> How to Use > バックアップと復元 > 再インストールせずにWindows 11をより小さいSSDにクローンする ーEaseUS

再インストールせずにWindows 11をより小さいSSDにクローンする ーEaseUS

EaseUSの筆者のプロフィール写真

Yiko | カテゴリ: バックアップと復元 | 2022年03月04日に更新

概要:

Windows 11 をより小さい SSD にクローンする方法を探すなら、この記事は必読です。

無料ダウンロードWindows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ
 

今回の記事では、より小さなSSDにWindows11のクローンを作成する方法についてお話します。SSDを使って、パソコンのパフォーマンスを最適化にできるし、パソコンの動作が速いし、動作ノイズもありません。なので、SSDをシステムドライブとして使用されます。しかし、Windowsは、ハードディスクをより小さいSSDにクローンする機能を一つも提供していません。

技術的に言えば、データのクローンを作成するには、より大きな、あるいは少なくとも同等のSSDが必要です。ハードディスクをより小さいSSDにクローンする可能性は、ハードディスク全体のスペースではなく、使用したスペースに依存します。例えば、500GBのハードディスクを持っているが、300GBしか使っていない場合、500GBではなく、300GB相当の容量が必要です。

Windows 11をより小さいSSDにクローンすることは可能か?

使用すみ容量が多くないなら、より小さいSSDにデータを転送することができます。例えば、ハードディスクを100GBしか使っていない場合、128GBのSDDにクローンすることが簡単にできます。なので、Windows 11をより小さいSSDにクローンすることが可能です。

多くのクローンツールは、大きな容量から小さな容量へのクローンを作成することができません。市販されているクローンツールがたくさんありますけど、人気かつ実力を備えるクローンソフトを紹介してくれませんか?

信頼できるWindows 11クローンソフトを利用する

EaseUS Todo Backupを使えば、Windows 11をより小さいSSDに簡単にクローンすることができます。多様な機能を提供し、クローン作業を楽になります。EaseUS Todo Backupは、2つのバージョンを持っていることです。一つは個人的に使用したい人向けで、もう一つはビジネス向けに様々な先進的な機能を提供するものです。

主な機能

  • (システム) ディスククローン/パーティションクローン
  • フル/差分/インクリメンタルバックアップ
  • ポータブル版のWindowsの作成
  • 最大1TBのクラウドストレージスペースを提供
  • スケジュールバックアップ

無料ダウンロードWindows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ

ビジネス版で提供される機能は以下の通りです。

SQL/Exchangeのバックアップと復元
ネットワークドライブへのバックアップ
集中管理(EaseUS Backup Centerによる)
イメージリザーブ戦略
ユニバーサルリストア
ビジネスバージョンでは、WinPE ブータブル CD、イメージのチェック、イメージのマウント/アンマウントなどの追加ツールを入手できます。次は、詳細ガイドに従って、SSDにWindows 11をクローンします、

ステップ1.EaseUS Todo Backupを起動します。「ツール」メニューを展開し、「システムクローン」をクリックします。

システムクローン1

ステップ2.「システムクローン」ウィンドウで、ソフトウェアはデフォルトでシステムパーティションとブートパーティションを選択しますから、ターゲットディスクとしてUSBドライブを選択する必要だけがあります。「高度なオプション」>「ポータブルWindows USBドライブを作成」>「OK」>「次へ」をクリックします。

システムクローン2

ステップ3.ターゲットディスクのレイアウトをプレビューまたは調整できます。問題がない場合は、「実行」をクリックすると、クローンのプロセスを開始します。クローン作成プロセスが終了したら、USBドライブを安全に引く抜きます。

システムクローン3

ステップ4.USBドライブから起動します。

  • ポータブルUSBをコンピューターに接続します
  • コンピュータを再起動し、「Del」キーを押してBIOSに入ります
  • 「boot」を選択し、「boot device priotity」(起動デバイス)の中で、一番目のブートデバイスをポータブルUSBから起動するように設定します。
  • 変更を保存すると、システムがUSBドライブから起動します。

クローンしたSSDからWindows 11を起動する方法

クローン作成後、PCを起動できるかどうかを確認する必要があります。以下は、PCを起動可能にするために必要な手順です。

ステップ1. SSDをPCに挿入し、PCを再起動し、F2(DEL、F12、F10...)を押してBIOSに入る。

ステップ2. Bootセクションに移動し、キーボードの矢印キーを使ってSSDからWindowsを起動するように設定します。

ステップ3. 変更を保存して、PC/ノートPCを再起動します。

ステップ4. コンピュータは新しくインストールされたSSDで動作するようになります。

まとめ

Windows 11 をより小さい SSD にクローンする詳細方法を紹介しました。新しいSSDをインストールすることで、コンピュータのパフォーマンスを最適化することができます。また、システムの速度を向上することができます。SSDを使用するたくさんのメリットがあります。EaseUS Todo Backupを使わないとWindows 11をより小さいSSDにクローンすることはできません。ハードディスクをより小さいSSDに安全かつ成功にクローンするために、今すぐダウンロードしましょう。

無料ダウンロードWindows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

EaseUS Todo Backup

PC中のデータのセキュリティのため、完全・自動的にバックアップを実行できるバックアップソフトでもあり、ハードディスク・OSを完璧にクローニングできる高度なクローンソフトでもあります。