> How to Use > Macファイル復元 > Macで切り取りしたファイルの復元方法

Macで切り取りしたファイルの復元方法

EaseUSの筆者のプロフィール写真

Bak | カテゴリ: Macファイル復元 | 2021年04月13日に更新

概要:

Macで「Command+X」ボタンでファイルの切り取り操作を実行でき、「Command+V」でファイルをペーストできます。しかし、ファイルを切り取り後、貼り付けを忘れた場合、システムに障害が発生して、ファイルが消えてしまうことがよくあります。EaseUS Data Recovery Wizard for MacというMacファイル復元ソフトをお勧めします。このMac用高機能の復元ソフトを使って、写真、動画、ドキュメント、Eメール、オーティオファイルなどのファイルを簡単に復元できます。

無料体験Mac向け 無料体験Windows向け
復旧率アイコン 復旧率97.3% 3ステップ復元アイコン 3ステップで復元可能
 

コピー、切り取り、削除、貼り付けについて

コピー、切り取り、削除、貼り付けなどの操作を日常的によく使う場合、これらの操作の違いを知っておく必要があると思います。

コピー (Command + C):オリジナルファイルの複写本を作り、複写本への移動、編集の操作はオリジナルファイルに影響を及ぼしません。

切り取り (Command + X):ファイルを切り取りすると、ファイルはディスクプレイで表示されなくなりますが、メモリに留まっています。 

削除 (Command + Delete):ファイルを削除すると、そのファイルはディスクプレイで表示されなくなり、ゴミ箱に移ります。

貼り付け (Command + V):特定の場所で貼り付け操作を行うと、先にコピー/切り取りしたファイルが最出現されます。

切り取り VS 削除

切り取り操作と削除都の違いといえば、切り取り操作は、ファイルや内容を取り除きますが、それをクリップボードに保存します。しかし、削除という操作は、選択した内容やファイルを完全に取り除きます。

メモ:クリップボードで保存される内容は、別の切り取り、コピー、シャットダウンなどの操作を実行した後に消えることになります。

Macで切り取りしたファイルが復元できますか?

「以前に、切り取りしたファイルを復元できますか?とても長い時間をかけて作成したファイルですが、USBメモリに移行していたところ、エラーメッセージが表示され、作業が中断されました。元の場所にも、ゴミ箱にもありません。明日提出しなければならないので、パニックです。Macで切り取りした重要なファイルを復元する方法がありませんか?」

Macで切り取りしたファイルを復元するには?

Macで「Command+X」ボタンでファイルの切り取り操作を実行でき、「Command+V」でファイルをペーストできます。しかし、ファイルを切り取り後、貼り付けを忘れた場合、システムに障害が発生して、ファイルが消えてしまうことがよくあります。

そんな時、EaseUS Data Recovery Wizard for MacというMacファイル復元ソフトをお勧めします。このMac用高機能の復元ソフトを使って、写真、動画、ドキュメント、Eメール、オーティオファイルなどのファイルを簡単に復元できます。

無料体験Mac向け 無料体験Windows向け
復旧率アイコン 復旧率97.3% 3ステップ復元アイコン 3ステップで復元可能

簡単なステップでMacの切り取り済みファイルを復元

EaseUS Data Recovery Wizard for Macは試してから購入できるソフトです。まずは、体験版をダウンロードして、MacパソコンのHDDをスキャンできます。すべての必要なファイルが検出されたことを確認したあと、リカバリーすることができます。

ステップ1.切り取りしたファイルの保存先を選択して、「スキャン」をクリックします。

1.切り取りしたファイルの保存先を選択してスキャンする

ステップ2.クイックスキャンとディープスキャンが、お探しの切り取り済みファイルを検出します。

2.クイックスキャンとディープスキャンを行う

ステップ3.目的のファイルをチェックして、「今すぐ復元」をクリックして保存します。

3.切り取りしたファイルをプレビューして保存する

無料体験Mac向け 無料体験Windows向け
復旧率アイコン 復旧率97.3% 3ステップ復元アイコン 3ステップで復元可能

裏技:データ保護ソリューション

様々なデータ紛失事故からデータを事前に保護するには、ここで3つのアドバイスがあります。

1.定期的にバックアップ。データが予想せぬ原因によってなくなったことを防ぐために、重要なデータを定期的にバックアップするのは一番おススメのソリューションです。データバックアップの習慣を養うと、何のデータ紛失事故が起きても、すぐにバックアップからデータを復元することができます。

2.データ保護機能の利用。上記で紹介したデータ復旧ソフトのEaseUS Data Recovery Wizard for Macはには、データ保護という機能があります。このソフトを利用して、データ保護機能をオンにしたら、データ紛失はゼロになります。

EaseUS Data Recovery Wizard for Macでデータ保護をオンにする手順:

ステップ1.EaseUS Data Recovery Wizard for Macを開き、ディスクのデータ保護機能がオフにされている場合は、ハードドライブの後ろに「保護対象外」という表記があります。そこをクリックします。

データ保護機能をオンにするステップ1

ステップ2.ここでデータ保護のウィンドウがホップアップされます。ここで「簡易プロテクト」と「完全プロテクト」といった2つの保護モードがあります。一番上のタブで選択することができます。

簡易プロテクト:復元の確実性が保証されない期間のみ削除操作を記録する

データ保護機能の保護モード1

完全プロテクト:ディスクの空き容量を確保しつつ、確実に復元するために完全なファイルコピーを保存する

データ保護機能の保護モード1

一般のユーザーにとって、簡易プロテクトだけで十分です。また、「フォルダを追加」ボタンをクリックすることで、データを保護したい特定のフォルダを追加することもできます。

ステップ3.データの保護ウィンドウで機能をスイッチオンすると、初期画面に戻ると、緑色の「保護」マークが付きます。この後、データが紛失になっても、この保護機能によってすぐに取り戻せるようになります。

データ保護機能をオンにしました

無料体験Mac向け 無料体験Windows向け
復旧率アイコン 復旧率97.3% 3ステップ復元アイコン 3ステップで復元可能

まとめ

切り取り操作中になくなったファイルの復元は非常に難しいが、不可能なわけではありません。本文の内容を参照して、自分で専門のツールを使って、復元を試してください。また、重要なデータの紛失を事前に紛失事故を防ぐために、手動で定期的にデータをバックアップするか、データ復元ソフトのデータ保護機能を使ってください。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

この記事をどのように評価しますか?

 

無料で
Macのデータを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。