> How to Use > データ復旧 > Windows 10でFile explorerが開けない時の対処法

Windows 10でFile explorerが開けない時の対処法

2017-03-20 Posted by Bak to データ復旧

概要:
file explorerでタスクバーからあるファイルやフォルダを開けたいですが、file explorerが表示されません。みなさんはそのような問題に遭ったことありますか?この記事では、Windows 10でFile explorerが開けない時の対処法を、皆さんに紹介します。

file explorerが開けなくなった

「Windows 10がクリーンインストールされた新しいパソコンを買いました。しかし、タスクバーやスタートメニューからそれを実行しようとしても、file explorerを開くことができません。全部のファイルのパスを覚えるわけにはいけないので、file explorerの検索機能が必要です。何か対処法あるでしょうか?」

File explorerはWindows内蔵のファイル検索ツールで、もし大事なファイルがどのディスクやフォルダに保存されているのを忘れたら、ファイル名に心当たりがある限り、File explorerでファイルを見つけだすことが可能です。

しかし、そんなに重要なfile explorerですが、時に開けなくなるリスクもあります。でも心配しないで、次はWindows 10でFile explorerが開けない時の対処法を皆さんに紹介します。

Windows 10でFile explorerが開けない問題を解決

修復作業中の予想外のエラーによるデータ紛失を避けるため、大事なデータをバックアップしておくことを皆さんにお薦めします。

ここで、データ復元ソフトEaseUS Data Recovery Wizardを皆さんにお薦めします。データを事前に抽出して、安全に預けることができます。是非試してみてください。

高機能データ復元ソフト- EaseUS Data Recovery Wizard

  • 3400+ファイル形式のデータを高確率で安全に取り戻せる
  • クイックスキャンとディープスキャンで復元率アップ
  • SDカードのほか、SSD、ゴミ箱、HDD(ハードドライブ)、USBフラッシュドライブなど、およそ全ての記憶メディアから削除したデータを復元は可能!
  • 復元の前に、音声、ビデオ、画像、ワード、エクセルなどをプレビューが可能!
  • 対応OS: Windows 10/8/7/XP/Vista/Mac OS X 10.6~10.12(macOS Sierra)

 

Step 1.ソフトを実行して、初めの画面でバックアップしたいディスクを選択して、「スキャン」をクリックします。

バックアップしたいディスクへのスキャンを始める

Step 2.ソフトが自動的に選択したディスクをスキャンし始めます。

スキャンが完了するまで待つ

Step 3.スキャンが完了したら、すべてのファイルがリストで表示されます。そのファイルの前にチェックを入れて、「リカバリー」をクリックしてパソコンに保存します。

ファイルをバックアップしておく

方法一:タスク管理でFile Explorerをリスタートする

1. Ctrl + Shift + Esc三つのキーを同時に押して、タスク管理を実行します。そして、「Windows Explorer」を見つける。
2. 「Windows Explorer」を右クリックして、「タスクを終了」を選択します。
3. タスク管理画面の上の「ファイル」オプションをクリックして、「新タスクを実行」を選択します。
4. explorer.exeとタイプして、Enterを押します。

方法二:File Explorerの新しいパスを作成する

1. タスクバーでFile Explorerのアイコンを右クリックして、「Unpin from the taskbar」を選択します。
2. デスクトップを右クリックして「新しいショートカット」を選択します。
3. 作成ウィンドウでC:\Windows\explorer.exeとタイプして、「次へ」をクリックします。
4. ファイルをFile Explorerと再命名します。
5. 新しく作成されたショートカットを右クリックして、「Pin to taskbar」を選択します。

EaseUSが選ばれる理由