> How to Use > データ復旧 > Windows PEからパソコンを起動して、データを救出する方法

Windows PEからパソコンを起動して、データを救出する方法

2019年11月07日に発表

筆者: Tioka

データ復旧
概要:
何度も電源を押してもパソコンが立ち上がらない、又はwindows ロゴ画面から進まないなどパソコンが正常に起動しない場合、どうやってデータを救出すればいいですか。このような場合、Windows PE(WinPE)から起動して、データを救出することが可能です。本文では、Windows PE起動ディスクを作成し、そこからパソコンを起動してデータを救出する方法を紹介します。

Windows PEとは

Windows PE(WinPE)、Windows Preinstallation Environmentの略語で、Windowsのプレインストール環境のことを指しています。つまり、Windowsをインストールするために、最低限の条件でパソコンを起動させる環境です。Windows PEディスクが欲しいユーザーは、自ら作成する必要があります。

Windows PE(WinPE)の用途

Windows PE環境から起動するには、Windows PE(WinPE)起動ディスク(WinPEブータブルディスク)が必要です。WinPEブータブルディスクからパソコンを起動すると、様々な機能が実現されます。

  • OSのインストール
  • データ復旧
  • データの消去
  • ハードウェア/ソフトウェアのトラブルシューティング
  • OS環境のカスタマイズ
  • ソフトウェアのデモ実行
  • パスワードが分からなくなった場合の管理目的の利用(Windowsのブートディスクではこれは不可能な場合があるが、Linuxのブートディスクや特別なブートディスクを使うと、内蔵ハードディスクにはWindowsしかインストールされていなくとも、この用途に使える場合がある)
  • 内蔵ハードディスク上のOSでブートすると自動的にコンピュータウイルスが動作してしまう場合の対処

パソコンが正常に起動しなくなると、一般ユーザーにとって一番重要なものはデータを救出することだと思います。だから、本文では、データ救出用のWindows PE(WinPE)起動ディスクを作成する方法を紹介します。それから、作成した起動ディスクを使って、Windows PE(WinPE)からパソコンを起動して、データをHDD・パソコンから救出する方法を紹介していきたいと思います。

データ復旧用のWindows PE起動ディスクを作成する方法

パソコンが正常に立ち上がらなくて、パソコン、又はパソコンのHDDからデータを救出する場合、データ復旧用のWindows PE起動ディスクを作成しましょう。

EaseUS Data Recovery Wizard Pro with Bootable Mediaという起動ディスク作成機能が搭載するデータ復旧ソフトのセットです。この製品でデータ復旧用のWindows PE起動ディスクを作成すれば、Windows PEから起動すると、全てのデータを救出することが可能です。

データ復旧用のWindows PE起動ディスクの作成に必要なもの

データ復旧用のWindows PE起動ディスクを作成するために、3つものを事前に用意していただく必要があります。

  • ①書き込み可能なUSB/CD/DVD
  • EaseUS Data Recovery Wizard Pro with Bootable Media
  • ③正常に動作可能なパソコン

上記ものを用意した上、下記のステップに従ってデータ救出用のWinPE起動ディスクを作成しましょう。

  無料体験Windows向け   無料体験Mac向け
復旧率97.3% 3ステップで復元可能

*重要↑ ↑ ↑:

  • ①本ページのダウンロードボタンから取得するソフトはデータ復旧ソフトの無料体験版です!正常動作可能なパソコンでデータ復旧可否を確認用のもので、復元すること及びWinPE起動ディスクを作成することに対応していませんので要注意!
  • ②EaseUS Data Recovery Wizard Pro with Bootable Mediaは無料版が提供されていないため、事前に購入する必要があります。ソフトがデータを救出できない場合は30日以内全額返金対応!

<<記事読者だけの割引 - 公式の割引価格より1,000円安くData Recovery Bootable Mediaをご購入>>

データ復旧用のWindows PE起動ディスクを作成する手順

ステップ1.WinPE 起動ディスクを作成する

事前に用意したUSB/CD/DVDをパソコンに入れて、ご購入後にダウンロードしたEXEファイルを実行して、ブータブルディスクを作成できるデバイスを選択します。「Create」ボタンをクリックして、完了します。

WinPE 起動デバイスを作成する

作成に失敗した場合、又は他のツールで焼きたい場合は、ISOイメージファイルをエクスポートすることも可能です。

ISOファイルをエクスポート

ステップ2.BIOSのブート順を変える(機種によって操作方法は異なります。)

先ほど作成したブートデバイスからロードするために、ブートキューの一番上にCDドライブまたはUSB-HDDを配置する必要があります。通常は、BIOSセットアップユーティリティで設定します。F2(デスクトップ用)、Del(ラップトップ用)キーなどを押すことでユーティリティをログインします。以下は、BIOSセットアップユーティリティの一例です。

BIOSのブート順を変える

BIOSのブートディスクの順を変えたら、パソコンはWinPE 起動ディスクから起動するようになります。パソコンがWinPEで起動すると、データ復旧ツールの操作画面が自動的に表示されます。下記の手順に従って、データ復旧ツールを使って、大事なデータを救出することが可能です。

Windows PEからパソコンを起動してデータを救出する方法

この部分では、わずかの3ステップだけでデータを救出する方法を皆さんに紹介します。ディレクトリ選択 → スキャン → 復元/救出といった簡単な3ステップです。下記はステップの詳細をご参照ください。

ステップ1.ブータブルディスクから起動できないパソコンを開けてから、EaseUS Data Recovery Wizardが出てきます。初期画面でスキャンを行うディスクを選んでください。それから、スキャン開始します。

起動できないパソコン データ復元1
ステップ2.スキャンが完了すると、左側に表示された「削除されたファイル」などからデータを確認してください。より速くデータを見つけるには、下記の方法をお試しください。

a.フィルター:データ種類や他の条件を設定することで検索範囲を縮小可能です。
b.検索ボックス:直接にデータ名を検索することが可能です。

起動できないパソコン データ復元2
ステップ3.確認できたデータをチェックして「リカバリー」をクリックすると、指定場所に保存できます。ここまでは復元操作が完了です。

起動できないパソコン データ復元3

  無料体験Windows向け   無料体験Mac向け
復旧率97.3% 3ステップで復元可能
 

無料で
紛失データを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。