> How to Use > PC引越し > 「完全移行」AutoCADを他のパソコンに移行する方法

「完全移行」AutoCADを他のパソコンに移行する方法

EaseUSの筆者のプロフィール写真

Tioka | カテゴリ: PC引越し | 2021年04月12日に更新

概要:

AutoCADは多くのユーザーにとって不可欠なソフトなので、新しいパソコンを買い替える場合は、そのソフトをそちらに移行する必要があります。本文では、AutoCADというソフトを新しいパソコンに移行する方法を皆さんに紹介します。

今すぐダウンロード
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼
 

AutoCADについて

AutoCAD(オートキャド)は、オートデスク株式会社が開発する汎用のCADソフトウェア。1982年、最初のバージョンである1.0が発売された。建築・土木・機械分野をはじめとして、汎用CADとして多く利用されている。このソフトは、多くの建設・土木・機械分野の従業者にとってとても不可欠なものなので、新しいPCを購入した場合、ソフトを一緒に移行しないと正常に仕事もできません。

オートキャドというソフトウェア

AutoCADの移行について

AutoCADは建設・土木・機械分野においてとても汎用されている専門ツールとして、使うにはライセンスが必要となります。それでは、もし新しいパソコンを買って、AutoCADを新しいパソコンにインストールして設置するには、めちゃくちゃ時間がかかります。だから、AutoCADを移行したい場合、専門のデータ移行ソフトをおすすめします。データ移行ソフトを使って、AutoCADを新しいパソコンに移行すれば、時間がかかって再インストールする必要もなくなります。

今すぐダウンロード
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

おススメのAutoCAD移行ソフト

AutoCADを新しいパソコンに移行する場合は、EaseUS Todo PCTransが最適なソフトです。このソフトは、AutoCADの移行に完璧対応し、たったの数簡単なステップだけでソフトを新しいパソコンに移行することができます。次は、具体的な操作ガイドを皆さんに紹介します。

EaseUS Todo PCTransでAutoCADを他のパソコンに移行する方法

この部分では、EaseUS Todo PCTransという高機能のデータ復旧ソフトを使ってソフトを新しいパソコンに移行する方法を紹介します。とても分かりやすい説明なので、初心者でもこのガイドに従って順調にAutoCADの移行ができると思います。

Step 1:Todo PCTransを2台のPCに同時に実行し、「PCからPCへ」を選択します。(画面の右上にある「認証コード」をクリックすることで本PCの認証コードを確認することが可能)

アプリ転送するステップ1

Step 2:ここで移行可能なPCが自動的に検出され、左側に表示されます。左側から目標PCを選択して「接続する」ことができます。目標PCがない場合は、「PCを追加」ボタンをクリックしてipアドレスで追加することができます。

アプリ転送するステップ2

ご案内:認証コード」をクリックして認証コードでPCを追加することも可能です。

アプリ転送するステップ3

Step 3:アプリカテゴリで「編集」ボタンをクリックして転送したいアプリを自由に選択します。

アプリ転送するステップ5

Step 4: 「転送」ボタンをクリックして、アプリの移行を始めます。

アプリ転送するステップ6

今すぐダウンロード
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

AutoCADのライセンス移行

上記の手順に従って、AutoCADを効率的に新しいパソコンに移行したら、ライセンスがなくなったか、ライセンスが使えない場合、下記の手順を参照してライセンスを新しいパソコンに移行することもできます。

AutoCADバージョン別のライセンス転送の方法:

  • 【AutoCAD 2010 以降、またはAutoCAD LT 2010 以降 の場合】

AutoCAD 2010 以降、またはAutoCAD LT 2010 以降の スタンドアロン版の場合、「ライセンス転送ユーティリティ (以下、LTU) 」という機能があります。LTU 機能についての詳細は下記を参照してください。

参照: OLT: ライセンス転送ユーティリティ(LTU)の使用方法について

  • 【AutoCAD 2000i ~ AutoCAD 2009、またはAutoCAD LT 2005 ~ AutoCAD LT 2009 の場合】

AutoCAD 2000iから AutoCAD 2009、またはAutoCAD LT 2005 ~ AutoCAD LT 2009 までのスタンドアロン版製品については「ポータブルライセンスユーティリティ(以下、PLU )」という機能があります。
新しい PC にインストールした際に、再度アクティベーションコードを取得する必要はありません。PLU 機能についての詳細は下記を参照してください。

参照: ソフトウェア ライセンス管理(SLM)に関するFAQ (AutoCAD 2000i/2002)

参照: ポータブル ライセンス ユーティリティを使用する (AutoCAD 2004~2009、およびAutoCAD LT 2005~2009)

  • 【AutoCAD LT 2002/2004 の場合】

以前取得したアクティベーションコードを新しい PC に入力すると、以前通りに使用することができます。

  • 【AutoCAD LT 2000i 以前】

CD キー認証を行い、移行先の PC へ製品をインストールすると以前どおりに使用することができます。

  • 【AutoCAD 2000 以前の場合】

AutoCAD 2000 以前のバージョンについては、ハードウェアロックを PC 背部(パラレルポート)に取り付けてライセンスを認証させる必要があります。これを移行先の PC と付け替えを行うことで、製品を移行することが可能です。

上記の操作手順を参照して、どのバージョンのAutoCADライセンスをも新しいパソコンに移行することができます。もし上記の手順を参照しても、ライセンスを成功に移行できない場合は、AutoCADのサポートセンターにご連絡ください。

AutoCADサポートセンター:https://knowledge.autodesk.com/ja/contact-support/installation-activation/activation-registration

参照元:使用しているパソコンを変更するときのオートデスク製品のインストール方法を教えてください|AutoCAD公式より参照

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>