> How to Use > バックアップと復元 > クローンソフトで簡単にRAID(ディスクアレイ)をクローンする方法

クローンソフトで簡単にRAID(ディスクアレイ)をクローンする方法

EaseUSの筆者のプロフィール写真

Bak | カテゴリ: バックアップと復元 | 2020年12月16日に更新

概要:

ディスクを交換するために、パソコンユーザ、特にWindows ServerユーザがRAIDアレイをクローンする必要があります。それはかなり時間がかかります。それで、今回はRAIDアレイをクローンする簡単かつ安全な方法を紹介します。

無料体験Windows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ
 

RAIDアレイをクローンする理由は?

「現在使用中のRAIDディスクの容量は小さいので、容量がもっと大きな1つに交換したいと思います。でもRAIDディスクの構造はとても複雑で、データ損失なく交換できる方法はありますか?教えてください!」

RAIDディスクをデータ損失なしで交換するために、パソコンユーザ、特にWindows ServerユーザはRAIDディスクアレイをクローンする方法を知っておく必要があると思います。

例えば、ハードウェアRAIDのパーティション領域が不足になる場合、より大きなハードディスクでハードウェアRAIDを再構築することにします。だから、大きなRAIDディスクアレイを新しく構築して、交換すると、以前のディスクからデータを引き継ぎする必要があります。このような時に、データの損失を防ぐには、RAIDディスクアレイ及びそのクローン方法について理解しなければなりません。

RAID(ディスクアレイ)とは

RAID(Redundant Arrays of Inexpensive Disks、または Redundant Arrays of Independent Disks、レイド)2台及びそれ以上のハードディスクを組み合わせることで仮想的な1台のハードディスクとして運用する技術です。複数台のハードディスクを組み合わせて、仮想的な1台のハードディスクにすると、ディスクの安全性を高めることもできますし、ハードディスクの性能(データの処理速度)も大幅に向上することができます。RAID(ディスクアレイ)の種類は様々ありますが、RAID 0、RAID 1、RAID 5はユーザーに一番広く利用されます。また、RAIDの種類によってそれぞれの特徴も随分違っています。

raid-0-raid-1-raid-5の特徴

RAID(ディスクアレイ)のクローンについて

上記のことから、RAID(ディスクアレイ)の構造は普通のディスクと全く違うので、RAIDディスクを換装したい場合、クローンする方法も随分違っています。だから、データの紛失、ハードディスクの不具合などを避けるため、非常に信頼性のある方法を選択する必要があります。ここで、EaseUS Todo Backupという信頼できるクローンソフトを皆さんに紹介します。このソフトは非常に有名的なクローンソフトとして、RAID(ディスクアレイ)のクローンにも完璧に対応できるので、もし容量がもっと大きなRAID(ディスクアレイ)に換装したい場合、このソフトを使って無事にクローンをやり遂げられると思います。

無料体験Windows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ

それで、今回はRAIDアレイをクローンする簡単かつ安全な方法を紹介します。

バックアップソフトEaseUS Todo BackupでRAIDアレイをクローン

EaseUS Todo Backupは、ファイルバイファイルまたはセクターバイセクターでRAIDアレイをクローンできるバックアップソフトです。RAIDクローンのみならず、EaseUS Todo Backupはすべてのファイルを含めたRAIDディスク全体を一つのイメージファイルでバックアップできます。それ以外、システムバックアップ、ディスクバックアップ、ファイルバックアップなど多彩な機能を持ち、直感的なインタフェース、設定しておけば自動的にバックアップタスクを行えるデザインですから、EaseUS Todo Backupなら素人のユーザーでも簡単に使いこなせます。以下はEaseUS Todo Backupを使って、RAIDアレイをクローンするチュートリアルです。

無料体験Windows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ

1. EaseUS Todo Backupを実行して、「クローン」をクリックします。

クローンを選択する

2. ソースディスクを選択します。RAIDアレイはWindowsとEaseUS Todo Backupに物理的HDDとして認識されます。

2.ソースディスクを選択する

3. ターゲットディスクを選択します。この前、大きなHDDで新しいRAIDアレイを構築しなければなりません。詳しい手順は、ディスククローンのガイドに従ってください。

3.ターゲットディスクを選択する

一般的に、すべてのソフトがWindows環境でRAIDアレイをサポートしていますが、ほとんどのソフトがブータブルディスクをサポートしていません。そのため、ブータブルディスクでリストアやクローンを実行する場合、これらのソフトは役に立ちません。EaseUS Todo BackupはWinPEブータブルディスクをサポートして、Windowsに入らなくてもRAIDアレイのバックアップとリカバリを簡単に実行できます。

無料体験Windows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

EaseUS Todo Backup

PC中のデータのセキュリティのため、完全・自動的にバックアップを実行できるバックアップソフトでもあり、ハードディスク・OSを完璧にクローニングできる高度なクローンソフトでもあります。