> How to Use > 記憶媒体復旧 > 【6対策】外付けハードドライブのパラメータが正しくない

【6対策】外付けハードドライブのパラメータが正しくない

WuYanG
更新者:WuYanG 2023/12/22
   

主な内容:

概要:

「パラメータが正しくありません」というエラーメッセージが表示され、外付けハードドライブ、USBドライブ、またはSDメモリカードにアクセスできませんか?この問題を解決し、EaseUSハードドライブ復元ソフトを使ってデータを復元する方法をご紹介します。

EaseUS Data Recovery Wizard

「パラメータが正しくありません」エラーとは?

Windows 10 Proにアップグレードした。その後、2つのドライブからロックアウトされました。1つは外付けドライブのG、もう1つはSCSIカードのLです。気づいたのは、起動するたびに、Gドライブでスキャンしてエラーを見つけ、それを修正する間待たなければならないということです。「パラメータが正しくありません」と表示されるだけです。- answers.microsoft.comより

「パラメータが正しくありません」は、デバイスを開いてデータにアクセスすることを妨げるエラーです。このエラーは通常、外付けハードドライブ、USBフラッシュドライブ、またはSDメモリーカードを攻撃し、次のようなメッセージを表示します:「場所が利用できません。D:\にアクセスできません。パラメータが正しくありません。」

外付けハードドライブまたはUSBドライブで「パラメータが正しくありません」エラー

このエラーの原因

理由 説明
💾ドライバーの問題 ドライバは、コンピュータに接続されたハードウェアとWindowsシステム間の通信を処理します。ドライバが古い、破損している、または見つからない場合、「パラメータが正しくありません」という問題が発生することがあります。
📁 ファイルシステムの破損 ファイルシステムは、ハードドライブに保存されたデータを管理します。これが破損している場合、場所が利用できない状態でドライブにアクセスできず、パラメータが不正なエラーになります。
📃Windows システムファイルの損傷 Windowsのシステム・ファイルが破損していると、コンピュータとドライブ間の通信が途絶え、この問題が発生することがあります。
❌不良セクター 不良セクタが現れると、そのセクタに含まれるデータへのアクセスや読み出しができなくなります。
😈ウイルス感染 ウイルスはディスクのファイルシステム、システムファイル、ハードドライバにダメージを与えます。特定のウイルスに感染した場合、「パラメータが正しくありません」というエラーが発生することがあります。
🔅電源障害 突然の停電は、Windowsシステムだけでなく、ディスクのファイルシステムにもダメージを与え、データに正しくアクセスできなくなる可能性があります。

以下のセクションに従えば、アクセスできないデバイスから完全なデータを取り出せます。また、ハードドライブ、外付けハードドライブ、USB、SDなどからエラーを取り除くこともできます。

「パラメータが正しくありません」エラーのハードディスクからデータを復元する

「パラメータが正しくありません」エラーの修正方法によっては、ハードドライブのフォーマットやCHKDSKツールの実行など、ストレージデバイスのデータ損失を引き起こす可能性があることにご注意ください。データを保護するために、まず専門的なデータ復元ソフトウェアを使ってハードドライブまたは外付けストレージデバイスからファイルを復元してください。

EaseUS Data Recovery Wizardは、問題のあるハードドライブ上のすべてにアクセスし、データを復元します。その高度なスキャン機能は、HDD、SSD、外付けハードドライブ、USBフラッシュドライブ、SDカードなどのすべてのファイルを徹底的にスキャンして復元します。

このデータ復元ソフトウェアを使用すると、空になったゴミ箱、フォーマットまたは破損したハードドライブ、失われたパーティション、RAWドライブ、その他から削除されたファイルを取り戻すことができます。無料でダウンロードし、以下のガイドに従ってアクセスできないハード ドライブからデータを復元します。

ビデオチュートリアル

ステップ・バイ・ステップ・ガイド

ステップ1.ソフトを実行してください。最初画面で復元したいファイルの元場所(例えC:)を選択して「スキャン」をクリックしてください。そうすると選んだディスクのスキャンを始めます。

ファイルを復元するステップ1-スキャン開始

ステップ2.スキャンが終わったら、画面の上部メニューで「フィルター」あるいは「種類」をクリックしてください。そして、展開されたリストでファイルのフィルターまたは種類を選択してください。検出されたファイルを全部確認することができます。

ファイルを復元するステップ2-ファイル検出

ステップ3.復元したいファイルを選択してから「復元」をクリックしてください。選択されたファイルの保存場所を指定して復元を終わえます。ファイルの上書きを避けるため、復元されたファイルを元場所と異なるディスクで保存しなければなりませんので注意してください。

ファイルを復元するステップ3-ファイルの保存

Windowsで「パラメータが正しくありません」を修正する 。

適用対象:「パラメータが正しくありません」エラーを取り除き、ドライブにアクセスできないようにし、再び動作するようにします。

デバイスからデータを復元した後、この部分の修正に従ってエラーを取り除き、USBドライブ、外付けハードドライブ、またはメモリカードを再利用できるように修復してください。

「パラメータが正しくありません」エラーを解消する6つの方法:

方法 編集部レビュー リスクレベル
🛠️ハードディスク修理サービスへ 自分でこの問題を解決するのは不可能だと思うなら、便利な方法です。プロに修理を任せるのが常に正しい選択です。 低い
👩‍💻SFCを実行して破損したファイルシステムを修復する コマンドプロンプトでSFC scannowコマンドラインを実行することにより、破損したシステムファイルを修復することができます。コマンドラインに慣れていない場合は、CMDを慎重に使用してください。 ミディアム
⚙️小数記号の設定変更 間違った設定がこの問題を引き起こしている可能性があるので、小数記号の設定を変更するだけでこの問題を解決できます。 低い
💾ファイルシステムのフォーマットとリセット ファイルシステムをフォーマットしてリセットする前に、重要なファイルをバックアップしておく必要があります。 高い
💿CHKDSK を実行してディスクエラー/不良セクタを修復する。 この問題を解決するのに役立つもうひとつのコマンドラインであり、コマンドラインに不慣れな場合はCMDを注意深く使用するよう注意してほしいです。 高い
✅ドライバーのアップデート ドライバを更新または再インストールすることで、パラメータが正しくない問題を簡単に解決できます。 低い

その修正方法は、前に記載されているほど効果的です。

対処法1.最高のハードドライブ修理サービスを利用する

難易度 簡単 リスクレベル 低い

「パラメータが正しくありません」エラーを修正する最も効果的な方法は、専門のハードドライブ修理サービスに依頼することです。EaseUS Data Recovery Servicesは、データ復元およびハードドライブ修復サービスを提供しています。EaseUS Data Recovery Servicesは、破損、損傷、故障したハードドライブ、USB、SSD、NASドライブを簡単に修復することができます。「パラメータが正しくありません」エラーを修復するには、専門家にご相談ください。

EaseUSのデータ復旧専門家にご相談ください。無料診断後、以下のサービスを提供いたします。

  • 破損したRAID構造、起動不能なWindows OS、破損した仮想ディスクファイルの修復
  • 失われたパーティションと再パーティションされたドライブの復元/修復
  • ハードドライブのフォーマット解除とRAWドライブ(Bitlocker暗号化ドライブ)の修復
  • GPTで保護されたパーティションになるディスクを修正

修正2.SFCコマンドを実行して破損したシステムファイルを修復

難易度 ミディアム リスクレベル:中。誤操作が重大な問題を引き起こす可能性があります。

「パラメータが正しくない」エラーは、ほとんどの場合、コンピュータシステム内で発生し、システムファイルが見つからないか、破損しています。

システムファイルチェッカー(SFC)と呼ばれるWindowsユーティリティを使用して、破損したシステムファイルをスキャンすることができます。このツールは自動的にファイルを見つけ、修正してくれます。

ステップ1.手順2と同様にWindowsコマンドプロンプトを開きます。

ステップ2.今度は黒いウィンドウに SFC /scannow と入力し、Enterを押します。

FSC を実行し、パラメータが正しくないエラーの原因となる破損したファイルシステムを修正する。

ステップ3.スキャンプロセスが完了したら、コマンドプロンプトを終了。

この後、PCを再起動してデバイスを再接続し、問題が解決したかどうかを確認します。

修正3.小数点記号の設定の変更(win10)

難易度 簡単 リスクレベル:低い

小数点記号が"."に設定されていない場合、コンピュータ上で「デバイスパラメータが正しくありません」という問題が発生する可能性があります。ここでは、設定を変更してこの問題を解決する手順を説明します:

ステップ1.設定 > 時間と言語 > 地域と言語.

ステップ2.「日付、時刻、地域設定の追加」をクリックします。

ステップ3.「地域」セクションで、「日付、時刻、数値のフォーマットを変更する」をクリックします。

ステップ4.「追加設定」をクリックし、「小数点記号」に.を入力し、「OK 」を2回クリックします。

小数点記号の設定を変更する

この後、PCを再起動し、コンピュータ上のハードドライブ、外付けハードドライブ、USBなどにアクセスしてみてください。

修正4.内蔵/外付けハードドライブまたはUSBをフォーマットしてファイルシステムをリセットする

難易度 簡単 リスクレベル:高。フォーマットするとデータが失われます。最初にデータを復元することを忘れないでください。

「パラメータが正しくありません」エラーを修正する最も効果的な方法は、Windowsではクイックフォーマットとも呼ばれるハイレベルフォーマットを実行することである。これによりターゲットデバイスのファイルシステムがリセットされ、再びアクセスできるようになります。

ステップ1.アクセスできないディスクをPCに接続します。

ステップ2.ファイルエクスプローラを開き、アクセスできないデバイスを右クリックし、「フォーマット」を選択します。

ステップ3.ファイルシステムをリセットする - NTFS(内蔵ハードドライブ用)、FAT32(USB、32GB未満の外付けハードドライブ用)。

ステップ4.そして「開始」をクリックすれば、フォーマットはすぐに完了します。

フォーマット

この操作により、ボリュームに新しいファイルシステムが作成され、そのボリューム上の可能性のあるすべてのエラーや破損が修復されます。

修正5.CHKDSKを実行してディスクエラー/不良セクタを修復する

難易度 ミディアム リスクレベル: 高。CHKDSK コマンドは深刻なファイル損失を引き起こす可能性があります。まずデータを復元してください。

CHKDSKコマンドは、外付けハードドライブまたはUSBディスク上のファイルシステムの破損、エラー、破損、不良セクタをチェックし、修復することができます。

CHKDSKコマンドは、デバイスのエラーを修正しながら、すべてのデータを消去することに注意してください。そのため、信頼できるデータ復元ソフトウェアを使用して、問題のあるデバイスからすべてのデータを復元することを確認してください。

ステップ1.外付けハードドライブ、USBドライブ、またはメモリカードをPCに接続します。

ステップ2.コマンドプロンプトを開きます。

  • Windows 7の場合:検索ボックスに「cmd」と入力し、Enterキーを押す。次に、プログラムの一覧から「cmd.exe」をクリックする。
  • Windows 10/8の場合:検索ボックスに「cmd」と入力し、コマンドプロンプトを右クリックし、「管理者として実行」を選択する。

ステップ3.  chkdsk F: /f /x /r と入力し、Enterキーを押します。

(Fを外付けハードドライブまたはUSBデバイスのドライブ文字に置き換えてください。)

CHKDSK を実行してパラメータが正しくないエラーを修正する

完了したら、コマンドプロンプトを終了し、ストレージドライブをコンピュータに再接続します。エラーが消えないか確認してください。

修正6.ディスクドライバの更新

難易度 簡単 リスクレベル:低い

ディスク・ドライバは、コンピュータに接続されたハードウェア間の通信を処理します。ドライバが紛失、破損、または古くなっている場合、ハードドライブが表示されないなど、ハードドライブのパフォーマンスがおかしくなります。ドライバを更新または再インストールすることで、「パラメータが正しくありません」という問題を解決できます。

手順1.Windows + Xを押し、[デバイスマネージャー]を選択してWindowsデバイスマネージャーを開きます。

手順2. [ユニバーサルシリアルバスコントローラ]カテゴリを展開します。

手順3.USBデバイスを右クリックして、[ドライバーの更新]を選択します。

手順4. [ドライバーを自動的に検索]をクリックして、更新されたドライバソフトウェアを探します。Windowsは、Windows10コンピューター上の最新のUSBドライバーを自動的に検索してダウンロードします。

usbのドライバーを更新する

「パラメータが正しくありません」エラーを修正するボーナス・ヒント

前述の修正に加えて、以下のヒントを試して、ドライブを使用可能にし、アクセスできるようにすることができます:

  • アンチウイルスソフトの実行
  • クリーンブートの実行
  • PCをセーフモードで起動

パラメータが正しくありません」エラーからドライブを守る方法

パート1とパート2で説明した方法を実行すれば、ストレージ・デバイスやデータに問題なくアクセスできるようになるはずです。

しかし、これで終わりではありません。ハードディスクや外付けハードディスク、USBの「パラメータが正しくない」問題を防ぐために、いくつかの便利なヒントを学ぶことは意味があります。

このエラーからデータとデバイスを守るために、以下のヒントをお試しください:

  • #1.重要なデータを定期的にバックアップ
  • #2.ウイルス対策ソフトを頻繁に実行
  • #3.外部機器の適切な抜き差し
  • #4.ディスクドライバのタイムリーな更新

まとめ

「パラメータが正しくありません」というエラーは、通常、ハードディスク・ドライブやリムーバブル・ストレージ・ドライブに目に見えない問題があり、データ・アクセスがブロックされていることを示唆しています。このようなエラーが発生する理由を考慮し、今すぐ明確に理解する必要があります。

データを失うことなくこの問題に対処するには、事前にEaseUS Data Recovery Wizardでデータ復元を行う必要があります。

すべての可能な修正の中で、フォーマットは、このエラーを削除し、デバイスを再びアクセスできるようにするための最も効率的な方法です。ハードドライブを直接フォーマットしてデータを失った場合は、EaseUSデータ復元ソフトウェアを使用して、できるだけ早くフォーマットされたハードドライブを復元してください。

パラメータが正しくありません よくある質問

1.パラメータエラーとはどういう意味ですか?

Parameterエラーは、ファイルをコピー、移動、削除しようとしたときによく見られる標準エラーです。このエラーは通常、変更しようとしているファイルが現在他のプログラムによって使用されているために発生します。

2.Windows 11でパラメータが正しくありません。

パラメータが正しくありません:

  • 修正1.FSCを実行
  • 修正2.10進数設定の変更
  • 修正3.デバイスのフォーマット
  • 修正4.CHKDSKを実行

3.エラー87 Parameter is incorrectを修正するには?

  • DISMコマンドラインを正しく使います
  • Windows Updateを元に戻し、コンポーネントストアを消去
  • SFC /SCANNOWツールを実行
  • CHKDSKツールを実行
  • システムの復元を実行

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

この記事をどのように評価しますか?

  • Vectorプロレジ大賞
  • 第28回、30回、33回、
  • なんと3回も受賞した優秀なソフトウェア!
  • 誤って消去してしまったファイルをはじめ、様々な問題や状況でもデータを簡単に復元することができます。強力な復元エンジンで高い復元率を実現、他のソフトでは復元できないファイルも復元可能です。

    もっと見る
  • Easeus Data Recovery Wizard Freeの機能は強い。無料版が2GBの復元容量制限があるが、ほとんどのユーザーはほんの一部特定なデータ(間違って削除したフォルダとか)のみを復元したいので十分!

    もっと見る
  • ...このように、フリーソフトながら、高機能かつ確実なファイル・フォルダ復活ツールとして、EASEUS Data Recovery Wizardの利用価値が高い。

    もっと見る

無料で
紛失データを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。

データ復旧対策

 

タイムライン

お問い合わせ