> How to Use > PC引越し > 「超詳細」マインクラフトを別PCに完全移行する方法

「超詳細」マインクラフトを別PCに完全移行する方法

Tioka | カテゴリ: PC引越し | 2020年10月16日に更新

概要:

本文では、マインクラフトを別PCに完全移行する方法を紹介します。この方法に従って、マイクラの移行を行うと、マイクラに関する全てのデータが移行されますので、新しいPCで再配置せず、そのまま遊び続けることができます。

今すぐダウンロード
6,000万利用者がご信頼
 

マインクラフト|Minecraftについて

マインクラフトは世界で一番売れているPCゲームとして、様々なプラットフォームと通じて、これまでに1億本をはるかに超える本数が売れています。世界で一番人気を持っているゲームとして、日本でも身近にプレイヤーがたくさんいるという実感があります。

マインクラフトの移行

買い直すのは嫌だったので、移行方法お願いします!

「一度買ったマイクラを、他のPCに移すことができますか?」というのは、プレイヤーがよく聞いている質問です。

確かに、もし以前にゲームを買ったことがありますから、もうちゃんとお金を払っていますし、PCアップグレードの時にそのまま新しいPCでゲームを利用し続けたいと願うのも当然です。しかしながら、マイクラを移行する方法が分からなくて、新しいPCでゲームを再ダウンロードし、新しいライセンスを購入して認証するユーザーも少なくないみたいので、本文では、マインクラフトを別PCに完全移行する方法を皆さんに紹介します。移行方法はまだ分からない方は、この方法に従って操作してください。買い直しが不要!

マインクラフトの移行について

マインクラフトの移行といえば、単純にインストールファイルを移行することだけではありません。ゲームセーブデータ、ライセンス認証状態なども一括に移行するのは一番理想的な状況だと思われています。新しいPCでマインクラフトをダウンロードして、認証を行う場合、料金がもう一度発生する可能性がありますので、マインクラフトの移行を通じて、そのままゲームの配置なども移行してみましょう。

今すぐダウンロード
6,000万利用者がご信頼

ここでマインクラフトの移行に完全対応するデータ移行ソフト-EaseUS Todo PCTransを皆さんに紹介します。このソフトを使ったら、マインクラフトのインストールファイル、セーブデータ、ライセンスなどを一括に別PCに移行することができます。マインクラフトのデータ移行を行うと、新しいPCでそのまま遊びを開始することができます。

マインクラフトを別PCに完全移行する方法

この部分では、上記のデータ移行ソフト-EaseUS Todo PCTransを使って、マインクラフトを完全に別PCに移行する方法を皆さんに紹介します。

Step 1:Todo PCTransを2台のPCに同時に実行し、「PCからPCへ」を選択します。(画面の右上にある「認証コード」をクリックすることで本PCの認証コードを確認することが可能)

ゲームを転送するステップ1

Step 2:ここで移行可能なPCが自動的に検出され、左側に表示されます。左側から目標PCを選択して「接続する」ことができます。目標PCがない場合は、「PCを追加」ボタンをクリックしてipアドレスで追加することができます。

ゲームを転送するステップ2

ご案内:認証コード」をクリックして認証コードでPCを追加することも可能です。

ゲームを転送するステップ3

Step 3:アプリカテゴリで「編集」ボタンをクリックして転送したいゲームアプリを自由に選択します。

ゲームを転送するステップ5

Step 4: 「転送」ボタンをクリックして、ゲームの移行を始めます。

ゲームを転送するステップ6

今すぐダウンロード
6,000万利用者がご信頼

移行後、マインクラフトの設定、認証状態が間違っている時の対処法

上記の移行方法に従って、移行後のゲームの設定、認証状態が間違いないはずなのですが、もし万が一、何かが間違って正確に動作しない場合、下記の対処法を参照して手動で修復しましょう。データ移行ソフトは、移行するゲームに関連するデータなどを自動的に検索して移行を行います。だから、もしゲームデータの検索が不完全な場合、新しいPCでゲームの設定などが間違う可能性があります。

手動でマイクラの全ての移行方法

  • 1.キーボードでWin + Rキーを同時押し、ファイル名を指定して実行を開きます。
  • 2.%appdata%と入力、フォルダが開きます。
  • 3.その中の.minecraftを見つけ、それを新しいPCの同じ場所(%appdata%で開くフォルダー)にコピーします。

 

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>