> How to Use > ディスクコピー > UEFI起動ディスクを完璧にSSDにクローンする方法

UEFI起動ディスクを完璧にSSDにクローンする方法

Tioka | カテゴリ: ディスクコピー | 2020年10月16日に更新

概要:

Windows 10/8/7でUEFI起動ディスクをSSDにアップグレードしようとしたいですか。EaseUS製のクローンソフト - Disk Copyは、この時の完璧な対策だと言えます。このソフトを使って、UEFI起動ディスクをSSDにアップグレードするなら、何の起動問題もなく完全にクローンすることができます。それでは、本文で紹介する対処法に従って、楽にUEFI (GPT) ディスクをSSDにクローンしましょう。

 

本文では、Windows 10/8/7環境で、効率的にUEFI起動ディスクをSSDにクローンする方法を皆さんに紹介します。

UEFI起動ディスクをSSDにクローンすることが可能?

「UEFIディスクをSSDにクローンすることが可能です。昨日、SSDを買って今のシステムディスクを置き換えたいと思います。UEFI起動ディスクをSSDにクローンすることでパソコンの動作を速くすることができますか。
今のシステムディスクはUEFI(GPT)ディスクのようです。UEFI起動ディスクをSSDにクローンするにはどうすればいいですか。クローン後、SSDから起動問題なく起動することができますか。」

上記のように、どうやって問題なくUEFI起動ディスクをSSDにクローンすればいいのかを分からない方がたくさんいますので、本文では、そのやり方を皆さんに紹介します。

UEFI起動ディスクとは

UEFIとは、実際にディスクではなく、起動のモードです。OSを起動する前にハードウェアを制約し、OSを起動させる役割を担うプログラムで、元々のBIOSの後継です。BIOSでは起動ディスクの容量が2TBを超えてはいけませんが、UEFIではそのような容量の制限がなくなりす。

それでは、UEFI起動環境で、起動ディスクをクローンする必要がありますか。どのような場面でUEFI起動ディスクをクローンすることが必要がありますか。

  1. 1.UEFIで起動ディスクをより大きなハードディスクに交換します
  2. 2.UEFIで起動ディスクが正常に動作できません
  3. 3.UEFI起動ディスクのエラーで起動に失敗しました
  4. 4.UEFI起動ディスクをSSDにクローンすることでパソコンの動作を速くする
  5. ......

もし、上記の需要がある方でしたら、本文では、UEFI起動ディスクをSSD/他のHDDにクローンする方法を取得することができます。この方法に従って、起動ディスクをクローンした後、クローン先がSSDであっても、そこから正常に起動することも可能です。

おススメ:ディスククローン専門ソフトをダウンロード

EaseUS製のディスククローン専門ソフト - Disk Copyは、UEFIディスクをSSDにクローンすることに完全に対応しています。そして、使い方もとてもカンタンで、ソフトの指示に従ったら、経験がない方でも楽にUEFIディスクのクローンを実行可能です。

クローン専門ソフトの基本情報

対応OS:Windows OS - Windows 10/8.1/8/7/XP/Vista
対応クローンモード:ディスククローン、パーティションクローン、セクターごとにクローンなど
対応ディスク:GPT(uefi)ディスク、MBRディスク、WinPEブートディスク
インストールファイルのサイズ:48.4 MB

上記のダウンロードボタンから直接にクローンソフトのインストールファイルをダウンロードすることができます。

操作ガイド: UEFI環境で起動問題なく起動ディスクをSSDにクローンする方法

それでは、何の問題もなく UEFI 起動ディスクをSSDにクローンする方法は何ですか。下記は詳細の方法ですので、読み続けてください。

注意:UEFI 起動ディスクをSSDにクローンする前に、 UEFI モードに対応されるには、SSDがGPTでない場合、クローンする前に、SSDの形式をGPTに変換してください。

Step 1. ディスクモード」を選択してください。それから、現在使用中のUEFI起動ディスク(システムディスク)をクローン元と指定して「次へ」をクリックします。

ディスクモードを選択

注:「セクターバイセクター方式コピー」とは、セクターごとにディスクをクローンする方法です。セクターバイセクター方式コピーによって、クローン先をクローン元と完全一緒にすることができます。
 

Step 2. SSDをクローン先にして、「次へ」をクリックします。クローン先上に保存されているデータが全て消去されますという警告メッセージが表示されます。そのディスクに大事なデータがない場合、「OK」をクリックして継続します。

ソースディスクを選択

Step 3. ディスクのレイアウトを編集して「実行」をクリックすることで継続します。そこでプロセスが終わったら、ディスクのクローンが正確に実行されます。

クローンプロセスを実行

注:①ターゲットディスクがSSDの場合、SSDの最適化をチェックしてください。
②ソースディスクがシステムディスクの場合、ソースディスクを取り外してからクーロンディスクから起動することがおすすめです。

 

以上のステップに従って、UEFIディスクを完全にSSDにクローンすることができます。

UEFIでブートディスクをSSDに変更する 

UEFIディスクをSSDにクローンした後、SSDからシステムを起動して、パソコンの動作を速くするために、最後の1ステップが必要です。それはUEFIで起動ディスクをSSDに変更することです。元々のbios(左側)と比べて、uefi(右側)は操作性が高いです。マウスでも使えるようになるので、画面の指示に従って、起動ディスク(ブートディスク)設定のところで、SSDに変更することができます。

uefi画面

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>