> How to Use > PC引越し > Windows Server 2022/2019/2016で大容量ファイルの場所を検索する方法 - EaseUS

Windows Server 2022/2019/2016で大容量ファイルの場所を検索する方法 - EaseUS

EaseUSの筆者のプロフィール写真

Yiko | カテゴリ: PC引越し | 2022年05月07日に更新

概要:

サーバー上で実行されるアプリケーションが高速に動作するように、サーバーに十分な空き容量を確保することが重要です。本記事では、空き容量を確保するために、コマンドラインツールやEaseUS Todo PCTrans Technicianを使って、Windows Serverからすべてのジャンクファイルや一時ファイルを削除する方法をご紹介します。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼
 

現在、速度が遅いハードディスクではなく、ソリッドステートドライブ(SSD)を使用するユーザーが圧倒的に多くいらっしゃいます。普通のハードディスクは、ストレージ容量が膨大です。反対に、SSDは高速ですが、高価であり、ストレージ容量が不足しています。SSD容量は、ほとんど256ギガが上限となっています。テラバイトのソリッド・ステート・ドライブを搭載したシステムを目にすることは、ほとんどありません。このようなストレージの制限があるため、特にWindows Server 2022/2019/2016では、すべてのストレージをいっぱいにすることは非常に簡単です。

そこで、この記事では、Windows Server 2022/2019/2016で大きなファイルを見つけることができる最も簡単な方法のいくつかについて説明します。

Windows Serverで大容量ファイルを探すには?

ここでは、Windows Server上の最も広範囲なファイルを手間をかけずに検索するための、3つの簡単な方法を説明します。その3つの方法とは、以下の通りです。

  • EaseUS Todo PCTrans Technicianを使用してWindows Server上の大容量ファイルを検索する
  • PowerShellを使用してWindows Server内の大容量ファイルを検索する
  • CMDを使ってサーバーのドライブにある大容量ファイルを探す

上記の3つの方法は、Windows Serverで大容量ファイルを見つけることができる最も簡単な方法です。しかし、PowerShellとコマンドプロンプトを使用すると、パソコン知識に詳しくない方にとっては難しいかもしれません。

そこで、Windows Server内の最大ファイルを検索する最も簡単で迅速な方法は、EaseUS Todo PCTrans Technicianを使用することです。このソフトは、データ、ファイル、プログラムを適切に管理し、それに対して余計な手間をかけずに様々な操作を行うことができる優れたツールです。これから、前述したようなすべての方法を使って、Windows Server 2022/2019/2016で最も広範囲なファイルを見つける方法を簡単に説明します。ここでは、サーバーコンピューター上の最も大きなファイルを見つけるために従うことができる、与えられた戦略のステップバイステップガイドを紹介します。

1. EaseUS Todo PCTrans Technicianを使ってWindows Serverで大容量ファイルを検索する(1クリック)

Windows Server上の最も大容量なファイルを見つける簡単な方法を探しているなら、EaseUS Todo PCTrans Technicianという安全な検索ソフトをお勧めします。プロなIT作業者が複数のPCを同時に管理するには、非常に費用対効果の高いオプションです。また、このソフトの使用方法について何かご不明なところがあれば。無料のテクニカルサポートも提供しています。ソフトウェアをインストールせずに直接転送できるプログラム、ローカルディスク間の柔軟な転送ソリューションなど数多くの機能が備えます。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

ご興味があれば、青ボタンをクリックして、無料ダウンロードできます。コダウンロードした後、ソフトを開くと、以下の操作手順を参考にして、大容量のファイルを検索します。

ステップ1. EaseUS Todo PCTransを実行して左側のメニューで「大容量ファイルクリックアップ」を選択して、「スタート」ボタンをクリックして大容量ファイルのクリーンアップを開始します。

大容量ファイルを移行するステップ1

ステップ2.スキャンしたいドライブを選択して、「スキャン」をクリックすることで、当該ドライブに存在している20MB以上のファイルが全て検出されます。

大容量ファイルを移行するステップ2

ステップ3.ここで削除したい大容量ファイルを選択して「移動」をクリックします。(参照ボタンをクリックすることで、大容量ファイルの移動先を指定することができます。)

大容量ファイルを移行するステップ3

 

2. PowerShellを使ってWindows Serverで大きなファイルを見つける

パソコンにサードパーティソフトをインストールしたくない場合は、PowerShellを使用してシステム内の最大ファイルを見つけることもできます。一般的に、Windows Serverで最大のファイルを見つけることは非常に困難な作業ですが、PowerShellスクリプトの助けを借りて、問題なく簡単にシステムで最大のファイルを見つけることができます。以下は、このアクションを実行するための操作手順です。

操作手順

ステップ1:検索バーに 「Windows PowerShell ISE 」と入力します。 PowerShellを開き、新しいスクリプトを作成します。ファイルのアイコンをクリックして新しいスクリプトを作成する、あるいはショートカットキーCtrl + Nを押します。

ステップ2:PowerShell ISEエディタ内で、このコードを入力またはコピーペーストして使用します。

Get-ChildItem $folder -recurse -ErrorAction SilentlyContinue |Sort-Object length -descending| Select-Object -first 27 @{Name="MegaBytes";Expression={"{0:F2}" -f ($_.length/1MB)}} , Fullname

ここで注意を払うのは、$folder = "ENTER YOUR DRIVE OR FOLDER PATH HERE "です。

ステップ3:このコードを使ってアクションを実行したい正しいドライブ名を書いていることを確認します。 ここでF5キーを押すか、画面に表示されている緑色の再生ボタンをクリックして、スクリプトを実行します。アクションを実行するのに数分かかりますので、しばらくお待ちください。結果が表示されます。

PowerShellを使ってWindows Serverで大きなファイルを見つける手順

3. CMDを使ってサーバードライブ内の大きなファイルを検出する

コマンドプロンプトを正しく利用すれば、サーバードライブにある大きなファイルを検出することもできます。その操作手順は以下の通りです。

操作手順

ステップ1:まず、Windows + Rキーを押して、「ファイル名を指定して実行」を開きます。「cmd」を入力し、「OK」をクリックします。

ステップ2:コマンドプロンプトが開いたら、次のコマンドを入力し、Enterキーを押して実行してください。

            forfiles /S /M * /C "cmd /c if @fsize GEQ 1073741824 echo @path > largefiles.txt

ステップ3:このコードで実行が完了すると、コマンドはサイズが1GBより大きいすべてのファイルを見つけます。

CMDを使用してサーバードライブ内の大きなファイルを検索する手順

まとめ 

この記事では、Windows Server 2022/2019/2016で最も大容量なファイルを検索ことができる3つの方法について説明しました。これらの方法には、PowerShell、Command Prompt、EaseUS Todo PCTrans Technicianを使用する方法が含まれます。これらの方法はすべて優れており、魅力的に機能します。しかし、もしこれをすべて手間をかけずに行うための提案をするとしたら、EaseUS Todo PCTrans Technicianを使うのが一番簡単な方法で、ワンクリックで行えます。

EaseUS Todo PCTrans Technicianは、作業を効率化にするための多くの機能を提供しています。PCからPCへの転送、アプリの移行、データのバックアップと復元、システムのクリーンアップ、プロダクトキーなどのファイル転送機能で、ディスクスペースの管理と有効活用に最適です。このソフトウェアを使って、壊れたデッドPCからデータを復元することもできます。従って、一度試してみることを強くお勧めします。この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>