> How to Use > 記憶媒体復旧 > 対処法:USB 3.0の動作が重くて転送速度が超遅い

対処法:USB 3.0の動作が重くて転送速度が超遅い

2018-04-24 16:15:07 Posted by Tioka to 記憶媒体復旧

概要:
この記事では、USB 3.0ドライブの動作が重くて転送速度が遅い問題の解決策が掲載されています。WIndows 10/8/7でこのような問題にあった時に、ぜひこの記事の対処法を参照してあなたのUSB 3.0ドライブの転送速度を上げましょう。

Windows 10でUSB 3.0の動作が重い

「新しくUSB 3.0のドライブを購入しましたが、そのドライブにデータを保存しようと思っていた時に、その転送速度がめちゃくちゃ遅かったです。USB 3.0ドライブだと、USB 2.0のスピードより遥かに早いはずです。どうして私の3.0は2.0より遅いのでしょうか、何か問題があるのでしょうか。どのようにして、この低速度転送の問題を解決できますでしょうか。」

上記のように、お手持ちのUSB 3.0ドライブの動作が異常に重い場合、下記の対象法が効果を発揮できるかもしれません。

Windows 10でUSB 3.0の動作が重い原因

USB 3.0だけでスピードが速くなるわけではありません!

なぜかというと、USB 3.0のデバイスはUSB 3.0のUSBポートと一緒に使わないと効果が発揮できません。

たとえば、USB3.0のポートにUSB1.1やUSB2.0の機器を接続して使うことはできる。USB3.0機器も、USB2.0やUSB1.1ポートに接続して使うことはできる。
つまり、現在のパソコンは、USB1.1、USB2.0、USB3.0のどのバージョンのUSBポートを混用することが多いです。しかし、USB 3.0機器を1.1や2.0に接続しては効果が発揮しません。USB 3.0のポートに1.1や2.0機器を挿入しても効果を発揮不可能です。このような状況になった場合は、下記の画像のように、「USB 3.0のポートに接続できれば、もっと速くトランスファーすることができます」というメッセージが表示されます。

usb 3.0のメッセージ

もし、USB 3.0機器を使っていて、パソコンにはUSB 3.0のポートがあるのが明らかなのにも関わらず、動作や転送スピードが重い場合は、下記の対処法を参照してこのエラーを解消できるかもしれません。

対処法1.デバイスマネージャを用いてUSB 3.0を最適化

1.Windowsアイコンを右クリックしてデバイスマネージャを選択してください。
2.ディスクドライブを展開し、USB 3.0ドライブを右クリックして「プロパティ」を選択してください。
3.下図のように、赤枠の「高パフォーマンス」を選択してください。

usb3.0高パフォーマンス

上記の操作には、パソコンを再起動する必要があるかもしれませんが、以上の操作がすべて完了した後、USB 3.0の動作が大部軽くなるはずです。

対処法2.USB 3.0のファイルシステムをFAT32からNTFSに変更

USB 3.0のファイルシステムを変更するには、下記の2ステップに従って操作してください。

ステップ1.USB 3.0ドライブのデータをエクスポート&バックアップ

  無料体験Windows向け   無料体験Mac向け
復旧率97.3% 3ステップで復元可能

USB 3.0のファイルシステムをNTFSに変更する前に、USB中のデータをパソコンにエクスポートすることを忘れないようにしてください。
ここで、EaseUSのデータ復旧ソフトを使ってUSB中の全ての既存データ、紛失データをエクスポートするのがおすすめです。

「ORGAN LIFE -オルガンライフ 自然に生きよう」様によるレビュー

人的誤操作によるファイルの削除、ゴミ箱を空にしてしまった場合のデータ損失など、あらゆる状況に対応したEaseUS Data Recovery Wizardで、データ復元するリアルなレビューはこちらから。

ステップ1.ソフトを開き、初期画面で復元したいUSBメモリを選択した上、「スキャン」をクリックします。

USBメモリデータ復元1

ステップ2.USBメモリへのスキャンが始まります。ソフトは先に削除されたファイルを検出してから、USBメモリを全体的にスキャンします。

USBメモリデータ復元2

ステップ3.スキャンが完成すると、USBメモリにあったデータがすべて表示されます。その中から復元したいデータを選択して「リカバリー」をクリックします。

USBメモリデータ復元3

ステップ2.USBのファイルシステムをFAT32からNTFSに変更

コマンドプロンプト管理者として実行してください。それから、convert E: /fs:ntfsを入力してエンターキーを押してください。(ここでEをドライブ文字と仮定)

このプロセスの実行により、動作速度が速くなるかどうかをチェックすることができます。もし、この対処法が役に立たなかった場合、USBのフォーマットを試してください。フォーマットを実行する前に、上記のように大事なデータをバックアップするのを絶対に忘れないでください。

 

無料で
紛失データを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。