> How to Use > PC引越し > Microsoft OfficeをWindows 11パソコンに移行する

Microsoft OfficeをWindows 11パソコンに移行する

EaseUSの筆者のプロフィール写真

Tioka | カテゴリ: PC引越し | 2022年01月16日に更新

概要:

Microsoft OfficeスイートのWord、Excel、Powerpointのいずれかでもオフィス業務に必要なプログラムデス。それでは、Windows 11パソコンに買い替えると、どうやってMicrosoft Officeをプロダクトキーを含めて新しいWindows 11に移行すればいいですか?本文では、プロダクトキーを含めてMicrosoft OfficeをWindows 11パソコンに移行する方法を皆さんに紹介します。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼
 

Windows 11パソコンにMicrosoft Officeを移行したい!

「5年も使ったWindows 7のパソコンの動作がなかなか遅くなったので、効率性を上げるため、しょうがなくて新しいWindows 11搭載のパソコンを購入しました。しかし、Windows 11パソコンで毎日も使うMicrosoft Officeをインストールすると、無料試し期間を過ぎると、プロダクトキー認証のウィンドウが表示されます。この前に、プロダクトキーを購入したのですが、今はそのプロダクトキーを見つけることができなくなりました。このような場合は、Microsoft Officeのプロダクトキーをどこで確認できますか?古いパソコンからWindows 11のパソコンにプロダクトキーを移行することができますか?」

確かに、Windows 11のリリースに伴って、多くのユーザーは、現在使用中のパソコンをWindows 11搭載のパソコンに買い替えようとしています。Microsoft Officeは一番頻繁に使用される業務ソフトとして、それを一緒に新しいWindows 11パソコンに移行する必要は必ずあると思います。

  • 新しいパソコンにMicrosoft Officeスイートをインストールすると、どうやってプロダクトキーを認証すればいいですか?
  • どこでOfficeのプロダクトキーを確認できますか?
  • Microsoft Officeスイートを含めて新しいパソコンに移行することができますか?

本文では、上記の質問に対して、一番簡単な対策を皆さんに紹介します。

1.プロダクトキーを含めてOfficeスイートをWindows 11に移行する

Officeスイートのプロダクトキーを見つけて、新しいWindows 11のパソコンにOfficeをダウンロード&インストールして、プロダクトキーの認証を行うのは、普段の移行プロセスですが、それはやや面倒臭いのです。実際には、1クリックだけでプロダクトキーを含めてOfficeスイートを完全にWindows 11搭載パソコンに移行する方法があります。 

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

EaseUS Todo PCTransは、非常に強力のデータ移行ソフトとして、新しいパソコンに買い替える場合、なんでも1クリックで古いパソコンから新しいパソコンに移行することができます。ファイルでも、プログラムでも、アカウントでも簡単に移行することができます。

また、このデータ移行ソフトを使って、プログラムを移行する場合、プログラムには認証済みのプロダクトキーがついている場合、それも一緒に移行することができます。つまり、このデータ移行ソフトを使って、Microsoft Officeを新しいWindows 11のパソコンに移行すると、新しいパソコンでOfficeスイートを再インストールする必要もないし、プロダクトキーを認証する必要もありません。移行プロセスが完了したら、すぐに元通りに使えます。

Step 1:Todo PCTransを2台のPCに同時に実行し、「PCからPCへ」を選択します。(画面の右上にある「認証コード」をクリックすることで本PCの認証コードを確認することが可能)

office転送するステップ1

Step 2:ここで移行可能なPCが自動的に検出され、左側に表示されます。左側から目標PCを選択して「接続する」ことができます。目標PCがない場合は、「PCを追加」ボタンをクリックしてipアドレスで追加することができます。

office転送するステップ2

ご案内:「認証コード」をクリックして認証コードでPCを追加することも可能です。

office転送するステップ3

Step 3:アプリカテゴリで「編集」ボタンをクリックして転送したいアプリ(MS Office)を自由に選択します。

office転送するステップ5

Step 4: 「転送」ボタンをクリックして、Officeアプリの移行を始めます。

office転送するステップ6

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

2.Officeスイートのプロダクトキーを確認して手動に移行する方法

上記の方法以外、自分でOfficeスイートのプロダクトキーを確認してから、新しいWindows 11パソコンでOfficeスイートをインストールして認証することです。この方法でOfficeスイートをWindows 11搭載のパソコンで移行するには、4つのステップが必要です。

  • ステップ1.古いパソコンからOfficeスイートをアンインストール
  • ステップ2.Windows 11搭載パソコンでOfficeスイートをインストール
  • ステップ3.古いパソコンでOfficeスイートのプロダクトキーを確認
  • ステップ4.Windows 11搭載のパソコンでプロダクトキーを認証

1.古いパソコンからOffice製品をアンインストール

スタートメニューから「プログラムと機能」を検索>一覧からOfficeの製品を探し出し、右クリック>「アンインストール」

2.Windows 11搭載パソコンにOffice製品をインストール

Office製品を購入した際についてくるDVDを使用して、新しいパソコンにインストールします。この際、プロダクトキーが必要になるので事前に準備しておきましょう。Office 2013/2016/2019/2021/365をネットから手に入れたい場合は、Microsoft公式からダウンロードして再インストールすることができます。

お持ちのOfficeのプロダクトキーのバージョンによって、下記のリンクからダウンロードしてパソコンにインストールしてください。

現在最新のOffice 2021、またはOffice 365をダウンロードしてインストールする

Office 2019/2016/2013をダウンロードしてインストールする

3.古いパソコンでOfficeのライセンスを確認

古いパソコンでOfficeスイートのプロダクトキーを確認するには、ここでEaseUS Key Finderを使用することがおすすめです。このプログラムを使って、1クリックで自動的にパソコンのすべてのプログラムのプロダクトキーを検出することができるので、非常に便利です。

今すぐダウンロード
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

手順1. 「キー」の下の「アプリケーション」をクリックします。

EaseUS Key Finderでプロダクトキーを確認する1

手順2.右側のパネルでアプリケーションレジストリキーを表示します。EaseUS Key Finderは、インストールされているソフトウェアのすべてのキーを表示します。対象のシリアル番号をコピーします。「プリント」/「保存」をクリックすることもできます。

EaseUS Key Finderでプロダクトキーを確認する2

今すぐダウンロード
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

4.新しいパソコンでライセンス認証

Office 2010/2013のインストールが完了すると、「Microsoft Office ライセンス認証ウィザード」が起動される。(※起動されない場合:「ファイル」タブ>「ヘルプ」>「ライセンス認証」をクリック)
まずはインターネット経由での認証を試してみます。もしインターネットでの認証ができない場合は、電話でライセンス認証をしてください。
ガイドに従って、残りの手順を行ってください。

(確認)
ファイル」タブ>「ヘルプ」でライセンス認証されているかどうか確認可能です。

officeのライセンス認証

3.Office 365をWindows 11パソコンに移行する

Office 365はマイクロソフトが提供するMicrosoft Office製品ラインのサブスクリプションサービスです。このブランドにOffice 365のロゴは、Microsoft Officeソフトウェアスイートをサブスクリプション期間中に利用できるプランのほか、Exchange Server、Skype for Business Server、SharePointなどのビジネス環境向けクラウドベースのSaaSとして利用できるプランが含まれています。これらのプログラムの従来のライセンス(新しいバージョンでは新しいライセンスを購入する必要がある)とは対照的に、すべてのOffice 365プランにはそれぞれのソフトウェアの自動更新が追加料金なしで含まれています。

つまり、Office 365を利用している場合、新しいWindows 11搭載のパソコンに買い替えても、プロダクトキーを確認して認証する必要がなくなります。Office 365は、Microsoftアカウントと連携しているので、新しいパソコンでMicrosoftアカウントにログインすると、Officeは認証済みな状態になります。

Office 365にログイン

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>