> How to Use > ディスクコピー > [トップ2]シリコンパワークローンソフトウェア

[トップ2]シリコンパワークローンソフトウェア

EaseUSの筆者のプロフィール写真

Harumoe | カテゴリ: ディスクコピー | 2022年06月22日に更新

概要:

HDD又はSSDの換装やアップグレードを実行する際に、元のデータを完全に新しいデバイスに移行しようと、ディスククローンが必要となります。本記事は、トップ2のクローンソフトウェアの長所短所を比較するうえで、その使い手順をご紹介いたします。

 

コンピュータのストレージがいっぱいになった場合、ハードドライブが頻繁に障害が発生し、データが失われる場合、自宅のコンピューター用の大容量ストレージデバイスや、外出先でデータを保存するための信頼できる方法を探している場合は、ハードドライブをより大きい容量のものに変更するか、SSDにアップグレードすることをお勧めします。シリコンパワーHDDまたはSSDは良い選択となります。従来のハードドライブよりも耐久性と信頼性が高く、重要なデータの保存に最適です。またより高速でエネルギー効率が高く、ラップトップやその他のポータブルデバイスでの使用に最適です。

silicon-power1クローンソフトウェア

元のファイル、データ、システムなどを新しいSilicon Power HDDまたはSSDに簡単かつ効率的に移行するにはどうすればよいですか?ここでは二つのオプションを提供します。

トップ2シリコンパワークローニングソフトウェア

1.EaseUS Disk Copy

EaseUS Disk Copyは、ハードドライブの完全なコピーを作成し、データを失うことなくファイル、アプリケーション、およびオペレーティングシステムを別のハードドライブに移行し、SSDにスムーズにアップグレードするなどをサポートしています。さらに、 Windowsを再インストールせずにディスクをアップグレードすることもサポート、時間とエネルギーを節約できます。

easeus-diskcopy

  • EaseUSディスクコピーの長所

1.シンプルでクリーンなインターフェース
2.幅広いファイルシステムをサポート

  • EaseUSディスクコピーの短所

1.Windowsのみをサポート
2.無料ではありません

2.NTI Echoクローニングソフトウェア

Echo System Cloning Softwareは、システムのクローンをすばやく簡単に作成するための強力なツールです。シンプルで使いやすいインターフェースを備えているため、簡単にクローンを作成できます。これは、ユーザーがHDDを別のHDDまたはSSDに正確にコピーできるようにするSPとNTIの共同製品です。システム全体、または選択したファイルとフォルダーのみのクローンを作成するために利用できます。

  • 3種類のクローン作成

1. 1対1:元のハードドライブのパーティション構造とサイズを保つ
2.ユーザー定義:ユーザーによって、新しいドライブのパーティションのサイズを調整
3.ダイナミックディスク管理:元のドライブのパーティションのサイズを自動的に変更して、より小さなまたはより大きなドライブに合わせる。

nti-echo

  • NTI Echoの短所

1.無料版はRAIDタイプをサポートしない
2.MicrosoftSurfaceデバイスをサポートしない
3. 1対1のドライブクローン作成ユーティリティ(ダイナミックディスクでの動作を目的としたものではない)

EaseUS Disk CopyによってSiliconPowerHDDまたはSSDをクローンする手順

EaseUS Disk Copyは、数回クリックするだけでディスクのクローンを作成できるユーザーフレンドリーなインターフェイスを提供します。

事前通知:

  • 「セクターバイセクター方式コピー」では、ターゲットディスクのサイズが少なくともソースディスクより大きいであるかどうかを確認します。大きなハードディスクを小さなハードディスクに複製する場合は、この機能をオフのままにします。
  • ターゲットディスク上のすべてのデータが完全に消去されるので、注意してください。

ステップ1.[ディスクモード]でこのディスクをソースディスクとして選択し、[次へ]をクリックします。

ディスクコピーとクローン-1

ステップ2.ターゲットディスクを選択した上、「次へ」をクリックします。ターゲット上のデータが全て消去されますという警告メッセージが表示されます。ターゲットディスクに大事なデータがない場合、「OK」をクリックして継続します。

ディスクコピーとクローン-2

:ターゲットディスクは少なくともソースディスクと同じ又はそれ以上の容量であるかを確認してください。

ステップ3.2つのディスクのディスクレイアウトを確認します。[ディスクの自動調整][ソースとしてコピー]、または[ディスクレイアウトの編集]を選択すると、ターゲットディスクのディスクレイアウトを管理できます。 

ディスクコピーとクローン-3

  • 「ディスクの自動調整」では、デフォルトで宛先ディスクレイアウトにいくつかの変更が加えられ、最適な状態で動作できるようになります。
  • 「ソースとしてコピー」はターゲットディスク上で何も変更せず、レイアウトはソースディスクと同じです。
  • 「ディスクレイアウトの編集」を使用すると、このターゲットディスクのパーティションレイアウトを手動でサイズ変更/移動できます。

ターゲットディスクがSSDの場合、SSDの最適化をチェックしてください。

ステップ4.コピーのプロセスが始まります。しばらく待つと、そのプロセスが完了することができます。

ディスクコピーとクローン-4

結論

本記事では、2つのSilicon Powerクローン作成ソフトウェアを提供しました。自分のニーズによって、最も合う一つを選択して作業を始めましょう。EaseUS Disk Copyに興味がある方は、下のダウンロードボタンをクリックして、試してみてください。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>