> How to Use > Macバックアップと復元 > Macの移行アシスタントがスタックした時の解決策

Macの移行アシスタントがスタックした時の解決策

2017-08-15 16:11:58 Posted by James.R to Macバックアップと復元

概要:
MacユーザーはほかのMacにすべてのデータを移行する際に、移行アシスタントが突然スタックしました。アプリケーションがフリーズして、データ移行が進まない時に、どうすればいいでしょうか。ここでMac 移行アシスタントがスタックした時の対処法を皆さんに紹介します。

移行アシスタントがスタックしたケース

先週新しいMacBookを買いました。以前のMacBookからテータを移行したいですが、移行アシスタントを起動して、突然にスタックしました。もう一日以上かけましたが、動かないです。何か方法がありますか。

このような状況はいろいろがあります。例えば、移行アシスタントが起動する時に、あるいはタスクを実行する最後、何分だけ掛けると完成できるときにフリーズしました。こんな状況になったら、本当に死にたい気持ちだと言っても過言ではないです。では、スタックした移行アシスタントを回復するために、どうすればいいですか。以下の方法をご覧ください。

簡単の方法で移行アシスタントがスタックしたのを解決する

こういう場合に、以下の方法をぜひお試してください。

1. 移行元のMacでターゲットディスクモードを利用する。

2. アプリケーションを除いて移行します。そして、アプリケーションを新しいMacで再インストールしてください。

3. ハードウェア診断を運行して、Macのハードウェアで損傷があるかどうかをチェックしてください。

4. Time Machineのバックアップから新しいMacに移行する。

Mac用バックアップソフトでデータを移行する

もし以上の方法を試しても、まだスタックの状態でしたら、ここでEaseUS MacバックアップソフトーEaseUS Todo Backup for Macを皆さんにおすすめします。このソフトを使って、ディスククローンでディスクの内容をすべてほかのMacBookに移行することができます。それに、操作がすごく簡単でいくつかのステップで移行が完成です。下記のチュートリアルをご覧ください。

  • EaseUS Todo Backup for Macを2台の Macにインストールします。
  • 移行したいディスクを選択する>クローン先を選択する
  • ディスククローンのプロパティを設定します。
  • Startをクリックして、タスクを実行します。

EaseUS Mac Todo Backupでディスククローンする

EaseUS Todo Backup for Macを使って、安全で移行することができます。ぜひお試してください。ソフトの詳しい情報を紹介ページへ参照してください。