> How to Use > 記憶媒体復旧 > メモリカードエラーを修復する方法

メモリカードエラーを修復する方法

2014-08-13 Posted by Bak to 記憶媒体復旧

概要:
メモリカードのエラーを修復する前に、メモリカードのデータを保存するべきです。 破損したメモリカードはパソコンの「コンピュータ」にドライブレターとして表示さえできれば、EaseUS Data Recovery Wizard Free はそれにアクセスでき、その中のデータを保存できます。

メモリカードエラーを起こす原因

ウィルス感染から、メモリカードのデータ構造の破損で、メモリカードエラーを起こすいくつかの原因をまとめております。詳細をご覧ください。

  • メモリカードは正しくフォーマットされていません。
  • ファイルシステムは破損しました。あるいはファイルシステムの形式はRAWになりました。
  • 不完全なカードリーダー
  • ウィルスまたはマルウェアの感染
  • メモリカードのディスク構造の破損
  • カメラの電源を切らずに、メモリカードを取り外すことによる電力サージ
  • 書き込みプロセス中にカメラを閉じる

メモリカードのエラーを修復する前に、メモリカードのデータを保存

破損したメモリカードはパソコンの「コンピュータ」にドライブレターとして表示さえできれば、EaseUS Data Recovery Wizard Free はそれにアクセスでき、その中のデータを保存できます。デジタル装置の写真をコピーしたいなら、それをPCに接続し、「コンピュータ」に新しいドライブレターができたら、USBのデータが読み出せます。そうでなければ、USBカードリーダーを使わなければなりません。次は詳しいご案内です。

ステップ1.ソフトのインタフェースでメモリカードを選択した上、「スキャン」を実行します。

メモリカードデータ復元1

ステップ2.ソフトは先に削除されたファイルを検出してから、メモリカードを全体的にスキャンします。スキャン途中でデータのプレビューと検索ができます。

メモリカードデータ復元2

ステップ3.スキャンが終わると、その結果の中から復元したいファイルを選択して「リカバリー」をクリックします。上書きされないために、異なる保存場所を選択してください。

メモリカードデータ復元3

以上のご案内はメモリカードのエラーを修復する前に、ビデオ、写真、音声ファイル、Officeファイル、アーカイブ、メールなどを復元できます。EaseUS Data Recovery Wizard Freeはハードディスク、デジカメおよび携帯のSDカード、またはほかの記憶装置からもデータを復元できます。

 

無料で
紛失データを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。