> How to Use > ディスクコピー > [クイックガイド]HDDをSSDに簡単にコピーする方法

[クイックガイド]HDDをSSDに簡単にコピーする方法

EaseUSの筆者のプロフィール写真

Harumoe | カテゴリ: ディスクコピー | 2022年06月01日に更新

概要:

現在、多くのユーザーが従来のハードドライブからソリッドステートドライブに換装するようになりました。それで、ハードディスクをSSDにコピーするノウハウを了解するのはとても大事です。このページは、ディスクコピーとクローニングなどの機能を提供しているソフトウェアEaseUS Disk Copyで、HDDをSSDに簡単かつ迅速にコピーする方法を紹介します。

 

ほとんどの人が自分のコンピューターに依存しているでしょう。仕事、学校、または友人や家族など身の回りのすべてがコンピューターと関わり、コンピュータはもう離れられないものになりました。。しかし残念ながら、コンピュータは時間の経過とともに運行速度が低下するようになる可能性があります。そういう場合なら困ります。

HDDをSSDに簡単にコピーする

コンピュータのパフォーマンスを向上させる最良の方法の1つは、ソリッド・ステート・ドライブ(SSD)にアップグレードすることです。このプロセスは「ディスク・クローニング」と呼ばれることもあり、さまざまなソフトウェア・プログラムを利用して行うことができます。これから、HDDをSSDにコピーする方法を紹介します。

SSDはどのように質の高い コンピューティング体験を提供する?

SSDは質の高い コンピューティング体験を提供できますが、思ったほど高価ではありません。現在、 Toshiba、Kingston、Samsung SSDなど、選択できるSSDブランドはたくさんあります。次に、SSDは質の高い コンピューティング体験を具体的にどのように提供するのか見てみましょう。

  • 高速化:SSDは回転ディスクの代わりにフラッシュメモリーを使用しているため、コンピュータの起動やプログラムの読み込みを短時間で行うことができます。
  • 高い信頼性:可動部品がないため、何か問題が発生する可能性が低いです。つまり、コンピュータが故障しても、大切なデータを失う可能性が低いです。
  • 消費電力が少ない:外出先での作業でも、バッテリーを長持ちさせることができます。また、古いパソコンを使っている場合は、SSDに換えることで消費電力を抑え、まったく新たな命を吹き込むようです。

このように、SSDは質の高い コンピューティング体験をもたらしてきます。まだ従来のハードディスクドライブをお使いの方は、今すぐSSDに換装しましょう。

HDDをSSDにコピーする際の注意事項

HDDをSSDにコピーする場合、注意すべき点がいくつかあります。ディスククローン作成プロセスの推奨事項と禁止事項をすべて理解してください。

ハードドライブをSSDにコピーするときすべきこと

  • ソースドライブの内容を収容するのに十分なストレージスペースを備えた空のSSDまたは使用済みSSDを準備すること
  • ドライブとコンピュータのオペレーティングシステムとの互換性を確認すること。
  • 新しいSSDをターゲットドライブとして使用している場合はSSDを初期化すること。
  • デスクトップPCのホストシャーシを開くためのコネクタまたはドライバーとしてUSB-SATAアダプタを準備すること。
  • 最も適した信頼性の高いディスククローン作成ソフトウェアを選択すること。

ハードドライブをSSDにコピーするときに避けるべきこと

  • 現在使用中のシステムファイルは使用しないこと。
  • BIOSベースのドライバーの使用は避けること。
  • サイズが4GBを超えるファイルをコピーしすること。

データを失うことなくHDDをSSDにコピーする方法

前述したように、信頼性の高いディスククローン作成ソフトウェアが必要です。ここでは、専門的なクローンソフトとしてデザインされたEaseUS Disk Copyをお勧めします。EaseUS Disk Copyはデータを失うことなく、安全かつ効果的にクローンすることができ、使い方も簡単でわかりやすいです。そして、すべてのWindowsシステムと互換性があります。

次に、HDDをSSDにコピーする手順を紹介します。


ステップ1.EaseUS Disk CopyをPCにダウンロード、インストールし、実行します。「ディスクモード]をクリックし、コピーまたはクローンするソースディスクを選択します。「次へ]をクリックして続行します。

HDDからSSDにアップグレード1

注:ソースディスクをセクタ単位でコピーまたはクローンする場合、コピー先ディスクは少なくともソースディスクと同じサイズかそれ以上のサイズである必要があります。

ステップ2. コピー先ディスクを選択し、[次へ]をクリックして続行します。コピー先ディスクのデータを消去するように要求されたら、[OK] をクリックして確認します。

HDDからSSDにアップグレード2

ステップ3. ディスクのレイアウトを編集して「実行」をクリックすることで継続します。そこでプロセスが終わったら、ディスクのクローンが正確に実行されます。

HDDからSSDにアップグレード3

注:①ターゲットディスクがSSDの場合、SSDの最適化をチェックしてください。

②ソースディスクがシステムディスクの場合、ソースディスクを取り外してからクーロンディスクから起動することがおすすめです。

 

HDDをSSDにコピーする際によくある質問

ディスクのクローン作成プロセスを理解しやすくするために、ハードドライブをSSDにコピーする際の一般的な質問をいくつか示しました。

オペレーティングシステムをSSDにコピーするにはどうすればよいですか?

オペレーティングシステムをSSDにコピーする場合は、ディスククローン作成ソフトウェアを利用しなければなりません。最高のディスククローンソフトウェアプログラムの1つは、EaseUS Disk Copyです。このソフトウェアは、データを失うことなく、ハードドライブのクローンを作成し、より大きい容量のディスクにアップグレードすることにも役立ちます。

ハードドライブを複数のSSDにコピーできますか?

はい、できます。そこで、ディスククローン作成ソフトウェアであるEaseUS Disk Copyはお勧めです。このソフトウェアは、データを失うことなく、ハードドライブのクローンを作成し、より大きなディスクにアップグレードするのに役立ちます。

ハードドライブをSSDにコピーするリスクは何ですか?

ハードドライブをSSDにコピーすることに関連するリスクは下記のようです。

  • データロス
  • ファイルの破損
  • ハードウェアの損傷

上記の注意事項を守り、信頼性の高いディスククローン作成ソフトウェアを利用すれば、これらのリスクを簡単に回避できます。

HDDをSSDにクローンするのにどのくらい時間がかかりますか?

ハードディスクのクローン作成時間は、クローン作成の速度とデータのサイズによって決まります。たとえば、500 GBのデータを載ったドライブのクローンには、作成のペースが100 Mb / sと仮定すると、90分弱かかります。同じ500GBドライブを50Mb/ sで複製した場合、3時間以上かかります。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>