> How to Use > バックアップと復元 > 【詳細解説】Windows 11でハードディスクをクローンする方法 - EaseUS

【詳細解説】Windows 11でハードディスクをクローンする方法 - EaseUS

EaseUSの筆者のプロフィール写真

Yiko | カテゴリ: バックアップと復元 | 2022年03月04日に更新

概要:

この記事の内容に参考して、 windows 11のハードディスクをクローンする作業は楽になります。Windows 11のハードディスクをクローンする方法をご覧ください。

無料ダウンロードWindows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ
 

Windows 11でハードドライブのクローンを作成する方法を知りたいですか?データ保護のために、日常でバックアップを習慣にするのは良いですけど、それだけでは十分ではありません。実は、バックアップとクローン作成はバックアップと同じではありません。ドライブのクローンを作成したら、エラーが発生した場合に既存のハードドライブを切り替えて、システムをすぐに復元できます。ハードドライブのクローンを作成するということは、基本的に、データ全体のデジタルコピーを別のハードドライブに作成することを意味します。残念ながら、Windowのディスクの管理にはハードドライブのクローンを作成する機能はありません。そのため、本記事では、Windows 11でハードディスクをクローンする方法を詳しく紹介していきます。

Windows 11でハードドライブのクローンを作成する方法

ハードドライブWindows11のクローンを作成する方法の前提条件の手順から始めましょう。

操作手順

1.新しいハードドライブまたはSSDを準備する

新しいハードドライブまたはハードドライブWindows11のクローンを作成するために、より多くの容量を持つ望ましいSSDを準備する必要があります。クローン作成に使用するハードドライブまたはSSDには、既存のドライブよりも多くのストレージスペースが必要です。

新しいハードドライブまたはSSDを準備する手順

 2.新しいディスクをPCに正しくインストールして接続する

PCにディスクスロットが1つしかない場合は、SATA-USB接続ケーブルを使用してハードドライブをPCに接続します。2番目のスロットがある場合は、新しいドライブをラップトップ/ PCにインストールします。ケーブルはSATAまたはSCSIにすることもできます。

新しいハードドライブまたはSSDを準備する手順2

3.新しいハードドライブまたはSSDを初期化する

次に、ディスクの管理で新しいドライブを初期化して、ハードドライブのWindows 11のクローンを作成します。初期化するには、[スタート]アイコンを右クリックし、[ディスクの管理]を選択します。

ステップ1:[ディスクの管理]ダイアログボックスが開き、SSDを初期化するように指示されます。

ステップ2:MBR(マスターブートレコード)またはGUIDパーティションテーブル(GPT)を選択し、[OK]をクリックします。新PCの場合、GPTの方が優れています。未割り当てのボタンを右クリックして、新しいボリュームを作成します。このボリュームは、ハードドライブのクローンを作成する目的で使用されます。 

ステップ3:[パーティションのフォーマット]画面で、ドライブ文字を選択して[次へ]を押します。希望のスペースと文字を割り当てて、セットアップを完了します。これは非常に重要なステップなので、注意深く指示に従ってください。 

これは、新しいSSDまたはハードドライブをセットアップする方法です。ご参考になれば嬉しいです。

新しいハードドライブまたはSSDを初期化する手順

4.ディスククローンソフトウェアをダウンロードする

クローン作成を簡単にするために、信頼できるツールを利用しなければなりません。インターネット上には多くのツールがあるため、不正なツールに注意してください。インターネット上には多くのツールがありますが、どちらが良いですか。ここでは、信頼できるツールであるEaseUSTodoBackupソフトウェアをおすすめします。このツールを使用してハードドライブのクローンを数クリックで作成することができます。お使いのPCだけでは、このツールで実行できるタスクを実行することはできません。  

ダウンロードボタンをクリックすると、ソフトウェアをダウンロードできます。まだ、30日の無料利用可能ですから、皆さんにおすすめ!

無料ダウンロードWindows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ

Windows11でハードドライブのクローンを作成する方法

EaseUSTodoBackupには、効率的なディスククローン機能があります。HDD、SSD、 M.2 、NVMeなどを含むすべての種類のハードドライブをサポートします。これほど多くの優れた機能を提供するツールは他にありません。この単一のツールを使用して、非常に多くのタスクを実行できます。パーティション分割の仕事をするだけでなく、以下にリストしている他の優れた機能もあります

無料ダウンロードWindows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ

  • OSをHDD / SSDにクローンする
  • システムのバックアップと復元
  • WindowsをポータブルUSBにクローンする
  • クローンパーティション
  • 外部ディスクとクラウドへのファイルのバックアップ
  • Outlookの自動バックアップ方法

これらの機能を使用して、ハードドライブのクローンを安全に作成できます。このツールを使用することの最も良い点は、ハードドライブのクローンを作成するために多くの紛らわしい手順を実行する必要がないことです。高度な機能は、すべてのクローン作成のニーズを満たすためにあります。EaseUSソフトウェアを使用してクローンを作成するには、PCでクローン機能を起動し、クローンを作成するディスクを選択します。その後、ターゲットディスクを選択すると、作業が完了します。残りはソフトウェアが処理します。操作が簡単なツールです。

1.EaseUS Todo Backupを実行して、右上にある「ツール」をクリックして「クローン」を選択します。

「クローン」を選択する

2.クローンしたいHDD(ソースディスク)を指定して、「次へ」をクリックします。

ソースディスクを指定する

3.クローン先のSSDを指定します。(クローン先がSSDなので、「高度オプション」をクリックして、「SSDに最適化」にもチェックを入れてく必要がある)最後に、「次へ」をクリックします。

クローン先ディスクをSSDに指定する

4.ここでディスク/パーティションのレイアウトの編集画面が表示されます。ここで「ディスクのレイアウトを編集します」をクリックすると、クローン先のSSDのレイアウトをクローンの前に調整することができます。レイアウトを調整すると、「実行」ボタンをクリックして、クローンのプロセスを開始します。

クローンときにディスクレイアウトを編集

新しいディスクを起動可能に設定

このステップが最後のステップです。コンピュータへの新しいハードディスクのセットアップとインストールが完了したら、新しいハードドライブを起動可能にします。このステップなしでは上記のすべてのステップを使用することはできないため、これは重要です。 

新しくインストールしたドライブから起動するようにコンピュータを設定する必要があります。SSDまたはハードドライブを正常に起動できるようにするには、次の手順に従います。

ステップ1:クローンされたハードドライブまたはSSDをコンピューターから削除せずに、PCを再起動します。F2、F12、またはDelキーを押してBIOSに入ります。ブートメニューにアクセスすると、ここでブート優先度を変更できます。

新しいディスクを起動可能に設定する手順

ステップ2:起動の優先順位を変更し、新しくクローンされたディスクから起動するようにコンピューターを設定します。変更を保存します。BIOSを終了し、コンピューターを再起動します 。

新しいディスクを起動可能に設定する手順

結論

Windows 11でハードドライブのクローンを作成する方法を考えないでください。この質問について心配するのをやめるための詳細なガイドを提供しました。ガイドに従うことで、SSDまたはハードディスクのクローンを簡単に作成できます。EaseUSTodoBackupのクローン作成機能は30日間の無料体験も提供しています。ハードドライブが突然クラッシュすることを心配する必要はありません。クローンやバックアップニーズに対応するために、そのほかの豊富な機能があります。ぜひEaseUSTodoBackupを使用して、Windows11のハードドライブのクローンを作成しましょう。

無料ダウンロードWindows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

EaseUS Todo Backup

PC中のデータのセキュリティのため、完全・自動的にバックアップを実行できるバックアップソフトでもあり、ハードディスク・OSを完璧にクローニングできる高度なクローンソフトでもあります。