> How to Use > Macファイル復元 > iMacのゴミ箱から削除したファイルを復元する方法

iMacのゴミ箱から削除したファイルを復元する方法

2015-10-09 Posted by Bak to Macファイル復元

概要:
先日、iMacで画像ファイルを編集していたとき、誤って3つの重要なフォルダを削除しました。その中で500MBぐらいの画像ファイルが保存されています。その後、ゴミ箱内の不要なファイルを削除する時、これらの画像ファイルを全部捨ててしまいました。できるだけ自分で復元すると決意して、Mac OS X用の復元ソフトを調べると、『EaseUS Data Recovery Wizard for Mac』というソフトを使って、削除したフォルダとファイルを完璧に復元しました。

先日、iMacで画像ファイルを編集していたとき、誤って3つの重要なフォルダを削除しました。その中で500MBぐらいの画像ファイルが保存されています。その後、ゴミ箱内の不要なファイルを削除する時、これらの画像ファイルを全部捨ててしまいました。ゴミ箱から削除したファイルが復元できないかと心配して、ネットで調べましたが、業者に依頼すると随分お金がかかりそうです。それで、できるだけ自分で復元すると決意して、Mac OS X用の復元ソフトを調べると、『EaseUS Data Recovery Wizard for Mac』というソフトを使って、削除したフォルダとファイルを完璧に復元しました。

それで、今日は『EaseUS Data Recovery Wizard for Mac』でiMacのゴミ箱から削除したファイルを復元する簡単な方法を紹介します。

iMacゴミ箱から削除したデータが復元できるソフト

『EaseUS Data Recovery Wizard for Mac』が、Mac OS Xでゴミ箱から削除したり、フォーマット、完全消去したりした画像、動画、音楽、ドキュメントなどのファイルを丸ごと復元できる高機能のMacデータ復元ソフトです。このソフトは日本語に対応している他、簡単なUIを採用しています。このように、とても使い勝手がよいため、素早くiMacのゴミ箱から間違って削除したファイルを復元できます。『データリカバリウィザードMac版』の動作環境、対応ファイルの種類や対応データ損失場面は、紹介ページを確認してください。

  無料体験Mac向け   無料体験Windows向け
復旧率97.3% 3ステップで復元可能

3ステップでiMacゴミ箱から削除したファイルを復元

上記ボタンから『データリカバリウィザードMac版』をダウンロードすることができます。ソフトをインストールして、iMacのゴミ箱から削除したデータを3ステップで救出しましょう。

1)まず、ソフトを実行して、そのホーム画面で削除したファイルの保存先を選択します。それから、『スキャン』をクリックします。

iMacのゴミ箱から削除したファイルを復元する手順1

2)『スキャン』をクリックすると、プログラムはクイックスキャンとディープスキャンを自動的に行います。

iMacのゴミ箱から削除したファイルを復元する手順2

3)スキャンした後、パス、種類によって表示します。復元したいファイルをプレビューして、『今すぐ復元』をクリックして、iMacパソコンに保存できます。

iMacのゴミ箱から削除したファイルを復元する手順3

iMac本体のほか、このソフトはメモリカード、USBメモリ、外付けHDDなどの記憶媒体のデータ復元にも対応しています。下記のMacで画像を復元する方法を紹介するビデオチュートリアルをご参照ください。

  無料体験Mac向け   無料体験Windows向け
復旧率97.3% 3ステップで復元可能