> How to Use > PC引越し > OneDriveからGoogleドライブにファイルを転送する方法

OneDriveからGoogleドライブにファイルを転送する方法

EaseUSの筆者のプロフィール写真

モンディー | カテゴリ: PC引越し | 2022年09月14日に更新

概要:

OneDriveからGoogleドライブにファイルを転送してどこでも共有するには、利用可能で簡単な方法が3つあります。OneDriveアプリとGoogleドライブアプリを使用するか、データをダウンロードおよびアップロードすることで、OneDriveからGoogleドライブへファイルを転送することができます。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼
 

Microsoft OneDriveは、重要なデータを保存するための安全で信頼性の高いプラットフォームを提供する強力なクラウドストレージドライブです。Microsoftは無料で使用できる保存容量を15 GBから5 GBに減らしたため、ストレージが不足していると、ファイルをOneDriveからGoogleドライブに転送する必要がある場合があります。

あるクラウドドライブから別のクラウドドライブにファイルを転送すると、データの維持に役立ちます。たとえば、個人用または仕事用のファイルをこれら2つのストレージプロバイダーに別々に保存できます。この記事は、OneDriveからGoogleドライブにファイルを転送するための最適なソリューションを提供しています。

OneDriveからGoogleドライブにファイルを転送する方法

OneDriveからGoogleドライブに写真を転送できるか?

デジタル時代を生きている私たちは、ファイル、特に写真を常にクラウドストレージに保存しようとしているでしょう。ほとんどのクラウドストレージドライブには、一定量の空き容量が提供されています。クラウドストレージに画像を保存することと言えば、おそらくGoogleフォトが思い出されるでしょう。

OneDriveとGoogleドライブを同時に使用している場合、モバイルデバイスのGoogleフォトアプリは非常に使いやすいため、OneDriveからGoogleドライブに写真を転送したいかもしれません。これにより、Googleドライブに写真を1つずつアップロードする必要がなくなります。

Googleフォトは、写真を高解像度でバックアップするのに役立ちます。ストレージの問題を心配することなく、元の写真を保存できます。Googleは、OneDriveより大きい無料ストレージを提供しています。総じていえば、OneDriveからGoogleフォトに写真を転送する理由はたくさんあります。

OneDriveからGoogleドライブへの写真転送は、思ったよりもはるかに簡単です。次に、OneDriveからGoogleドライブにファイルを転送するための簡単方法を3つ紹介します。

OneDriveからGoogleドライブにファイルを転送する最良の方法[3選]

このパートでは、OneDriveからGoogleドライブにすべてのファイルを転送するための簡単で使いやすい方法を3つ紹介します。

方法1.ダウンロードとアップロード

手順1.ブラウザーを開き、OneDriveアカウントにログインします。

手順2.転送したいファイルまたはフォルダを選択し、[ダウンロード]ボタンをクリックします。

ダウンロードとアップロード1

注意:ダウンロードプロセスが終了するまで、しばらくお待ちください。ダウンロード速度は、データの量とインターネット速度によって異なります。

選択したすべてのファイルが正常にダウンロードされたら、次の手順に進みます。

手順3.Googleドライブアカウントにログインして、ターゲットファイルをアップロードします。

手順4.検索バーの下にある[マイドライブ]オプションを見つけてクリックします。

手順5.[マイドライブ]の下で、[ファイルのアップロード]または[フォルダのアップロード]を選択します。OneDriveからダウンロードしたフォルダまたはファイルをアップロードします。 注意:[Ctrl]キーを押し続けると、一度に複数のファイルを選択できます。

ダウンロードとアップロード2

この方法は利用可能ですが、速度が遅く、いくつかの制限があります。大量のデータを移動する場合、相当な時間とPCスペース容量がかかる可能性もあります。

方法2.OneDriveとGoogleドライブデスクトップアプリを使用

方法2では、OneDriveおよびGoogleドライブのアプリケーションをPCにダウンロードする必要があります。こうして、ターゲットフォルダーまたはファイルをOneDriveからGoogleドライブに直接転送できるようになります。

ステップ1.GoogleドライブおよびOneDriveアプリケーションをダウンロードします。

注意:Windows 10/11をお使いの場合、最新バージョンのOneDriveアプリがWindows PCにプレインストールされているはずです。検索ボックスに移動し、「OneDrive」と入力してアプリを見つければいいです。

OneDriveとGoogleドライブデスクトップアプリを使用1

ステップ2.両方のアプリを正常にインストールしたら、GoogleドライブとOneDriveのアカウントを開いてログインします。

ステップ3.ファイルまたはフォルダーを選択してOneDriveからドラッグし、Googleドライブの任意の場所にドロップします。または、OneDriveからGoogleドライブにファイルをコピーして貼り付けます。

注意:PCがインターネットに接続されていることを確認してください。

方法3.OneDriveファイルをGoogleドライブに同期

すべてのファイルまたはフォルダーを手動でダウンロードおよびアップロードしなくない場合、OneDriveファイルをGoogleドライブに同期することをお勧めします。

同期されたファイルが他のファイルと混ざらないように、OneDriveとGoogleドライブに新しいフォルダーを作成したほうがいいです。

手順1.Googleドライブに「OneDrive同期」という名前のフォルダーを作成します。

OneDriveファイルをGoogleドライブに同期1

手順2.OneDriveに「Googleドライブ同期」という名前のフォルダーを作成します。

OneDriveファイルをGoogleドライブに同期2

注意:これらのフォルダーに任意の名前を付けることもできます。

手順3.次に、左上にあるOneDriveの9つの点をクリックして、[すべてのアプリ]オプションをクリックします。[Flow]を選択します。

OneDriveファイルをGoogleドライブに同期3

手順4.必要に応じて適切なテンプレートを選択します。個人データを同期する場合は、「OneDriveファイルからGoogleドライブファイルへ」を検索し、選択します。

OneDriveファイルをGoogleドライブに同期4

手順5.ワークフローにアクセスするには、OneDriveとGoogleドライブの両方のアカウントに再度サインインしなければなりません。

手順6.ログインすると、メールの横に緑色のチェックマークが表示されます。[続行]をクリックします。

手順7.

  • フォルダパスを選択します。
  • OneDriveフォルダーのフォルダーアイコンをクリックします。
  • [>]記号をクリックし、「Googleドライブ同期」というフォルダを選択してルートに移動します。

手順8.

  • Googleドライブで同じ手順を繰り返します。
  • フォルダパスを選択します。
  • [>]記号をクリックして、「OneDrive同期」というフォルダーを選択してルートに移動します。
  • 完了したら、[フローの作成]をクリックします。

手順9.フローを確認するには、OneDriveメニューに移動して、[マイフロー]をクリックします。

OneDriveファイルをGoogleドライブに同期5

手順10.右上隅にある[編集]アイコンをクリックすると、作成したフローが表示されます。

OneDriveファイルをGoogleドライブに同期6

注意:ルートフォルダが両方のドライブで選択されていることを確認してください。

手順11.OneDriveに移動し、Infer Content-TypeをYesに変更します。編集オプションの下にこの設定が見つからない場合は、[高度なオプションを表示]をクリックすると表示されます。

これで、OneDriveのファイルに変更を加えると、その変更はGoogleドライブの共有ファイルに自動的に適用されます。

関連記事:OneDriveを他のドライブ/PCに移行する方法

OneDriveからGoogleドライブにファイルを転送した後の対処法

ファイルをOneDriveからGoogleドライブに正常に転送すると、いくつかの利点があります。例えば:

  • ファイルの共有:OneDriveからGoogleドライブにファイルを転送した後、これらのドライブを使用しているパートナーとファイルを共有できます。メールを追加して権限を変更するだけで、ファイルを共有できます。
  • データの管理:個人データの保存にはGoogleドライブを使用し、仕事用データの保存にはOneDriveを使用するのが普通です。これで、データ管理ではより良いエクスペリエンスが得られます。
  • 空き容量を増やす:MicrosoftのOneDriveは5 GBの空き容量しか提供していませんので、ファイルをGoogleドライブに転送した後、同じファイルをOneDriveから削除すると、ストレージスペースを解放できます。
  • 複数のデータバックアップ:重要なファイルを両方のクラウドドライブに保存すると、複数のバックアップが作成されます。

追加ヒント:OneDriveアプリを別のドライブまたはPCに転送する方法

MicrosoftのOneDriveは、業界をリードするクラウドストレージサービスの1つです。OneDriveアプリケーションは、Windows PCのCドライブにプリインストールされているため、時間とともに空き容量がより少なくなるかもしれません。

OneDriveが提供する無料のクラウドストレージスペースは限られているため、ストレージが不足している可能性があります。その場合、データを別のドライブに転送したいかもしれません。EaseUS Todo PCTransを利用すれば、OneDriveのデータを別の場所やPCに手動で移動する必要はありません。OneDriveの保存場所を別の場所またはPCに切り替えるための迅速かつ安全なソリューションです。OneDriveファイルを共有して新PCに転送したり、OneDriveアプリがインストールされていない別のPCにOneDriveアプリを転送したりできます。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

プロで手頃な価格のWindows用データ転送ツールとして、EaseUS Todo PCTransは、ファイルやフォルダーの移動、アプリケーションやゲームの転送に役立ちます。OneDriveデータを別のパーティション、セカンダリストレージドライブなどに移行することもできます。

このソフトウェアを使用してファイルを別のドライブに転送するには:

Step 1:Todo PCTransを2台のPCに同時に実行し、「PCからPCへ」を選択します。(画面の右上にある「認証コード」をクリックすることで本PCの認証コードを確認することが可能)

アプリの転送するステップ1

Step 2:ここで移行可能なPCが自動的に検出され、左側に表示されます。左側から目標PCを選択して「接続する」ことができます。目標PCがない場合は、「PCを追加」ボタンをクリックしてipアドレスで追加することができます。

アプリ転送するステップ2

ご案内:認証コード」をクリックして認証コードでPCを追加することも可能です。

アプリ転送するステップ3

Step 3:ここでアプリカテゴリをチェックしてください。「編集」ボタンをクリックしてアプリを選択することが可能ですので、編集をクリックして移行したいアプリを選択しましょう。

アプリ転送するステップ5

Step 4: 移行したいアプリを選択して、「転送」ボタンをクリックして、アプリの移行を始めることが可能です。

アプリの転送するステップ6

結論

この記事ではOneDriveからGoogleドライブにファイルを転送する方法について説明しました。いずれも利用可能なので、自分のニーズに合ったものを選べばいいです。OneDriveの保存場所を変更したい場合は、EaseUS Todo PCTransにお任せください。さらに、このソフトウェアを使用して、他のクラウドドライブからデータを移行することもお勧めします。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>