> How to Use > 記憶媒体復旧 > Windows 11でUSBメモリを完璧に復元する方法

Windows 11でUSBメモリを完璧に復元する方法

EaseUSの筆者のプロフィール写真

Tioka | カテゴリ: 記憶媒体復旧 | 2021年07月09日に更新

概要:

新しくリリースされたWindows 11搭載のパソコンでは、USBメモリの復元を実行するのは可能ですか?本文では、Windows 11パソコンでUSBメモリを完璧に復元する方法を皆さんに紹介します。

 

最新のWindows 11にアップグレードしましたが、USBメモリで紛失した写真ファイルなどをWindows 11で復元することが可能ですか?以前のWindowsエディションでしたら、利用可能なデータ復元ソフトは大体USBメモリのデータ復元に対応していましたが、Windows 11でも状況は違っていますか?

実際には、現時点大部のデータ復旧ソフトは最新のWindows 11に互換していませんが、Windows 11でUSBメモリの復元に対応できるソフトは確実に存在しています。本文では、Windows 11でUSBメモリの復元方法を完全に紹介していきたいと思います。

Windows 11でのUSBメモリのデータ紛失について

USBメモリは外付けストレージデバイスだから、Windows 11パソコンでそこに保存しているデータを削除すると、ゴミ箱に移りません。なので、USBメモリでデータを削除したら、後でゴミ箱で削除データを見つけて復元するのもできません。そこで、Windows 11でUSBメモリの復元を実行するには、かなり高度なUSBメモリ復旧ソフトが必要となります。

USBメモリのデータの紛失原因

USBメモリのデータ紛失原因といえば、削除やフォーマットの誤操作は必ず一番主要な原因だと思います。このような誤操作以外にも、たくさんの紛失原因があります。ここでそれについて皆さんに紹介します。

  • 削除の誤操作-(約55%)
  • フォーマットの誤操作-(約15%)
  • USBメモリのファイルシステムの障害-(5%)
  • USBメモリの破損-(5%)
  • USBメモリとパソコンとの接続や転送問題-(5%)
  • パソコンのエラー(アップグレード失敗、ウィルス攻撃、クラッシュ問題など)-(約15%)

USBメモリの紛失データがどこから見つける?

USBメモリでファイルがなくなった場合、または削除された場合、ゴミ箱に移りませんので、どこからそういうファイルを見つけて復元することができますか?

実際には、ゴミ箱で削除ファイルがない場合は、ユーザー自力でファイルを見つけて復元するのは既にできなくなります。しかし、USBメモリのデータがなくなると、消失ファイルはパソコンで見つけることができないとしても、完全に復元できないわけでもありません。消失/削除ファイルが新しいデータに上書きされない限り、専門のデータ復旧ソフトを借りて復元することはできます。

Windows11でのusbメモリの復元原理

上記画像のように、削除データが占める領域を再利用可能な状態にするために、USBメモリから削除したデータは、パソコンに不要ファイルとマークされ、隠されてしまいます。そこで、USBメモリに新しいデータを保存しない場合は、削除ファイルを取り戻すことができます。

ということで、Windows 11でUSBメモリの復元を実行したい場合は、下記2点に十分に注意を払っていただきたいと思います。

  • 1.USBメモリのデータ復旧作業をなるべく早めに行うこと
  • 2.USBメモリのデータ復旧成功率を高めるため、利用を止めること
  • 3.Windows用のデータ復旧ソフトを備えること

おススメのWindows 11互換のデータ復旧ソフト

それでは、ここでWindows 11に互換しているUSBメモリ復旧ソフトを皆さんにおススメします。EaseUS Data Recovery Wizardという復旧ソフトは、安全安心で復旧率も非常に高いレベルで保っています。それに、データ復旧ソフトとして、プライバシー情報をサーバーなどにアップロードすることがなく、ネット接続がない環境でも安心に利用できます。だから、個人情報の漏洩についての心配は要りません。

また、このソフトはWindows 11に完璧に互換していますし、USBメモリの復元にも対応しています。Windows 11でEaseUS Data Recovery Wizardをパソコンにインストールして立ち上げると、一番初期の画面でUSBメモリを選択してスキャンできます。それから、強力的なスキャン&復元機能は、USBメモリを徹底的に解析し、削除データを全部検出してくれます。

それでは、下記のステップを参照して、Windows 11でUSBメモリを復元しましょう。

Windows 11でデータ復旧ソフトを使ってUSBメモリを復元する操作手順

ステップ1.ソフトを開き、初期画面で復元したいUSBメモリを選択した上、「スキャン」をクリックします。

USBメモリデータ復元1

ステップ2.USBメモリへのスキャンが始まります。ソフトは先に削除されたファイルを検出してから、USBメモリを全体的にスキャンします。

USBメモリデータ復元2

ステップ3.スキャンが完成すると、USBメモリにあったデータがすべて表示されます。その中から復元したいデータを選択して「リカバリー」をクリックします。

USBメモリデータ復元3

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

この記事をどのように評価しますか?

 

無料で
紛失データを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。