> How to Use > PC引越し > プロダクトキーでOfficeをWindows 10からWindows 11に転送する

プロダクトキーでOfficeをWindows 10からWindows 11に転送する

EaseUSの筆者のプロフィール写真

モンディー | カテゴリ: PC引越し | 2022年06月08日に更新

概要:

このガイドに従って、OfficeをWindows 10からWindows 11に簡単に転送します。また、プロダクトキーを見つけて保存する方法も知っておいてください。

 

よくある質問

OfficeをWindows 10からWindows 11に転送できますか?

OfficeをWindows 10からWindows 11に転送する公式方法がありませんが、そのためのサードパーティ製のソフトウェアが利用できます。それらを利用すれば、プログラムを最も効果的に転送できます。 

Windows 11はOfficeなどのWindows 10プログラムと互換性がありますか?

Windows 10のプログラムはWindows 11と互換性がありますが、Officeソフトウェアを新しいコンピューターにコピーすることはできません。また、プログラムをクラウドにアップロードして、新しいデバイスにダウンロードすることもできません。 

Windowsを更新するたびに、Microsoftはそのハードウェア要件を変更します。Windows 11ももちろんです。Windows 10/7/8/8.1を使用するすべてのWindowsユーザーにとって、プログラムの転送に必要な要件に従えば、Officeなどのアプリケーションを転送できます。 さらに、起動の問題はありません。

Windows 10からWindows 11コンピューターにOfficeを転送する方法

ソフトウェアまたはアプリケーションを別のコンピューターに転送するには、いくつかの方法があります。しかし、これらの方法はいずれも、プログラムのプロダクトキーの保存をサポートしません。

それを解決するために、EaseUS Todo PCTransの利用をお勧めします。ソフトウェアのクラウドバックアップを作成するだけでなく、プロダクトキーをTXTファイルに保存する機能もついています。 

OfficeをWindows 10からWindows 11に転送しようとするWindowsユーザーの場合、2つの簡単な手順でアプリケーションを新しいWindowsに転送しましょう。  

信頼性できるWindows引越しソフトをダウンロード-EaseUS Todo PCTrans

プログラムをWindows 10からWindows 11に移動するには、EaseUS Todo PCTransを強くお勧めします。非常に簡素化された転送プロセスと、ユーザーフレンドリーなインターフェイスを持っています。また、ネットワーク接続とローカル転送の両方を使用して、OfficeをWindows 10からWindows 11に転送できます。 

異なるPCの間でプログラムを転送できるソフトウェアは他にもいくつかありますが、どれもプロダクトキーを見つけることはできません。それに対して、EaseUS Todo PCTransは、インストール済みのアプリのプロダクトキーをすべて見つけて、新しいWindowsでそれらのアプリを使い続けることをサポートしています。 

Windows 11ユーザーの場合、古いコンピューターと新しいコンピューターの両方にEaseUS Todo PCTransをダウンロードしてインストールします。

Windows 10でOfficeのプロダクトキーを探す

ステップ1. EaseUS Todo PCTransを実行して「プロダクトキー」を選択します。

プロダクトキーの閲覧/エクスポートステップ1

ステップ2.ソフトは自動的にパソコンの各製品をスキャンして、すべてのプロダクトキーを検出します。

プロダクトキーの閲覧/エクスポートステップ2

ステップ3.スキャンが終わったら、「保存」をクリックすることで、全てのプロダクトキーを1つのTXTファイルにエクスポートすることができます。

プロダクトキーの閲覧/エクスポートステップ3

EaseUS Todo PCTransの機能:

  • 使いやすいインターフェース
  • ファイルと設定を新しいコンピューターに自動的に転送
  • 画像ファイルを転送
  • 起動しないコンピューターからのデータ復旧

操作ガイド:Windows 10からWindows 11へのOffice転送

EaseUS Todo PCTransをWindows 10とWindows 11の両方のコンピューターに正常にインストールし、起動します。その後、OfficeをWindows 10からWindows 11に移行する手順に従います。 

Step 1:Todo PCTransを2台のPCに同時に実行し、「PCからPCへ」を選択します。(画面の右上にある「認証コード」をクリックすることで本PCの認証コードを確認することが可能)

office転送するステップ1

Step 2:ここで移行可能なPCが自動的に検出され、左側に表示されます。左側から目標PCを選択して「接続する」ことができます。目標PCがない場合は、「PCを追加」ボタンをクリックしてipアドレスで追加することができます。

office転送するステップ2

ご案内:「認証コード」をクリックして認証コードでPCを追加することも可能です。

office転送するステップ3

Step 3:アプリカテゴリで「編集」ボタンをクリックして転送したいアプリ(MS Office)を自由に選択します。

office転送するステップ5

Step 4: 「転送」ボタンをクリックして、Officeアプリの移行を始めます。

office転送するステップ6

追加ヒント:転送されたOfficeがWindows 11で動作するかどうかを確認

上記の転送プロセスが完了したら、転送されたOfficeがWindows 11で動作できるかどうかを確認する必要があります。

ステップ1.まず、Windows 11 PCを再起動します。

ステップ2.PCが再起動したら、デスクトップからOfficeアイコンを見つけます。見つからない場合は、検索ボックスでそれを検索してください。

ステップ3.Officeアイコンをクリックして起動します。

ステップ4.Windows 11で初めてOfficeを起動する場合、プロダクトキーが必要です。EaseUS Todo PCTransを使用するか、保存されているファイルからプロダクトキーを検索できます。

保存されたファイルからOfficeのプロダクトキーを見つける

プロダクトキーをTXTファイルに保存したら、そこにプロダクトキーが見つかります。

ステップ1.ソフトウェアのプロダクトキーが保存されたファイルを開きます。

ステップ2.その後、プロダクトキーをコピーし、Officeを再アクティブ化にします。 

すべてのシリアル番号を常にTXTファイルに保存しておくことをお勧めします。

これまですべての手順に従ったうえで、起動時にもエラーが発生しなかったら、OfficeはWindows 11で正常に機能できるはずです。

関連記事:旧PCから新PCへMicrosoft Officeを移行する方法

結論 

コンピューターを買い替えた後、Office、Photoshopやその他のアプリを転送したい場合は、強力なEaseUS Todo PCTransがお役に立ちます。Windows 10からWindows 11にアプリを転送するだけでなく、Windows 7/8/8.1/XPなどの以前のバージョンもサポートします。さらに、Epic Gamesを別のドライブに移動したり、コンピューターの設定を新しいドライブに移動したり、プロダクトキーを迅速に保存して表示したりすることができます。 

だから、ファイルも転送しいたいのなら、EaseUS Todo PCTransをインストールして、転送プロセスを高速化してみましょう!

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>