> How to Use > バックアップと復元 > クローンソフトで簡単にRAIDアレイをクローンする方法

クローンソフトで簡単にRAIDアレイをクローンする方法

2015-06-16 Posted by Bak to バックアップと復元

概要:
ディスクを交換するために、パソコンユーザ、特にWindows ServerユーザがRAIDアレイをクローンする必要があります。つまり、データを別の場所に移動し、ハードウェアRAIDを再構築してから、データをリカバリしなければなりません。それはかなり時間がかかります。それで、今回はRAIDアレイをクローンする簡単かつ安全な方法を紹介します。

RAIDアレイをクローンする理由は?

ディスクを交換するために、パソコンユーザ、特にWindows ServerユーザがRAIDアレイをクローンする必要があります。例えば、ハードウェアRAIDのパーティション領域が不足になる場合、一部のユーザがより大きなハードディスクでハードウェアRAIDを再構築することにします。つまり、データを別の場所に移動し、ハードウェアRAIDを再構築してから、データをリカバリしなければなりません。それはかなり時間がかかります。

それで、今回はRAIDアレイをクローンする簡単かつ安全な方法を紹介します。

バックアップソフトEaseUS Todo BackupでRAIDアレイをクローン

EaseUS Todo Backupは、ファイルバイファイルまたはセクターバイセクターでRAIDアレイをクローンできるバックアップソフトです。RAIDクローンのみならず、EaseUS Todo Backupはすべてのファイルを含めたRAIDディスク全体を一つのイメージファイルでバックアップできます。それ以外、システムバックアップ、ディスクバックアップ、ファイルバックアップなど多彩な機能を持ち、直感的なインタフェース、設定しておけば自動的にバックアップタスクを行えるデザインですから、EaseUS Todo Backupなら素人のユーザーでも簡単に使いこなせます。以下はEaseUS Todo Backupを使って、RAIDアレイをクローンするチュートリアルです。

1. EaseUS Todo Backupを実行して、「クローン」をクリックします。

2. ソースディスクを選択します。RAIDアレイはWindowsとEaseUS Todo Backupに物理的HDDとして認識されます。

2.ソースディスクを選択する

3. ターゲットディスクを選択します。この前、大きなHDDで新しいRAIDアレイを構築しなければなりません。詳しい手順は、ディスククローンのガイドに従ってください。

3.ターゲットディスクを選択する

一般的に、すべてのソフトがWindows環境でRAIDアレイをサポートしていますが、ほとんどのソフトがブータブルディスクをサポートしていません。そのため、ブータブルディスクでリストアやクローンを実行する場合、これらのソフトは役に立ちません。EaseUS Todo BackupはWinPEブータブルディスクをサポートして、Windowsに入らなくてもRAIDアレイのバックアップとリカバリを簡単に実行できます。

EaseUSが選ばれる理由