> How to Use > PC引越し > Windows Server 2016 2019/2022へのアップグレード/移行

Windows Server 2016 2019/2022へのアップグレード/移行

EaseUSの筆者のプロフィール写真

Yiko | カテゴリ: PC引越し | 2022年05月22日に更新

概要:

Windows Server 2016/2019/2022年へのアップグレードに関するソリューションを見つけたいです。また、Windows Server 2016のアップグレードやserver 2016を2019/2022に移行するための方法も手に入れたいです。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼
 

Windows Server 2019/2022にアップグレードまたは移行すべきですか?

マイクロソフトによると、Windows Server 2016は2027年1月12日までアップデートが継続されるとのことです。そして、Windows Serve2019のライフサイクル終了は2029年1月9日です。Windows Server 2022は2021年9月にすでにリリースされています。

Windows Server 2016は現在も多くの企業で主力製品として活躍していますが、新しいセキュリティ機能やパフォーマンスの向上により、最新版へのアップグレードをお勧めします。

Windows Server 2016と2019の比較

Windows 2019では、ストレージ移行サービス、Kubernetesプラットフォームのサポート、統合管理、仮想ネットワークピアリング、Windows Defender ATPの強化などがアップデートされています。しかし、Window Server 2016は、iSNS、ビジネススキャン、リモートデスクトップ接続ブローカー、リモートデスクトップ仮想化ホスト、プリントコンポーネントなどを削除しています。

詳しく:Windows Server 2019の新機能

Windows Server 2019と2022の比較

Windows Server 2022は、ハイパーバイザーベースのコードインテグリティ、セキュアードコアサーバー、ハードウェアによるスタック保護、トランスポートレイヤーセキュリティ(TLS 1.3の有効化)という、セキュリティを強化した4つの先進機能を公開します。

また、プラットフォームの柔軟性の向上、新しいWindows管理センター、アップグレードされたHyper-V Manager、ハイブリッドクラウドサポート、強化されたKubernetesエクスペリエンスも提供します。

詳しく:Windows Server 2022の新機能

パート1. Windows Server を2019/2022にアップグレードする方法

段階1:サーバーのセットアップを開始する

ステップ1. Windows Server 2019 セットアップメディアに移動し、setup.exe をクリックします。

ステップ2. [はい]をクリックして、セットアッププロセスを確認します。

ステップ3. すると、「更新プログラム、ドライブ、およびオプション機能の取得 」のウィンドウが表示されます。「更新プログラム、ドライバ、およびオプション機能をダウンロードする(推奨)」を選択し、「次へ 」をクリックします。

ステップ4.セットアップがデバイスの設定を確認するのを待ちます。終了したら、「次へ 」を選択します。

ステップ5. サーバーライセンスキーを入力し、続けます。(関連記事:Windowsサーバーのプロダクトキーの見つけ方

ステップ6. 希望のWindows Server 2019イメージを選択し、「次へ 」を選択します。

ステップ7. 適用される通知とライセンス条項に同意するために、「同意 」をクリックします。

ステップ8. 保存するものを選択し、「次へ 」をクリックします。

データを残す場合は、個人ファイルとアプリを選択してください。

何もないオプションを選択すると、ファイル、アプリ、設定など、すべてのデータが削除されます。

ステップ9. 分析が終わったら、「インストール」をクリックしてプロンプトを表示します。

Windows Server を2019/2022にアップグレードする方法

段階2:システムが正常にアップグレードされたかどうかを確認する

検索ボックスに「Registry Editor」と入力し、クリックして開きます。

レジストリエディタを開き、ProductName.ComputerHKEY_LOCALを表示させま。rComputerHKEY_LOCAL_MACHINESOFTWARE>Microsoft>Windows NT>CurrentVersion

ProductNameはWindows Server 2019になっているはずです。すべてのアプリケーションが正常に動作していることを忘れずに確認してください。アプリやファイルが失われた場合、EaseUS Todo PCTransでイメージファイルを作成し、すべてを保存することができます。

システムが正常にアップグレードされたかどうかを確認する方法

Windows Serverがおかしくなった場合、パス(C:㊧)をたどってファイルをZIPで圧縮することができます。そして、マイクロソフトに連絡して、助けてもらいましょう。

パート2.Windows Server 2016を2019/2022に移行する方法

Windows Server 2016を2019/2022に移行するためのもう一つ簡単な方法は、専門なデータ移行するツールを利用すれば、数クリックで移行することふぁできます。ここでは EaseUS Todo PCTrans Technicianという専門なWindows Server移行ツールをご紹介します。このツールでは、すべてのプログラム、ファイル、設定を移行するための選択肢を提供します 。2003/2008/2012/2016/2019/2022間のWindows Server転送ソリューションが可能です。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

Step 1:Todo PCTransを2台のPCに同時に実行し、「PCからPCへ」を選択します。(画面の右上にある「認証コード」をクリックすることで本PCの認証コードを確認することが可能)

データ転送するステップ1

Step 2:ここで移行可能なPCが自動的に検出され、左側に表示されます左側から目標PCを選択して「接続する」ことができます。目標PCがない場合は、「PCを追加」ボタンをクリックしてipアドレスで追加することができます。

データ転送するステップ2

ご案内:認証コード」をクリックして認証コードでPCを追加することも可能です。

データ転送するステップ3

Step 3:転送したいファイル、アプリ、またはアカウントを選択します。「編集」ボタンをクリックして転送したいデータを自由に選択します。

データ転送するステップ5

Step 4: 転送したいデータを全て決定した後、「転送」ボタンをクリックして、移行を始めてください。

データ転送するステップ6

まとめ

この記事では、サーバーアップグレードとサーバー移行の2つの方法を提供しています。Windows Server 2016を2019/2022にアップグレードすることに焦点を当てれば、Windowsビルトイン方式で十分に作業を完了することができます。もう一つ重要なことは、ここで、インプレースアップグレードが間違った方向に進み、あなたのデータが失われるケースです。そこで、データを保護するために、EaseUS Todo PCTransを使用することをお勧めします。また、データ移行もお客様の目的になります。そのため、Server 2019や2022への直接移行を楽しむことができます。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>