> How to Use > PC引越し > 再インストールせずにプログラムをSSDに転送する-Windows 11向け

再インストールせずにプログラムをSSDに転送する-Windows 11向け

EaseUSの筆者のプロフィール写真

モンディー | カテゴリ: PC引越し | 2022年07月14日に更新

概要:

インストールされたプログラムをWindows 11のSSDに転送するにはどうすればよいでしょうか?ファイルを別の場所に移動したら、何かエラーが発生する可能性があるのでしょうか?疑問がある場合、こちらの記事をご参考にしてください。

 

Windows 11でインストールしたプログラムをSSDに転送できるのか?

インストールしたプログラムをWindows 11のSSDに転送できるのでしょうか?答えはイエスです。プログラムを転送する理由としては、以下の点が挙げられます。 

インストールされたプログラムをWindows 11のSSDに転送する理由

  1. Windows 11の偶発的なインストール。 
  2. 誤ってWindows 11をハードドライブにインストールした場合は、ファイルをSSDからWindows 11に移行することをお勧めします。これにより、OSを再インストールする必要がなくなります。
  3. 最新OSであるWindows 11にインストールされたプログラムを転送すれば、パフォーマンスが向上します。 
  4. Windows 11がクリーンインストールを必要としていません。ファイル、プログラム、設定、またはその他のものを移動するためにOSをインストールする必要もなくなります。

関連記事:Windows 11でインストール済みのプログラムのインストール先を移動する方法


インストール済みのプログラムを転送するメリット

  • 無料のスペース解放

インストールされた不要なプログラムをSSDに転送することで、スペース容量をかなり解放できます。

  • 安全な場所

Windows 11でSSDに重要なファイルを転送することは、デフォルトのインストール場所を変更したり、ファイルを安全な場所に移動したりする際にも役立ちます。

  • システム速度の向上

バッグなしでパフォーマンスを向上させるために必要なインストール済みプログラムのみを保持します。

プログラムをSSDに転送するためのヒント

インストールされたプログラムをSSDに転送することを決めたら、まずSSDに転送するプログラムとアプリを確認します。それから、Windows 11にインストールされているSSDが正常に動作しているかどうかを確認します。
SSDが動作しない場合: 
SSDが正常に動作しないのは、SSDが故障・破損しているためかもしれません。次のような方法で修復します。 

  1. SSDのファームウェアを更新します。
  2. ファイルシステムの現状を確認し、修正します。 
  3. OSを再インストールして、故障したSSDドライブを修復します。
  4. BIOSメニュー通りにSSD設定を構成します。 
  5. WindowsのSSDパーティションを削除します。

SSDがうまく機能する場合:
手順1.SSDドライブを開き、転送するプログラムを選択します。Microsoftストアからインストールされたプログラムだけです。
手順2.プログラムに移動し、Windows 11に転送するプログラムにチェックマークを付けます。 
手順3.リストからアプリをスクロールして、移動をクリックします。 
手順4.アプリをWindows 11に移動するには、[Windows 11に移動]オプションをクリックします。
インストールされたプログラムをインストールせずにCドライブから新しいSSDに転送するには、もう1つの方法があります。それは、信頼できるサードパーティソフトウェアを使用することです。ここでお勧めしたいのはEaseUS Todo PCTransという最高のプログラム移行ツールのことです。異なるドライブ間でプログラムをスムーズに転送できるツールです。
非常に使いやすいだけでなく、Windows 11にソフトウェアをダウンロードする際の不要な手間も省きます。余計のダウンロードを必要とせずに、3つの手順だけでソフトウェアをWindows 11に簡単に移行できます。
さらに、ナビゲーションと起動も簡単で、転送プロセスがこれまでになく簡単になります。古いPCファイルの移行から、システム間でのデータ、アプリケーションとアカウント移動まで、EaseUS Todo PCTransはすべてのニーズに応えられるスマートなソリューションと言えます。
1
パフォーマンスを向上し、空き容量を増加するために、いくつかの最も簡単な手順ですべてのコンテンツを数分以内に新しいWindowsに安全に移動すればいいです。しかも、ネットワーク経由、ローカル転送、イメージファイル経由の3つの転送モードがサポートされています。

Windows 11で再インストールせずにプログラムをSSDに移動する方法 

Windows 11で再インストールせずにインストール済みのプログラムをSDDに移動することを計画しているなら、アプリ移行ツールの利用を強くお勧めします。ここで、EaseUS Todo PCTransを例として取り上げます。

ステップ1. EaseUS Todo PCTransを実行して「アプリの移行」を選択して「スタート」をクリックします

アプリの移行するステップ1

ステップ2.移行したい/インストール場所を変更したいアプリをチェックします。

アプリを移行するステップ2

ステップ3.ステップ2と同じ画面で移行先を設定してから、「転送」をクリックします。

アプリを移行するステップ3


データ転送のオールインワンソリューションとして、EaseUS Todo PCTransは、さまざまなファイル、アプリ、およびプログラムを別の場所に移行するか、PC間でファイルを転送するのにも役立ちます。 

結論

インストールされたプログラムをWindows 11に転送することは、それほど難しくありません。強力なプログラム移行ツールを利用すれば、転送プロセスが簡素化されます。EaseUS Todo PCTransソフトウェアは、数回クリックするだけでディスクをすばやくクリーンアップして、ハードドライブの容量を解放するためのソリューションを提供しています。また、Windowsの再インストールを必要とせずに、プログラム、ファイル、および設定を自動転送するという独特な機能も備えています。
1

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>