> How to Use > PC引越し > Windows PC同士でファイルを共有する方法

Windows PC同士でファイルを共有する方法

Tioka | カテゴリ: PC引越し | 2019年12月20日に更新

概要:

2台のPC間でファイルを共有するにはどうしたらいいですか。一般的には、ユーザーが外付けストレージデバイスでファイルをやり取りしていますが、無線Lanでファイルを共有することもできます。この記事では、Windows PC同士でファイルを共有する方法を複数皆さんに紹介するので、ファイル共有の方法にあまり詳しくない方はこの記事を参照して下さい。

今すぐダウンロード
6,000万利用者がご信頼
 

Windows PC同士のファイル共有・移行

一般的には、Windows PC同士でファイルを共有する方法はいくつかあるが、中には比較的に簡単な方法があります。例えば、USBメモリなどの外付けストレージデバイスでファイルを転送するには手順が面倒くさくて、非常に時間がかかる場合があります。が、無線Lanで共有する場合、PC引越しソフトを使えば、手順が著しく安くなり、超高速に転送することも実現されます。

本文では、上記で触れた外付けストレージデバイスで共有する方法と、無線Lanで共有する方法を皆さんに紹介していきたいと思いますので、ご要望によって適切な方法を選択してWindows PC同士でファイルを共有しましょう。

1.外付けストレージデバイスでファイルを共有する

一般ユーザーにとって、外付けストレージデバイスでファイルを共有するのは最も常用な方法です。USBメモリ、外付けHDDはWindows PC同士でファイルを共有する時によく使われているデバイスです。やり方は下記のステップに従ってファイルを共有しましょう。

  • 1.外付けストレージデバイスをパソコンに接続します。
  • 2.Windows PCで共有したいファイルを選択してコピーします。
  • 3.コピー済みのファイルを外付けストレージデバイスに貼り付けます。
  • 4.外付けストレージデバイスをパソコンから取り外し、別のパソコンに接続します。
  • 5.外付けストレージデバイス内のデータを現在接続中のパソコンにコピーします。

以上の手順に従い、PCから移行したいファイルをまず外付けストレージに保存して、また外付けデバイスからもう1台のPCに移行するというステップでPC間のファイル共有が実現されます。この手動の方法もそんなに難しそうに見えないですが、共有したいデータ量が多すぎる場合は、ファイルの選択は相当面倒になるので、この方法の代わりに、無線Lan経由の自動ファイル共有を行うことがおススメです。

2.無線LanでPC間のファイルを共有する

今すぐダウンロード
6,000万利用者がご信頼

外付けデバイスでファイルを共有する方法より、もっと無制限且つ効率的な方法はあります。それは無線Lan経由でPC間のファイルを共有するのです。無線Lanを使ってファイルを共有するには、ファイル転送ソフトと一緒に使う必要があります。ここでEaseUS Todo PCTransという使いやすいファイル共有ソフトがおすすめです。このソフトを使って、無線Lanの環境で楽にWindows PC同士でファイルを共有することができます。

Step 1:Todo PCTransを2台のPCに同時に実行し、「PCからPCへ」を選択します。(画面の右上にある「認証コード」をクリックすることで本PCの認証コードを確認することが可能)

データ転送するステップ1

Step 2:ここで移行可能なPCが自動的に検出され、左側に表示されます左側から目標PCを選択して「接続する」ことができます。目標PCがない場合は、「PCを追加」ボタンをクリックしてipアドレスで追加することができます。

データ転送するステップ2

ご案内:認証コード」をクリックして認証コードでPCを追加することも可能です。

データ転送するステップ3

Step 3:転送したいファイル、アプリ、またはアカウントを選択します。「編集」ボタンをクリックして転送したいデータを自由に選択します。

データ転送するステップ5

Step 4: 転送したいデータを全て決定した後、「転送」ボタンをクリックして、移行を始めてください。

データ転送するステップ6

今すぐダウンロード
6,000万利用者がご信頼

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>