> How to Use > ディスクコピー > Windows 11を大容量SSDに移行する方法

Windows 11を大容量SSDに移行する方法

さわこ
更新者:さわこ 2024/01/15
   

概要:

ストレージ容量とパフォーマンスを向上させるために、Windows 11 をより大きな SSD に移行しようとしていますか?このセクションでは、SSD をコンピュータに取り付け、Windows 11 OS を SSD に移行し、クローン SSD からコンピュータを起動する全プロセスをご案内します。

 

「こんにちは、私はOS(Windows 11)をOS専用(他は全て別の場所に保存)の小さなSSDに保存しているのですが、このSSDの容量が足りなくなってきました。

新しいドライブに接続して準備ができたら、OSをどのように移行できますか?私のOSでなければ、ディレクトリをカット&ペーストするだけです。しかし、私のOSでそうすることは、多くの問題を引き起こす結果になることを恐れています。

どうすればいいのでしょうか?」

Windows 11を大容量のSSDに移行すると、コンピュータのストレージ容量とパフォーマンスが大幅に向上します。Windows 11の機能と要件が向上しているため、OSとその他の多数のプログラムを収容するのに十分なスペースをSSDに確保することが重要です。Windows 11のOSを大容量のSSDに移行すると、次のようなメリットがあります:

  • 🔋十分なストレージ容量:既存のSSDのストレージ容量が限界に近づいており、パフォーマンスの低下や新しいアプリのインストールができないなど、ストレージ関連の問題が頻繁に発生する場合は、より大きなSSDにアップグレードすることで、十分なストレージ容量を確保することができます。
  • 📚ハードウェアのアップグレード:RAMやグラフィックカードなど、コンピュータの他のコンポーネントを更新する場合は、システムが最高のパフォーマンスで機能するように、Windows 11をより大きなSSDに移行することを検討してください。
  • 🖥️システムパフォーマンスの向上: 十分なストレージ容量を持つ大容量SSDは、システム全体のパフォーマンスを大幅に向上させ、起動時間の短縮、アプリケーションの高速起動、マルチタスクのスムーズな実行を可能にします。
  • 🧮 将来の保証:技術が進歩し、ソフトウェアの要求が高まるにつれ、より大きなSSDを搭載することで、パフォーマンスを犠牲にすることなく、将来のアップグレードやインストールに十分なスペースを確保することができます。
  • 🗂️ストレージの統合:ユーザーによっては、小型のSSDを多数所有していたり、SSDと従来のハードディスク・ドライブを混在させている場合があります。大容量のSSDにアップグレードすることで、より効率的で高性能な1台のドライブにストレージを集約することができます。

Windows 11を大容量のSSDに移行することで、ストレージの制約に対処できるだけでなく、コンピュータのパフォーマンスと機能を向上させ、よりシームレスで強化されたコンピューティング体験を実現することができます。この記事では、専門的なディスククローニングソフトウェアを使用して、OSを再インストールすることなく、より大きなSSDにWindows 11をクローンするプロセスを掘り下げ、また、スムーズな転送を確実にするためのステップバイステップのアプローチを提供します。

Windows 11をより大きなSSDに移す前の準備

Windows 11を大容量SSDに移行する前に、プロセスをスムーズに進めるための十分な準備が必要です。

1️.より大きなSSDを用意

SATA SSD、M.2 SSD、NVMe SSD、PCIe SSEDなど、さまざまなブランドのSSDがあります。お使いのコンピュータやノートパソコンと互換性があり、十分なストレージ容量(以前のSSDよりも大きい)を持つSSDを購入する必要があります。

2️.SATA - USBケーブル

コンピューター用:

ほとんどのコンピュータにはSSDスロットが2つ付いており、古いSSDと一緒に新しい大型SSDをコンピュータケースに挿入することができます。そうでない場合は、USB - SATAケーブルを使用してコンピュータとSSDを接続することができます。

ノートパソコン用:

ノートパソコンにスロットが1つしかない場合は、SATA-USBケーブル、またはSSDアダプターを使ってSSDを接続する必要があります。

3️.ドライバー

ドライバーは、SSDをコンピュータケースに挿入したり、クローン作成後に小さいSSDを大きいSSDに交換したりする際に必要です。

4.Windows 11用SSDクローン作成ソフト

SSDを大容量のSSDにコピーするには、信頼性のあるディスククローニングツールが必要不可欠です。EaseUS Disk Copy は、専門性と使いやすさを兼ね備えたディスククローニングソフトウェアで、様々なSSDとHDDに対応可能です。HDDからSSD、SSDからHDD、小さいSSDから大きいSSD、またはSSDからM.2 SSDへのクローニングを数クリックで行えます。Windows 11 OSを大容量のSSDに移行するのも簡単です。加えて、EaseUS Disk Copy はパーティションスタイルを自動で調整し、ストレージスペースを効率的に割り当てるため、SSDの初期化手順を省くことができます。

Windows11のOSをSSDに移行する方法

それでは、小さいSSDから大きいSSDへのクローン作成プロセスに入りましょう。

ステップ1.より大きなSSDをWindows 11コンピュータに接続する

まず、SSDをデバイスに接続するか、SSDスロットが2つある場合は挿入します。大きい方のSSDが正しく認識されていることを確認します。

ステップ2.SSDクローン作成ソフトをダウンロードする

上述したように、信頼できるディスククローニングプログラムは非常に重要です。EaseUS Disk Copy は Windows 11 OS をより大きな SSD にスムーズに移行します。 どのようなSSDを使用していても、Windows 11 OSを再インストールすることなく、Windows 11をより大きなSSDに移行することができます。

新しい SSD にクローンを作成する際、EaseUS Disk Copy は自動的にストレージスペースを監視し、システムを移行するかどうかを確認します。ターゲットSSDに十分な空き容量がない場合、「ディスクモード」でOSディスクのみを転送するよう通知されます。

ダウンロードして、次のステップに進んでください。

ステップ3.EaseUS Disk Copy で Windows 11 をより大きな SSD に転送する

ステップ1.EaseUS Disk CopyをPCにダウンロードし、実行します。「ディスクモード」をクリックし、ソースディスクを選択します。「次へ]をクリックして続行します。

ソースディスクを選択

注:ソースディスクをセクタ単位でクローンする場合、ターゲットディスクは少なくともソースディスクと同じサイズかそれ以上のサイズである必要があります。

ステップ2. ターゲットディスクを選択します。ターゲットディスクがSSDの場合、チェックを入れます。さらに、ディスクの自動調整なども選択できます。

ターゲットディスクを選択

ステップ3. クローンすると、ターゲットディスクのデータが消去されますので、ご注意ください。そして「続ける」をクリックして、クローン作業を開始します。

クローン開始

ステップ4.クローンSSDからWindows 11を起動する

クローン化プロセスが終了したら、古いSSDを大きいSSDと交換し、クローン化された大きいSSDからブートすることができます。

  • コンピュータ/ノートパソコンをシャットダウンし、古いディスクを取り外します。
  • 新しいSSDを入れるか接続します。
  • コンピュータ/ノートパソコンを再起動すると、クローンSSDから起動します。

古いSSDをストレージデバイスとして使用したい場合は、BIOS設定で起動順序を変更する必要があります。

  • コンピュータを再起動し、F2/F8キーを押してBISO設定にアクセスします。
  • BootタブでクローンSSDをブートデバイスとして選択し、調整を保存します。
  • マシンを再起動すると、クローンSSDから起動します。

最高のディスククローニングソフト - EaseUS Disk Copy

EaseUS Disk Copyは信頼性が高く使いやすいディスククローニングプログラムで、簡単にハードドライブやSSDのクローンを作成することができます。EaseUS Disk Copyは、ストレージデバイスの更新、故障したハードドライブを新しいHDD/SSDへのクローン作成、またはデータの正確な複製を持ちたい場合でも、スムーズな解決策を提供します。

EaseUS Disk Copy以外にも、ClonezillaやMacrium Reflectといった人気のディスククローニングツールがあります。以下のチャートを用いて、これら3つのツールを速度、パフォーマンス、所要時間、操作の難易度に基づいて評価し、賢明な選択をするための参考にしています。

  EaseUS Disk Copy🥇 Clonezilla Macrium Reflect
🖥️ パフォーマンス 非常に速い 中程度 速い
🛖安定性 高い ミディアム 高い
⌛クローニング速度 400MB/秒 80MB/秒 100MB/秒
🥝難易度 ⭐⭐⭐⭐⭐

⭐⭐⭐

結論

最後に、Windows 11をより大きなSSDに移行することは、システムのパフォーマンスとストレージ容量を最適化するための重要なステップです。より大きなSSDにOSとデータをクローンすることで、起動速度の高速化、全体的な応答性の向上、ファイルやプログラムのためのより大きなストレージ容量を得ることができます。

EaseUS Disk Copy は、使いやすいインターフェイス、多機能性、そして信頼性の高いパフォーマンスにより、このようなタスクに最適な解決策として一際目立っています。EaseUS Disk Copyの様々なクローニングモードは、Windows 11システムのスムーズかつ正確な複製を可能にし、データの損失も防ぎます。初心者であろうと経験者であろうと、EaseUS Disk Copyは移行プロセスを容易かつストレスフリーにするための必要なツールと情報を提供します。EaseUS Disk Copyを使用すれば、Windows 11を大容量のSSDに簡単に移行し、より快適なコンピューティング環境を得ることができます。

よくある質問

1.OSをより大きなSSDに移すには?

大容量SSDにOSを移行するには、OSを含むハードディスク・ドライブを新しい大容量SSDにクローン化するのが最適なソリューションです。ハードドライブのクローンを作成すると、元のディスクの正確なクローンが作成され、OSを再インストールする必要がなく、データを失うこともありません。EaseUS Disk Copy は信頼できるディスククローニングプログラムで、SSD/HDDクローニングプロセスを簡単に実行できます。ぜひお試しください。

2.OS SSDに最適なサイズは?

OS SSDの理想的なサイズは、個々の要件や使用パターンによって異なります。一般的には、OSと必要なソフトウェア用に最低128GBが推奨されています。

しかし、より最適なエクスペリエンスを得るには、256GBや512GBといった大容量が推奨されます。これにより、パフォーマンスを維持しながら、追加のアプリケーション、ファイル、アップデートを保存することができます。また、より大きなSSDは、一時ファイルやシステムキャッシュのための十分なスペースを確保し、システム全体の速度を向上させることができます。最後に、OS SSDの理想的なサイズは、ユーザー個人のニーズと好みによって決まります。

EaseUS Disk Copyの詳細はこちら>>