> How to Use > PC引越し > 5つの方法でWindows 10でジャンクファイルをクリーンアップする

5つの方法でWindows 10でジャンクファイルをクリーンアップする

Tioka | カテゴリ: PC引越し | 2020年10月16日に更新

概要:

Windowsでインストールしているプログラムは必ずジャンクファイルを生成して、空き容量を占めます。空き容量がどんどん少なくなると、ディスクの容量が足りなくなり、パソコンの動作にも悪影響を与えています。だから、本文ではWindows 10でジャンクファイルをクリーンアップする5つの方法を皆さんに紹介します。パソコンがスムーズに動作するため、これらの方法を見逃しないでください。

今すぐダウンロード
6,000万利用者がご信頼
 

どのくらいの頻度で不要ファイル、クッキーなどを整理しますか?毎日?一週間に一回?年間に数回?したことない?パソコンを使用するだけで、パソコンにインストールしているプログラムがジャンクファイルをたくさん生成します。ジャンクファイルは、アプリを実行する時に、毎回も生成されますので、ジャンクファイルが積めば積むほど、占める容量が大きくなります。もしパソコン上にジャンクファイル、一時ファイル、ログファイル、ダウンロードファイルなどがディスクの容量を占めすぎる場合、パソコンの性能に必ず悪影響を与えます。このような場合になってしまったら、ジャンクファイルをクリーンアップすることで、パソコンをスピードアップする必要があります。

どのようなジャンクファイルが削除可能ですか?

ジャンクファイルのクリーンアップを始める前に、どのようなジャンクファイルが削除可能なのかを知っておくべきだと思います。一般的には、下記の不要ファイルを削除することができます。これらのファイルを削除しても、個人データが消えませんし、不具合も起きません。

  • ゴミ箱のファイル
  • 一時ファイル
  • プログラムの生成ファイル、.thumbnailsファイル、ログファイルなど
  • システムジャンクファイル
  • 特定の大容量ファイル

上記の内容から、どのようなジャンクファイルが削除可能なファイルなのかを知るようになりますが、万が一システムファイルを削除することを防ぐため、事前にシステムをバックアップするか、システム復元機能をオンにすることがおススメです。

それでは、次はジャンクファイルをクリーンアップしてディスクのスペースを解放する効率的な方法を皆さんに紹介します。

方法1.ゴミ箱を空にする

ゴミ箱には最近削除したファイルが含まれています。一般的には、ファイルを削除すると、これらのファイルがゴミ箱に移ります。ただし、ゴミ箱を空にしない限り、これらのファイルが依然として、ハードディスクの容量を占めています。だから、ディスクの空き容量を増やす第一のステップはゴミ箱を空にすることになります。

ゴミ箱を空にする方法

デスクトップでゴミ箱を右クリックし、「ゴミ箱を空にする」を選択します。

方法2.Windows 10で一時ファイルを自動削除する

Windows OSを使用しているなら、ハードドライブに一時ファイルやジャンクファイルが必ずあります。下記のステップに従って設定すると、これらの不要ファイルを自動削除できます。

Windows 10 Fall Creators Update(バージョン1709)がリリースされるとともに、Windows 10 で一時ファイルを自動削除することができるようになった。ごみ箱に移動してから一定な期間が過ぎたファイル、または「ダウンロード」フォルダーに保存してから一定な時間が過ぎたファイルを自動削除することが可能である。期間の設定も1日、14日、30日、60日、または自動削除を許可しないといった5つの項目から1つを選択できる。

ステップ1.Windowsの設定に移動し、システム > ストレージ の順にクリックする。
ステップ2.空き領域を自動的に増やす方法を変更する に移動し、ストレージセンサーがオフにされている場合は、スイッチオンする。
ステップ3.一時ファイルでアプリで使用されていない位置ファイルを削除するにチェックを入れ、下記の2つの項目の削除期間をそれぞれのダウンリストから選択する。

Windows10で一時ファイルを自動削除する設定

方法3.ディスクのクリーンアップでプログラムのファイルなどを整理する

プログラムのファイル、thumbnailsファイルやログファイルは、プログラムがインストールされてから自動的に生成されたファイルです。これらのファイルは基本的に不要なファイルですが、ハードディスクの容量を結構占めています。Windowsに内蔵の「ディスクのクリーンアップ」ツールを使用することで、これらのファイルを削除することができます。次はその操作手順を皆さんに紹介します。

ステップ1.スタートボタンの右側にある「ここに入力して検索」ボックスで「ディスククリーンアップ」を入力します。

ステップ2.ディスククリーンアップを実行するドライブを指定します。

ディスククリーンアップでドライブを選択

ステップ3.ここで「ダウンロードされたプログラムファイル」、「インターネット一時ファイル」、「縮小表示」が黙認にチェックされています。これ以外のファイルを削除したい場合は、項目の前にチェックしてください。

クリーンアップしたいファイルを選択

方法4.システムジャンクファイルを整理する(無料)

今すぐダウンロード
6,000万利用者がご信頼

システムファイルはWindows OSが正常動作するために必要なファイルを指しています。一般的には、これらのシステムファイルを削除、移動、名前変更するなど、いずれかの操作もシステムの障害に繋がりますので、システムジャンクファイルを整理するために、専門のクリーンアップツールがおススメです。EaseUS Todo PCTransというソフトには、「システムクリーンアップ」機能があります。この機能を使うことで、システムのジャンクファイルを自動的に分析し、削除することができます。それでは、下記のステップに従って、システムのジャンクファイルを整理しましょう。

ステップ1.パソコンでEaseUS Todo PCTransを開きます。ソフトの初期画面で「システムクリーンアップ」を選択し、「スキャン」をクリックします。

ジャンクファイルをクリーンアップするステップ1

ステップ2.スキャンのプロセスが完了したら、ジャンクファイルが全て表示されます。ここで削除したいファイルを確認します。

ジャンクファイルをクリーンアップするステップ2

ステップ3.クリーンアップ」ボタンをクリックすることで操作を実行します。

ジャンクファイルをクリーンアップするステップ3

上記のように、簡単な3ステップだけディスクのクリーンアップ操作を実行して、ディスクのスペースを解放することができます。

方法5.大容量ファイルを検出して削除する

ハードディスクの容量を最も占めているのは、もちろん大容量ファイルです。EaseUS Todo PCTransというクリーンアップは、大容量ファイルを完全に検出して削除することも可能です。大容量ファイルをクリーンアップするには、下記のステップに従ってください。

ステップ1.パソコンでEaseUS Todo PCTransを開きます。ソフトの初期画面で「大容量ファイルクリーンアップ」を選択し、スキャンしたいパーティションを選択した上、「スキャン」をクリックします。

大容量ファイルをクリーンアップするステップ1

ステップ2.スキャンのプロセスが完了したら、容量が20MB以上のファイルが表示されます。これらのファイルから削除したいファイルを選択します。

大容量ファイルをクリーンアップするステップ2

ステップ3.削除」ボタンをクリックすることで操作を続けます。それから、ホップアップされるウィンドウで削除ファイルをもう一度確認し、削除をクリックします。

大容量ファイルをクリーンアップするステップ3

今すぐダウンロード
6,000万利用者がご信頼

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>