるわけにはいけないので、ファイルエクスプローラーの検索機能が必要です。何か対処法あるでしょうか?」

ファイルエクスプローラーはWindows内蔵のファイル検索ツールで、もし大事なファイルが、どこのディスク・フォルダに保存されているか忘れたら、ファイル名に心当たりがある場合は、ファイルエクスプローラーでファイルを見つけだすことが可能です。

しかし、かなり頻繁に利用する故に重要な役割を持つファイルエクスプローラーですが、時に開けなくなるリスクもあります。でも心配しないで、次はWindows 10でファイルエクスプローラーが開けない時の対処法を皆さんに紹介します。

Windows 10でFile explorer(ファイルエクスプローラー)が開かない原因

ファイルエクスプローラーが開かない問題を解決するために、エクスプローラーが開かない原因を確実に特定する必要があります。下記で主な原因をまとめています。

  •  エクスプローラーの不具合
  •  Windowsの検索サービスが起動していない
  •  コルタナの動作停止や不具合
  •  検索インデックスの破損
  • pcスペック不足
  •  Windowsの不具合やシステムファイルの破損

Windows 10でFile explorer(ファイルエクスプローラー)が開かない問題を解決

修復作業中の予想外のエラーによるデータ紛失を避けるため、大事なデータをバックアップしておくことを皆さんにお薦めします。

ここで、データ復元ソフトEaseUS Data Recovery Wizardを皆さんにお薦めします。データを事前に抽出して、安全に預けることができます。是非試してみてください。

高機能データ復元ソフト- EaseUS Data Recovery Wizard

  • 3400+ファイル形式のデータを高確率で安全に取り戻せる
  • クイックスキャンとディープスキャンで復元率アップ
  • SDカードのほか、SSD、ゴミ箱、HDD(ハードドライブ)、USBフラッシュドライブなど、およそ全ての記憶メディアから削除したデータを復元は可能!
  • 復元の前に、音声、ビデオ、画像、ワード、エクセルなどをプレビューが可能!
  • 対応OS: Windows 10/8/7/XP/Vista/Mac OS X 10.6~11.0(macOS Big Sur)

「うさぎゆう」様による初心者にもやさしい解説

EaseUS Data Recovery Wizardを使ったデータ復元方法を、初心者でもわかりやすく解説していただいているレビュー動画です。データ復旧する際の注意点もわかります。

ステップ1.まず、このデータ復旧ソフトを実行してください。ディスク情報を読込んだ後の初期画面でスキャンを行うディスクを選択してください。次に、スキャンに入ります。

データ復旧1

ステップ2.スキャンが終わると、「削除されたファイル」などから失ったデータをご確認ください。フィルターでデータ種類や他の条件を設定することで検索範囲を縮小可能です。

データ復旧2

ステップ3.検出されたデータをご確認の上、チェックして「リカバリー」ボタンを押すと、指定場所に保存することができます。

データ復旧3

ご注意:復旧できたデータが開けなくなる場合、「復元候補」からもう一度復旧してみてください。破損状態がひどく、ディレクトリ情報が失ったファイルがここで見つけます。

方法1:タスク管理でFile explorer(ファイルエクスプローラー)をリスタートする

1. Ctrl + Shift + Esc三つのキーを同時に押して、タスク管理を実行します。そして、「Windows Explorer」を見つけます。

2. 「Windows Explorer」を右クリックして、「タスクを終了」を選択します。

3. タスク管理画面の上の「ファイル」オプションをクリックして、「新タスクを実行」を選択します。

4. explorer.exeとタイプして、Enterを押します。

方法2:File explorer(ファイルエクスプローラー)の新しいパスを作成する

1. タスクバーでFile explorer(ファイルエクスプローラー)のアイコンを右クリックして、「Unpin from the taskbar」を選択します。

2. デスクトップを右クリックして「新しいショートカット」を選択します。

3. 作成ウィンドウでC:\Windows\explorer.exeとタイプして、「次へ」をクリックします。

4. ファイルをFile explorer(ファイルエクスプローラー)と再命名します。

5. 新しく作成されたショートカットを右クリックして、「Pin to taskbar」を選択します。

方法3:ファイルエクスプローラーの既定値に戻す

ファイルエクスプローラーが開けなったの原因の一つは、履歴が多かったです。履歴をクリアすると、この問題を改善できるかもしれません。

手順:検索ボックスに「コントロールパネル」を人力して、「エクスプローラーオプション」「全般」で一番したの「消去」をクリックし履歴をクリアできます。さらに、「既定値に戻す」をクリックしてokをクリックします

方法4:システムディスクチェックツールでスキャンを行う

手順:検索ボックスに「cmd」を人力し、「管理者として実行」「sfc /scannow」を入力し、Enterキーを押してスキャンを行います。

方法5:アップグレードの更新を確認する

手順;winアイコンをクリックして、「設定」「更新とセキュリティ」「今すぐインストール」をクリックします。

方法6:PCを再起動する

全ての保留中の更新を確認するために、PCを再起動する必要があります。それから、ファイルエクスプローラーをもう一度開きます。

方法7:ディスククリーンアップ

ディスクのスペースが足りないときに、エクスプローラー対応なしにつながるドライブルもよくあります。

手順:クリーンしたいディスクを右クリックして、「プロパティ」「全般」「ディスクのクリーンアップ」をクリックしてOKにします。

まとめ

この記事では、Windows 10でFile explorer(ファイルエクスプローラー)が開けない時の対処法を詳しく解説していました。データを早めに取り戻せれば、EaseUS Data Recovery Wizardという無料復元ソフトを試してみれば役にたちます。ご興味がある方、ぜひお試してみてください。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

この記事をどのように評価しますか?

 

無料で
紛失データを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。