> How to Use > PC引越し > 「完全解説」OutlookをWindows 11パソコンに移行する方法

「完全解説」OutlookをWindows 11パソコンに移行する方法

EaseUSの筆者のプロフィール写真

Tioka | カテゴリ: PC引越し | 2022年01月20日に更新

概要:

最新のWindows 11パソコンを購入した場合、Outlookを完全に移行する必要があります。しかし、Outlookというプログラム自体を実行することだけではなく、その設定、関連データ、アカウントなどを一緒に移行する必要があります。本文では、Outlookを1クリックだけで完全に移行する方法を皆さんに紹介します。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼
 

Outlookについて

Microsoft Outlookは、ビジネス用プログラムスイートとして、それをパソコンにインストールすると、次のような作業を行うことができます。Outlook

  • 重要なメッセージに注目できるようにメールを整理する。
  • 予定表を管理し、共有して、会議を簡単にスケジュールする。
  • クラウドでファイルを共有し、受信者が常に最新バージョンを使用できるようにする。
  • どこにいても常に接続して、生産性を維持する。

ということで、Outlookは、日常の仕事に対して非常に重要なツールです。だから、Windows 11のパソコンを新しく購入した場合、Outlookを底に移行することも非常に重要な作業です。

OutlookをWindows 11に移行することについて

Outlookを新しいWindows 11搭載のパソコンに移行するには、通常、利用できる対策が2つあります。1つは、古いパソコンでOutlookからPSTファイルをエクスポートして、Windows 11パソコンでそのPSTファイルを使ってメールデータを移行することです。この方法は、メールデータのみを移行することができ、Outlookの設定、アカウント、予定表などを移行することができませんので、後ほどで自分を設定をやり直す必要があります。

もう1つの方法は、Outlookの移行に完璧に対応可能なデータ移行専門ソフトを使うのです。専門のデータ移行ソフトは、Outlookプログラム自体を1クリックで移行することができまし、Outlookの関連データ、設定、アカウントなどをも自動的に検出し、パソコンに移行することができます。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

次は、上記の2つの方法を1つずつ詳しく解説していきたいので、自分の需要に従って、自分にとって最も適切な対策を選択して、OutlookをWindows 11パソコンに移行してください。

対策1.PSTファイル経由でWindows 11パソコンにOutlookを移行

本文では、まず古いパソコンからPSTファイルをエクスポートして、それを経由して新しいWindows 11にインポートすることで、Outlookを移行する方法を皆さんに紹介します。

ステップ1.旧PCのOutlookから.pstファイルをエクスポート

1.Outlook画面の左上隅に「ファイル」 > 「開く/エクスポート」 > 「インポート/エクスポート」の順にクリックします。

Outlookのpstファイルをエクスポート1

2.「ファイルにエクスポート」を選択して「次へ」をクリックします。

outlookのpstファイルをエクスポート2

3.「Outlook データ ファイル (.pst)」を選択して「次へ」をクリックします。

4.エクスポートしたいメールアカウント名を選択します。一回に1つのアカウントだけエクスポートできます。
注:アカウントの内容を全てエクスポートするには、「サブフォルダーを含む」をチェックする必要があります。

outlookのpstファイルをエクスポート3

5.「参照」をクリックしてエクスポートした.PSTファイルの保存先を選択します。

ステップ2.PSTファイル経由でWindows 11のパソコンにインポート

PSTファイルをインポートするには、Outlookをインストールする必要があります。それから、USBメモリなどのデバイスを使ってエクスポートしたPSTファイルを新しいパソコンに移行します。

1.Outlook画面の左上隅に「ファイル」 > 「開く/エクスポート」 > 「インポート/エクスポート」の順にクリックします。

pstファイルでOutlookをWindows 11パソコンに移行するステップ1

2.「他のプログラムまたはファイルからのインポート」を選択して「次へ」をクリックします。

pstファイルでOutlookをWindows 11パソコンに移行するステップ2

3.「Outlook データ ファイル (.pst)」を選択して「次へ」をクリックします。

4.「参照」をクリックして.pstファイルを選択してインポートするフォルダーを指定すれば、インポートを開始することができます。

ご案内:この方法で移行する場合、まずWindows 11搭載のパソコンにOutlookをインストールする必要があります。そして、この2ステップで、Outlookの一部のデータをPSTファイル経由で移行することができます。

対策2.データ移行ソフトでOutlookをWindows 11パソコンに完全移行

PSTファイル経由でOutlookを移行するのは、一部のデータのみを移行できるので、完璧に移行できるとは言えません。だから、もっと簡単で完全に移行するには、PC引越しソフトを使って、OutlookをWindows 11パソコンに移行することがおすすめです。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

EaseUS製PC引越しソフト-Todo PCTransでOutlookをWindows 11のパソコンに移行する場合、Outlookプログラム自体を移行することもできまし、Outlookの関連データ(連絡先、メール、アドレス、アカウント、設定など)をも一緒に移行することもできます。だから、このソフトを使って移行すると、Windows 11のパソコンでも、すぐ元のようにOutlookを使うことができます。

それでは、下記のステップを参照して、Outlookを古いパソコンから最新のWindows 11に完全に移行しましょう。

Step 1:Outlookの移行プロセスを実行するには、移行先と移行元の2台のPCが同じネットワークに接続する必要があります。それから、PC引越しソフトを同時に実行して移行元のPCで「PCからPCへ」を選択して下さい。(画面の右上にある「認証コード」をクリックすることで本PCの認証コードを確認することが可能)

outlook引越しステップ1

Step 2:ここで移行可能なPCが自動的に検出され、左側に表示されます。左側から目標PCを選択して「接続する」ことができます。目標PCがない場合は、「PCを追加」ボタンをクリックしてipアドレスで追加することができます。

outlook引越しステップ2

ご案内:認証コード」をクリックして認証コードでPCを追加することも可能です。

outlook引越しステップ3

Step 3:この画面でアプリという項目があるので、アプリの「編集」ボタンをクリックしたら、転送するアプリを選択することができます。(Outlookを移行する場合は、Outlookをチェックしてください。)

outlook引越しステップ4

Step 4: 転送したいアプリをチェックした後、「転送」ボタンをクリックして、Outlookのプロセスが始まります。(他のアプリ、またはファイルなどのデータをも転送したい場合は、ステップ5で転送データを追加することができます。)

outlook引越しステップ5

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>