> How to Use > ディスクコピー > [初心者向け]Windows 11でHDDをSSDに換装する方法

[初心者向け]Windows 11でHDDをSSDに換装する方法

EaseUSの筆者のプロフィール写真

Harumoe | カテゴリ: ディスクコピー | 2022年06月24日に更新

概要:

Windows11で古いHDDを新しいSSDに換装しようと、OSをインストールせずに、どのようにそれを行いますか。本記事は、Windows11環境で、ハードドライブ換装の操作手順を紹介するうえで、それを動作する手順もご説明いたします。

 

HDDはHard Disk Driveの略、SSDはSolid State Driveの略で、HDDもSSDも一般的に使われているハードディスクです。以前、新しく生産されるパソコンのほとんどにHDDが搭載されていました。HDDの方が安価で、記憶容量が大きいからです。現在では、SSDを搭載するパソコンメーカーが増えてきます。SSDは、価格が高くなりましたが、性能がHDDより優れっています。そのため、古いHDDをより優れたSSDに交換するユーザーもますます増えてきます。

HDDをSSDに換装

OSを再インストールせずに、HDDをSSDに交換できる?

ユーザーが気になるのは、古いHDDから新しいSSDにデータを移行する方法でしょう。ただ単に新しいSSDをパソコンに接続するだけでは、Windowsシステムをインストールし、再度パソコンをセットアップしなければいけないです。では、OSの再インストールをしない方法はあるのでしょうか?もちろんです。HDDをSSDにクローンして、新しいSSDをパソコンに入れたら、正常に起動できるようにすればいいのです。HDDのクローン作成には、Windowsにクローン機能が内蔵されていないため、サードパーティのクローンツールが必要となります。ここでは、EaseUS Disk Copyをお勧めします。

Windows11クローン作成-EaseUS Disk Copy

EaseUS Disk Copyは、すべてのWindows OSに完全対応しプロのディスククローニングソフトウェアです。ユーザーがデータを失うことなく、HDDをより大きなHDDやSSDにアップグレードするための便利なツールです。全てのブランドのハードディスクに対応し、ブランド横断的なディスククローニングをサポートします。このソフトの操作がとても簡単で、ディスククローニングやハードディスクの初心者でも使いやすいです。数回クリックするだけで、Windows OSをHDD/SSDに転送したり、不良セクタのあるハードディスクをクローンしたりすることができます。

Windows 11でHDDをSSDに換装する方法

ここでは、まずEaseUS Disk Copyをダウンロードし、下記のガイドに従って、Windows 11でハードディスクのクローンを作成しましょう。新しいSSDをGPTに初期化するか、SSDをMBRからGPTに変換することを忘れないでください。

事前通知:

  • 「セクターバイセクター方式コピー」では、ターゲットディスクのサイズが少なくともソースディスクより大きいであるかどうかを確認します。大きなハードディスクを小さなハードディスクに複製する場合は、この機能をオフのままにします。
  • ターゲットディスク上のすべてのデータが完全に消去されるので、注意してください。

ステップ1.[ディスクモード]でこのディスクをソースディスクとして選択し、[次へ]をクリックします。

ディスクコピーとクローン-1

ステップ2.ターゲットディスクを選択した上、「次へ」をクリックします。ターゲット上のデータが全て消去されますという警告メッセージが表示されます。ターゲットディスクに大事なデータがない場合、「OK」をクリックして継続します。

ディスクコピーとクローン-2

:ターゲットディスクは少なくともソースディスクと同じ又はそれ以上の容量であるかを確認してください。

ステップ3.2つのディスクのディスクレイアウトを確認します。[ディスクの自動調整][ソースとしてコピー]、または[ディスクレイアウトの編集]を選択すると、ターゲットディスクのディスクレイアウトを管理できます。 

ディスクコピーとクローン-3

  • 「ディスクの自動調整」では、デフォルトで宛先ディスクレイアウトにいくつかの変更が加えられ、最適な状態で動作できるようになります。
  • 「ソースとしてコピー」はターゲットディスク上で何も変更せず、レイアウトはソースディスクと同じです。
  • 「ディスクレイアウトの編集」を使用すると、このターゲットディスクのパーティションレイアウトを手動でサイズ変更/移動できます。

ターゲットディスクがSSDの場合、SSDの最適化をチェックしてください。

ステップ4.コピーのプロセスが始まります。しばらく待つと、そのプロセスが完了することができます。

ディスクコピーとクローン-4

Windows 11 で新しい SSD から起動する方法

クローン作成が終わったら、古いHDDを抜いて、SSDをドライバーで接続します。コンピュータを再起動すると、自動的に新しいSSDから起動します。もし古いHDDを残したければ、BIOSの設定で起動順序を変更する必要があります。コンピュータを再起動し、F2/F10/DELキーを押してBIOSに入ります。Boot Optionで、新しいSSDを起動ドライブとして選択し、終了して再起動します。

bios-boot

まとめ

ディスククローニングは、古いHDDを新しいSSDに交換する最も簡単で安全な方法です。なぜなら、データの損失がなく、OSを再インストールする必要がないからです。本記事で紹介されたクローンソフトEaseUS Disk Copyを使って、安全かつ迅速なクローンを作成しましょう。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>