> How to Use > PC引越し > Windows 7からWindows 10までデータ/アプリを転送する方法

Windows 7からWindows 10までデータ/アプリを転送する方法

Bak | カテゴリ: PC引越し | 2019年12月05日に更新

概要:

現在Windows 7搭載のパソコンを使っていますが、Windows 10のパソコンに買い換えるつもり、或いはWindows 7とWindows 10のデュアルブート環境を作った場合、Windows 7からWindows 10にアプリや個人ファイルなどのデータを転送する必要があります。今日は高機能のデータ移行ソフトで、Windows 7からWindows 10までデータ/アプリを転送する簡単な方法を紹介します。

今すぐダウンロード
6,000万利用者がご信頼
 

Windows 10へとアプリの移行について

現在Windows 7搭載のパソコンを使用中ですが、Windows 10のパソコンに買い換えるつもり、或いはWindows 7とWindows 10のデュアルブート環境を作った場合、Windows 7からWindows 10にアプリや個人ファイルなどのデータを転送する必要があります。

USBメモリやポータブルHDDなどの外付け記憶装置を使って、ファイルをコピー・ペーストすることができますが、とても時間がかかります。それに、この方法によってファイルだけは移行できますが、アプリケーションソフトやプログラムなどの移行はできません。今日は高機能のPC引越しソフトで、Windows 7からWindows 10までデータ/アプリを転送する簡単な方法を紹介します。皆さんが日常的によく使っているOffice Adobeアプリなら、ライセンスを含めて一発に移行することも可能です。

今すぐダウンロード
6,000万利用者がご信頼

Windows 7からWindows 10までデータを転送するツール

使いやすいデータ転送ツールを利用して、パソコンデータの引越しが簡単に実現できます。EaseUS Todo PCTransが、Windows 7/8/8.1/10対応の効率的なPC引越しソフトです。写真、動画、ドキュメント、アプリなどのファイルに限らず、アプリを個人設定と共に異なるPC、システムまで転送することもできます。

LANケーブルで2台のパソコンを繋がるほか、ネットワーク共有フォルダ、クラウド、外付け記憶装置のイメージファイル経由でデータやアプリを移行することも可能です。それに、ソフトのUIが直感的で、初心者でも簡単に使えます。

EaseUS Todo PCTransでデータ/アプリを転送する手順

Step 1: Windows7のPCでTodo PCTransを実行し、「PCからPCへ」を選択します。(画面の右上にある「認証コード」をクリックすることで本PCの認証コードを確認することが可能)

Windows7からWindows10へデータ移行ステップ1

Step 2: ここで移行可能なPCが自動的に検出され、左側に表示されます。左側から目標PCを選択して「接続する」ことができます。目標のWindows 10 PCがない場合は、「PCを追加」ボタンをクリックしてipアドレスで追加することができます。

Windows7からWindows10へデータ移行ステップ2

ご案内:「認証コード」をクリックして認証コードでPCを追加することも可能です。

Windows7からWindows10へデータ移行ステップ3

Step 3: Windows7とWindows10 2台のPCが繋いだ後、転送方向を確認して、転送したいファイル、アプリ、またはアカウントを選択します。「編集」ボタンをクリックして転送したいデータを自由に選択します。

Windows7からWindows10へデータ移行ステップ5

Step 4:  転送したいデータを全て決定した後、「転送」ボタンをクリックして、移行を始めてください。

Windows7からWindows10へデータ移行ステップ6

また、ソフトの詳細についてもと知りたい方は、ソフトの紹介ページへ!

今すぐダウンロード
6,000万利用者がご信頼

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>